USB DUAL AUDIO基板(Linux編-3)

画像
 Linuxでもリモートデスクトップが使えるようになりました。コントロールする側はLinuxでもWindowsでも可能です。写真はWIN7-64bitでvncviewer_64というフリーソフトを使ってリモートデスクトップ接続にしています。

 予告していましたElectrArtさんのUSB DUAL AUDIO基板用、Ubuntu日本語Remix10.10修正カーネルコアが公開されました。こちらを参照して下さい。nakataさん有難うございます。
http://www.nakata-jp.org/computer/freesoft/Ubuntu10.10Customize/index.html

 ただし、説明はそれほど詳しくないので簡単なLinuxの操作と概要を理解していることは必要です。

 後、96kHzfs以上のハイサンプリングデータを再生するには既存のソフトプレーヤでは無理なのでaudacity(フリー)など高度なソフトをインストールして使ってください。

 Wavelength(Class2対応のオーディオインターフェース)もubuntu接続できました(こちらは上記修正の必要なく動作しました)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック