PhonoEQ用電源作成

画像
 新PhonoEQを電源と共に譲ってしまったので、旧のEQを聞くにでも電源を新たに作らなければならなくなった。折角なので新たに作る分は左右別電源として2組入れ込むことにする。もちろんそれぞれ出川電源だが、ケースが小さかったのであまりコンデンサはそう沢山は入れられない。まあその内増設BOXでも作ればよいだろう。

 最近はデジタルばかりだったので久しぶりにLPを聞いてみると、これもなかなか良い。テクニカのAT33PTGも少し線が細いかと思っていたが、久しぶりに聞くと電源を変えたためなのか、クラシックなどは繊細な弦の高域や、抜けの良い中低域が結構良く感じられるようになった。やっぱりアナログも良い。

 ELPのレーザーターンテーブルも良かったが、やはりLPはクリーニングが問題点でこれさえ解決すればもっと力を入れたいくらいだ。クリーニングシステムも何とかしたいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック