ゴンザエモン邸訪問

画像
 訪問第2(3?)弾はゴンザエモン邸です。瀟洒なマンションのリビングに相応しく、整然とシステムが並んでいます。
 今回はミッドローにFPSの平板ユニット、ハイにベリリュームツィータの追加で今後の4wayの基本が整い、新たに新システムのスタートとして整えられた装置をまず聞かせて頂きました。

 以前もそうでしたが整った外観に似合うように滑らかで爽やかな音です。癒し系といっても良いっても良いくらいなとろける様な音ですね。我が家ではこういう上品な音が出ません。見習いたい物です。

 オーナはもう少しメリハリが欲しいということで、ご希望もあって最近のWavelet測定をしてみました。アライメントは距離を見て揃えていますが、チャンデバはアキュなのでやはりIIRはフィルターでかなり位相が廻ります。

 Waveletを見ながら色々と変更してみるとクロスが急峻だと結構ベストポイントのディレイ値が変わります。結局48dB/octですとIIRのチャンデバではやはりピタリとは行かないので、まずはクロスを24dB/octや12dB/octに変更して2通り概略であわせ込んでみました。

 ざっと比較すると今回は24dBの方がスッキリしているようで、調整後は中高域もメリハリが出てかつ滑らかなつながりは変わらず、こちらの方が良さそうというところで休憩。確かに馴れるとWavelet測定はポイントがわかりやすいです。

 ところがその後いざ本格的に試聴というところでツィータのアンプが不調が発生。生憎ながら今回は調整後を垣間見たところで終了となりました。次回はアンプを修理され更に追い込まれた所でまた伺いたいと思います。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゴンザエモン
2015年04月29日 15:26
ケンさん、
Waveletでの調整中にアンプ不調とお恥ずかしい限りでした。幸いほどなくアンプは復帰できる見通しですので、改めてWaveletによる4way調整に再チャレンジしてみます。 なお、残った構成でスロープ特製を変えて試行していますが、-12dB/octに統一した状態で調整を進めたところ、眠たい音がそこそこ良い塩梅になってきました。クラシック系では元々居眠りできる音が目標なのですが、やはりボーカル等はもう少し力感や押し出し感が欲しいところなのでこの方向で詰めてみようかと思います。別途リベンジさせてくださいね。
ケン
2015年04月29日 21:53
はい、次回を楽しみにしています。

この記事へのトラックバック