K氏再来訪

画像
 先日一ヶ月ぶりにK氏が来訪されました。この猛暑の中遠くから有難うございます。

 K氏、現在マルチを進めていて、先日はOmniMICを仕入れ中高域のアライメント調整にトライその効果に気がつかれたようで、今度は中低音の調整も視野に入れています。

 K氏はデジタルは取っ付き難い点や音質的な不安からも今まではアナログチャンデバでした。しかし、中低音は中高音とは違って物理的に配置でのアライメント調整では難しいがので、やはり今までのアナログチャンデバでは限界があります。

 そこで禁断?のデジタルチャンデバを入れるの当たって疑問と相談に見えられた所でした。

 機種的には中々機能的に満足できるデジタルチャンデバが少ないので選択手は限れられますが、まずやはりここは入門用としても、その後の伸び代もあるBEHRINGERでしょう。
 1台では2wayまでですが、アナログチャンデバと混成にすればかなり自由度は増えます。さらに上位にはdbxなどの製品もあります。

 この辺のプロ用デジタルチャンデバでは流石に機能的には良く考えられています。クロス周波数はタイプなどの変更は勿論ですが、上下周波数の連動だけでなく非連動で個別にも独立して調整できます。
 またイコライザはパレメトリックがプログラム容量の許す限り各チャネル毎にいくつも使用できます。一見グライコが扱い易そうに思いますが、実際にスピーカ補正では多数個のパラメトリック使いの方が扱い易く、かつ実際的です。またその他ディレイやら位相切替、各入出力のレベル表示なども勿論あり、ほぼ機能的には網羅されているといっても良いくらいですね。

 まあ複雑すぎて使い切れないという懸念もありますが、C/Pも抜群でやはりチャンデバはデジタルになると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック