金岡淳子・池本和憲DynamicDuoコンサート生録

画像
 先日大泉学園のゆめりあホールで、表題のデュオコンサートをI氏のお手伝いで生録してきました。金岡さんは以前から聞かせて頂いているソプラノさんで、今回もオペラを中心にダイナミックな歌を聞かせていただきました。

 ゆめりあホールは200弱の小ホールなのでこのようなコンサートにはぴったりです。マイクはハウスのAKG414ULSを天釣りで使用、録音機はFireWire400をX31でコントロール、クロックにはルピを使い176.4kHzfs24bitのハイサンプリングで録りました。

 ホールは少し響きが少ないようだったので、マイク距離は3mぐらいといつもよりは離して録りました。このマイク器楽には良く使われるのですが、初めてなのでどんな風かと思いながら使ってみました。
 確かに伴奏のピアノはかなりハッキリと明瞭感のある音ですが声には少し固めで、もう少しウェットな雰囲気が欲しい所です。その分もあって離し目にしましたが、後処理でもう少しいじってみます。

 テノールの池本さんも声量があり表現力のある歌唱で感心しました。全体の演奏の方は文句無く良い出来でしたので大変楽しめました。また機会があれば録りたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック