S氏邸訪問

画像
 先日Take氏とS氏邸にお邪魔しました。DEQXの修理も終わり復調、調整も進んできたとのことで伺いました。

 写真の様にS氏のところはエール純正の4Wayで流石に見た目も迫力ありますが、音のほうも凄いです。中々ホーンシステムはまとめるのが難しく、マルチでもよっぽど市販のシステムの方がマシと言う所は数多くあるのですが、ここの調整が進んで他ではまず聴けない鮮烈な音のシャワーが聞けます。

 ホーンは本来切れのある音が身上ですがその分きつくなり易く、耳から血が出る様なシステムになりやすいのです。そこをうるさくならない様まとめるのが大変です。ここはDEQXの電源系を交換したり、他にも色々手を入れてきて今回で伺うのは4回目ぐらいですが随分良くなりました。

 音場感たっぷりとは行きませんが、元々ロック系やAVもお好きなS氏なのでパワフルな迫力と押し出しがまずは身上でしょから、その点ではまず他には引けを取りません。ですので爆音系のロックでも素直に聞けてしまいます。
 最近は私も自宅では大分おとなしい音になってしまったので、迫力と鮮烈では全く追いつきませんね。

 その後はリッピングの違いやPCとSDTransのトラポ比較など色々聞かせていただきましたが、ソース元の違いがはっきりと解り、システムの感度も高いのが良く解ります。

 当日はPCの調子がもう一つで折角のチューンの成果は解りませんでしたが、まだまだ改造意欲が衰えてはいないようで、これからも楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

audio fun
2014年11月06日 19:54
先日は、お疲れ様でした(^^)

電源にSRCの導入、こちらは好結果が出たとのことで、ホっとしました。

MACの方ですが、D/Dコン、その他を確認して原因究明していきたいと思います。
エールドライバーの良さをさらに引き出せるように、頑張ってみたいと思います♪

この記事へのトラックバック