WM61Aマイク調整

画像
 週末の録音会に備えてWM61Aマイクの調整をしていました。

 元は48V標準ファンタム電源対応にしているのですが、これだと電池駆動だと006Pが5個必要になるので今回はポータブル用に電池2個でできるようにちょっとマイクとアンプの定数を変更しました。

 ついでにアンプゲインの調整も行いましたが、最終的にはリハーサルで確認する予定です。

 セットのマイクアンプも電池駆動で、OPampのSSM2019を使用したものです。基本はゲイン固定ですが、内部のプラグ抵抗1本でゲインが変えられます。今回は近接のホーンアンサンプルなので、サチらないようかなり低めにしたつもりですがどうでしょう。

 これとは別にもう一系統、RODEのNT-2を使ってマルチで録音する予定です。こちらはFireWire400のマイクアンプをそのまま使用します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

関澤@池袋
2014年06月12日 23:57
 私も、週末の録音会の練習を始めました。
 RMEのFFでLine録音を行いますが、CDPを音源として、TotalMixとGlobal Recordの操作のおさらいをしています。
 操作が難解で失敗しそうです。
ケン
2014年06月13日 15:03
 やはり一度同じ条件で試してみたほうがよいですよね。リハもあるので手順を書き出しておけば安心です。

この記事へのトラックバック