さくどう親父さん来訪

画像
 昨日さくどう親父さんが拙宅を訪れてくれました。

 一通りお聞頂いた後、持参して頂いたノートパソコンやホータブルHDDなどの紹介から早速ハマっているDSD変換の実験・試聴をさせて頂きました。

 自宅も入力ソースはPCMのみですので、AudioGateによるDSD音源もPCM変換による再生です。色々聞いてみましたがやはりDSD変換再生の方が直接のPCM再生よりは滑らかさと充実感が有って良いですね。

 DSD変換再生も最後の出力はPCMになっているのですから、DSDを一端PCMに変換、ファイル化してからの再生でも同じではないかと考えられます。
 そこでDSD音源をPCMへの変換したものを再生した場合と直接DSDを変換再生してみたものと比較してみましたが、はやはりDSDの変換と同時に再生した方が良く、目論見通り同じにはならないのが不思議です。

 これがうまくいけばファイルの大きさが大分小さくなって楽なんですが。


 DSDの変換再生も他にもありそうなので少し探してみますか。ElctroArtさんのDSDレコーダもハードでの簡易変換が有ったはず。試してみましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さくどう親父 拝
2013年10月30日 23:09
ケンさんこんばんは。

昨日は大変お世話になりました。

有難う御座いました。・・・m(_ _)m

素晴らしい音を長時間聴かせていただいた上に、オーディオ測定のご教示もいただき感謝申し上げます。

この記事へのトラックバック