USBケーブル改(その3)

画像
 アイソレータ用のUSBケーブルのフィルターですが、効果はあるもののバランスが悪くなる問題点がありましたが、takeさんの指摘もあり全体のバランスから見直して再調整してみました。

 結局、中域を1dB、高域を2dBも上げて、ようやくバランスが取れました。この様にこのフィルターだけでもかなり音調が変わることが伺えます。
 こうすると高域を上げたのにかかわらずマイルドになり全体に聞きやすくなりました。全体が落ち着いてくるので前回外したコンデンサラダーも復活で、やはりしっかりフィルターリングしたほうが良いようです。
 結局どの曲を聴いても違和感が少なくなり安心て聞けるようになりました。ノイズの世界は奥が深いです。

 お陰でマルチビットDACとアイソレータで随分メインの音が進歩してきたように思います。


 それともう一つ肝心なことは例のintonaのUSBアイソレータですが、確かに単独でもアイソレーションはとれてCPUからのノイズは取れるですが、実際はアイソレータの内部回路からもノイズがかなり出ていることが解りました(実測済み)。フィルター使いで音が変わるのもそれを裏付けています。

 この辺もtakeさんにデータ確認していただいたのですが、やはり前後にフィルターを付けたほうがこの場合良くなるのは自明ことのようです。というかオーディオ用としてはフィルターを付けないと効果が半減でもったいないように思います。

 つまりオーディオ用としては前後のUSBケーブルフィルターと併用してアイソレータとしての実力が充分に発揮できる様になるということです。(もちろん工業用としてのアイソレーション機能は単独でも充分です)
 蛇足ながら、このアイソレータは高耐圧用の製品もありますが、オーディオ用としてノイズの少ない普通の方がむしろ良いです。何でも高いから良いというわけではありません。