milonさん、audiofunさん、Tさん来訪

画像
 昨日お三方にお出で頂きました。milonさんには初めてお越し頂きました。audiofunさんはこちら。まあ同じ千葉県人なので近いとはいえ、早くから有難うございました。

 今回もSDトラポの聞き比べや、LPレコードなど試聴も盛りだくさんで楽しいOFF会でした。

 自宅の方は皆さんのノウハウを吸収して、ここの所再生音も色々と変化を遂げてきました。
 半年前というか1ヶ月前と比べても、随分ゆったりと聞き易くなってきたかと思います。まあ、まだまだやることは沢山残っていますのでこれからも当分楽しめそうです。

 相変わらずバタバタしていたので皆さんの写真は取り忘れてしまいましたので、今回はLP再生もあったので自宅のアナログ部の写真を載せてみました。

 上段からLP-12、SATRIイコライザ、DSDレコーダ(A/D)、イコライザ電源、CSE電源です。通常はLPはDSDレコーディング(5.6MHzfs)してからPCM変換してファイル化(88.2kHzfs24bit)し、メインのPCからの再生をするのですが、リアルタイムでもPCM変換出力から音出しできます。

 モータの進相コンデンサの調整はまだまだですが、アナログ再生も基本的にはシャープな音調にしていますが、デジタル化してもやはりそこはアナログらしさが残っています。

 後のT氏のところでのターンテーブル手回し再生の素直さを参考にコンデンサの値と種類は追いこんでみようと思います。

 SDトラポはSDTrans384とQA550との比較(HDMI)ですが、前者はすっきりとワイドレンジで後者は力強さと厚みのある音で結構両者の間には基本的な音調の違いが有りますね。改造等でグレードの違いは出るでしょうが、CD音源のみの再生でしたらQA550も中々魅力的な音です。

 午後には何時もの様にT氏宅へ移動、こちらも何時もましての楽しい試聴でした。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

audio fun
2014年05月26日 21:33
昨日は、お休みのところ、早朝よりお伺いさせて頂きまして、美味しいランチまで、有難うございました(^^)

先日よりさらにパワーアンプされたとのことで、楽しみにお伺いしましたが、予想をさらに数段超えた激変で、既に頂上と音と思いますが、ケンさんは さらに凄い音を出されるのでしょうね~、次回お伺いさせて頂くのを 楽しみにしてます(^^)
ケン
2014年05月26日 21:59
 いやこれも皆さんの素晴らしい音とを聞かせて頂いたおかげです。
 井の中の蛙ではなかなか発展性はありませんからね。

 audiofunさんの所もまたじっくり聞かせてください。

この記事へのトラックバック