USB-I2Sアダプタ(その2)

画像
 DACのテストで使用したトラ技のUSB-HDMI変換基板は上限サンプリングレートが96kHzfsまでなのが解り192kHzfsまでのテストが出来ませんでした。そこで先日購入したUSB-I2Sアダプタを試してみました。

 使用したLVDS返還のHDMIコネクタトランスミッタは1ch用が手元に無かったのでとりあえず3ch用を流用、5Vから3.3VのLM317レギュレータを用意して繋いで見ました。

 左上がfs表示基板、左下がUSB-I2S基板、右がLVDSのHDMIトランスミッタ、右上が3.3Vレギュレータです。


 ところが最初Win7で試した所、ドライバーがうまく入りません。しょうがないので本家からASIOドライバーをダウンロードしたりしたのですが、認識はするのですが音が出ません。そのうち認識も怪しい。

 Linuxでも駄目かと思いましたが、こちらは何とか何もせずともうまく動いてくれています。192kzHfsも動作およびLRクロック周波数を確認しました。表示もfsに応じて点灯していて大丈夫です。仕様ではどちらも問題ないはずなのですがね。

 まあWinでは使う予定が無いの現状特に問題は無いのですが、何でしょうね。普通の人は困るはずですがPCの問題かな。まあそのうち他のPCでも試して見ましょう。

 音の方は特には問題無さそうですが、まだテスト状態なので実力のほどは不明ですが、水晶もNDKのだし多分大丈夫でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック