RAS-DAC9023

画像
以前にI氏より分けていただいたラズパイ用のES-9023DACですが、そのままになっていたのをようやく作りました。とはいえラズパイ用という訳ではなくI2S入力のDACがあればと思ったところ、これが丁度要望点に合致したからです。

 最終的にはHDMIレシーバをつけてアンビエント用のDACにしようか目論んでいます。

 写真のテスト状態ではテストソースに昔のU氏の作成してくれたCS8416DAIを使用しています。ソフトモードで動くのでフォーマットや条件などを変更できなかなか便利ですね。しばらくぶりに動かしてみました。

 このDAC基板はPICが付いていてfs表示やPLLによるLRCKの逓倍MCK生成回路も付いているなど便利です。一応どちらの動作も確認できました。

 肝心の音の方はこのチップなのでそんなに悪くは無いと思います。アンビエント用にはもったいないくらいかと。まあそのうちじっくりと聞いてみましょう。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック