JAZZ喫茶めぐり

画像
 先日AAFCのメンバーと神保町あたりのJAZZ喫茶めぐりをしてきました。一時衰退の一途?でしたが、最近は又復活の兆しが見えているかの知れません。

 最初はその名も「オリンパス」で名前の由来のJBLオリンパスがドンと正面で鳴っています(写真上)。午後でしたが、会話も通じ難いほどのかなりの音量で鳴らしています。
 週末ということもありますが、団体で押しかけたのこともあってほぼ満席の状態でした。皆さん一人の方が多くじっくりの聞き入っている感じですね。
 ソースはアナログでアンプはJBLのSG-520で鳴らしていました。もうビンテージに類するシステムですが、結構元気に鳴っていて大分前に来た印象よりずっと良くなっていました。

 2件目は「ピアノフォルテ」でこちらはJAZZというよりクラシック系ですね。スピーカは珍しいマッキントッシュのXRT22です(写真中)。こちらも音量は大きめでオーケストラなど中々迫力のある音がしています。腰の据わった音でイコライザは使っていないようです。
 炭火焙煎珈琲ということで珈琲が中々いけます。

 3件目は「The Adirondack Cafe」さん。少し狭いですが、ニューヨーク在住だったマスターがその当時の雰囲気を充分に出している店内です(写真下)。食べ物も美味しいのでこちらでゆっくりしました。

 まだまだ音楽系のCafeが健在でうれしいですね。
 

この記事へのコメント

grigri
2016年03月02日 10:21
 煙草臭く薄暗い部屋で、擦り切れかけたLPのスクラッチノイズと大音響。
 名曲喫茶懐かしいです。

この記事へのトラックバック