次世代ウーファの選択(その12)

画像
 10C77の特性を取ってみました。

 ポート直前とユニットニアフィールド特性です。上が10C77、下が23I52ですがエンクロージャ等同じですから、特性もよく似ています。(10C77の高域はフィルター有り)

 ポート共振も同じく30Hz強です。ユニットの最小音圧から見ると実際はもう少し低く25Hzくらいなのでしょうか。

 ポートからの音圧はエンクロージャ内部の出口付近の向きや吸音材の配置を改善したので、高域の漏れは若干少なくなっています。理論どおり綺麗な-6dB/octで落ちていますね。

 フローティングの方法を変更したのでその効果も前よりは良くなって、エンクロージャの振動は少なくなっているように思います。

 まあ流石に10C77としてはこのエンクロージャの50Lは最小限で、6-70Lは有った方がのびのび鳴って良さそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック