AudioFunさんWA-4000導入立会

画像
 AudioFunさんがウーファをエール音響のWA-4000に交換され納入のお手伝いに行ってきました。

 350Lの大型密閉箱は流石に大きいです。まあ40cmウーファですからこのくらいは必要かと。この状態で、共振周波数は40Hz程度ですが、Qは0.4と低いのでレスポンスはもっと高い所から下がっています。

 ただし、設置がコーナに近いのでリスニングポイントでは30Hzを中心に持ち上がり、最終的にはほぼフラットな特性になってきていますので、問題はありません。


 レイアウトが暫定ですし、最終的にはDEQXで再調整される予定なので現状はあくまで仮の状態ですが、やはり聞いてみたくなるのが人情でしょう。早速この状態で試聴してみました。

 以前のウーファでは50Hz以下が出ていずに、上の帯域からみると低域はやはり寂しい感じでしたが、こうなると全体のバランスも取れ充分に充実した低音に支えられた音が出ていました。

 不思議に全体のバランスが整うと本来のスピーカの良さが発揮され、中高域も滑らかさが出てきます。

 まあこれからレイアウトも見直し、DEQX調整もされれば更に見違えるような音が出てきそうな予感がしますので、次回訪問が楽しみです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

audio fun
2013年12月15日 23:07
こんばんは、

昨日はウーハー+エンクロージャー導入のお手伝い、測定作業、本当に有難う御座いました(^^)

Wウーハーからシングルにして、これだけ充実した低域が出てくれるとは、予想以上で大変嬉しい1日となりました。

忘年会もお疲れ様でした、オーディオの話題で盛り上がって、大変楽しい1日を過ごすことが出来ました、有難う御座いました♪

ケン
2013年12月16日 07:49
 コメント有難うございます。やはり低音の充実が図れたウーファの交換は正解でしたね。
 またお伺いするのを楽しみにしています。

この記事へのトラックバック