メインウーファ交換

画像
 飛ばしてしまったAudioTechnologyの代替として暫定で以前使用していたScanSpeakを入れてみました。

 使用した機種は有名な18W8545です。元々これを入れていたので、すんなりと入りました。特徴あるシワのよった?パルプコーンはレンジも広く使い易いユニットですね。foも低いので低域もかなり伸びています。

 アンプの方も交換しなければならないので、バランス入力が使えるUcD180STデジタルアンプに交換してみました。
 低域用なのでデジタルアンプでも結構合うのではないかと思います。パワーがちょっと足りないかとも思いましたが、ゲイン配分上は丁度良い感じなので出力が適正かはしばらく聞いてみてからの判断するつもりです。

 エンクロージャはそのまま使用しますが、ポート共振を測定しても約35Hzぐらいと変わらないので、当面はそのままで良いでしょう。低域の周波数特性も従来とほぼ変わらないぐらいの伸びを示していましたので安心です。

 ウーファのイコライジング後、全体とのバランスを取り直して色々聞いてみました。仮の代替と思ったのですが結構いけてます。 少し柔らかい感じですが、その分量感はむしろこちらの方があり、更にアンプにパワータップで補強すると質感も上がって切れもよくなって来ました。

 以前から比べればソース系やアンプも良くなったので当面はこれでも良さそうです。まあこの際ですからウーファのアップグレードはじっくり構えていこうかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

PC_Audio
2016年10月15日 12:15
ご無沙汰しております。
見覚えのアル、ボードがスピーカーの下に!
もう、30年位なりますか・・・
ケン
2016年10月16日 17:11
 お久しぶりです。お元気ですか。

 まだ相変わらず使っています。物持ちが良いので。

この記事へのトラックバック