AT-33PTG断線

画像
 イコライザも出来たので少しアナログを聞いていたが、AT-33PTGの左chから音が出なくなってしまった。以前も時々切れることがあってシェルかリード線の接触不良かと思っていたがついにどうやっても復旧せず。

 色々当たってみたが、結局カートリッジの断線だとわかった。こういうことは初めてだ。
 このまま聞けなくなってしまうのは惜しいので、中を空けてみるとスタラス根元のリード取り出しの半田が見える。導通をチェックしてみると、どうもケース内のリード線部分で断線している。
 コイルは生きているので何とかなると思ったが、内部の配線はゴム系の接着剤で固められていて外せないので、直接コイルの半田部分から外側にリード線を出してケースの足にジャンパーを飛ばした。

 これで無事復旧。元の?元気な音が出て一安心だ。イコライザによって適合するカートリッジが違うのでやはりバリエーションは多いほうが良い。typeIだとAT,typeIIIだとOrtofonかな。アナログも中々良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック