SATRI-PhonoEQII完成

画像
 基板は完成していたのだがケースの組み込むまでに少し時間がかかってしまった。配線数はたいしたことが無いが、高密度実装?なので結構組立てに気を使う。
 入出力は専用コネクタとしてプレーヤと直結させるつもりだが、汎用プレーヤの使用も考えてRCAピン入力のケーブルも用意している。電源は左右別のデュアル電源を作成予定だが、当面は従来のEQIと兼用で使うつもり。ただしコネクタが違うので先端は2個のコネクタをパラ付けとしている。

 EQIと平行して音だしをしてみたがEQIIはカレントミラーが1段少ないのでイコライザインピーダンスを上げておいたが、やはり4,5dBはEQIIと比べると聴感上はゲインが低い様だ。それにノイズもちょっと多いので専用ピンケーブルなり、内部配線をもう少し見直す必要がありそうだ。
 EQIIの最大出力は前回3.5Vrmsと書いたが約7Vrmsの間違いであった。これなら充分な出力レベルだ。入力インピーダンスは実測で約11Ωとなっていた。

 音の方はやはりEQIとIIは大分違う。当社比だが前作のIは比較的厚みのあるしっかりとした音だが、新作のIIはSATRI-Ver11の影響か大分スッキリとして、音場の広がりが大きい。その分中低域の厚みは薄くなっているが、高域の切れや臨場感はいい感じだ。新作どちらかと言えばクラシック向きだろうか。まあこの方が私は好みなので悪くは無い。徐々にチューンしていくつもり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック