ルビクロック

画像
 高精度DDSルビクロックが逝ってしまいました。100MHzルビモジュールは大丈夫ですが24.576MHz出力のDDS基板が壊れてしまったようです(;_;)。

 あいにく代替品は無いし、見たところでは私の技術では直せそうに無いですね。

 しょうがないのでダウングレードになりますが、2逓倍のクロックを用意するのが次善策なのですが、これも転用しているのでバッファICを取り寄せて別のクロックを改造する必要があります。

 当面音が出ないのでは困るのでNDK水晶に再登場願ってまあ音は出ますが、ちょっとマッタリ系。まあこれもたまには良いですし、差し替え可能にしておけばいざという時にバックアップや音色のバリエーションが増えるかな。

 最近ハイクロックのデータが受けられなくなっていたのもどうもクロックがおかしかったようです。でもまだ192KHzfsはダメのようで、クロックのせいばかりでは無さそう。SRCをチェックしてみる必要がありそうです。

 DDSは再度別に考えないといけませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック