次世代ウーファの選択(その1)

画像
 飛ばしてしまったウーファに替わる次世代ウーファを検討中ですが、その一つのAudioTechnologyの23I52をお借りするとことが出来ましたので、少し調べてみました。

 以前のウーファも同じくAudioTechnology社の5I52でこちらはFlexSeriesのUnitでした。今回の23I52はC-QuenzeSeriesのものです。
 口径は前のより二回り大きなサイズで、公称23cm(有効径17cm)のFLEXの8I相当です。(下のCDはサイズ比較)

形状的には
 フレーム外径23cm
 穴系 18.5cm
 高さ 10cm(フレーム正面からマグネット裏まで)
 重量 3.17kg

特性的には
 SPL 88.5dB/W
 Re 6.29Ω
 fo 39.03Hz
 Qts 0.397
 Qes 0.477
 Qms 2.36
 Le 0.18mH
 Ms 32.6g
 Vas 36.91L

というところでした。

 エンクロージャは今のはもうサイズ的に使えませんので、手持ちの活用でHS-500のを使う予定です。こちらは容積は約53Lぐらいあります。ATのウーファはエンクローは割と小型で済むのでこれで充分余裕はあるというか、バスレフには少し大き過ぎるくらいです。

 バスレフだとそのままのポートでもfs35Hz程度、密閉でもfoが53Hzぐらいにはなりそうで、これでも充分使えるくらいですが、この容積だとダクトはもう5-6cm延長してfsを30Hzぐらいにした方が良さそうですね。

 取り付けはデッドマス付きのフローティング構造を考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック