FF400DriverVerUP

画像
 最近はアナログ・デジタルともリッピングにかまけています。そこでちょっと遅ればせながらFilreFaceのドライバーがメジャーアップ?しているのに気がつきました。
 今は8/23付けで以前の2.9992から3.02になっています。3に上がるのに相当時間が掛かっていたのは、結構問題が有ったからでしょうか。
 3になってSettingsの画面のレイアウトも変わりましたが、詳細はどの辺が変更になったかはまだ良く解っていません。

 実は今回のVerUPにひそかに期待していることがありました。以前はSPDIFの176や192KHzfsのデジタル入力がどうも時々こけるのが玉に瑕で、こちらの環境かインターフェースの問題かも切り分けが難しいので放って置いたからです。それがドラバーの改善で何とならないかということでした。

 早速更新をかけて176.4kHzfsのリップをして見ましたが、めでたく70分弱の間でもエラーは出ませんでした。以前は少なくとも数箇所はエラー表示が出て、実際の音もおかしくなるのが常でしたから、やはりドラバーの効果はあったようです。まあもうしばらく色々なソフトのリップを続けてみようと思いますが、ようやく懸案の問題が片付いてハイサンプルレートのデータが徐々に増えそうです。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック