高橋和正邸訪問

画像
 久しぶりに高橋和正さんのお宅を訪問して最新のMFBシステムを聞かせていただいた。数年来継続してMFBに取り組んでおられたシステムだが、昨年に新しい千竈さんの湯島技研製MFBツィータに交換して様変わりしたとのこと。
 写真のようにセンターも揃えていつものMFBシステムだがやはり以前とはだいぶ違うようだ。とはいってもこの前は大分昔になるので比較にもならないが全体の印象として非常に静かだと言える。高域は鳴っていない様な静けさがあるがもちろん不足は感じない。面白いことに低域が締まっていながら厚みと浸透力があり、少し出過ぎでなはいかと思うくらいゆったりと鳴る。まるでホールでのコントラバスのように軽く余裕を持って鳴るのである。
 新ツィータの威力はもちろん有るのだろうが、この低域を聞くとウーファだけでもMFB化したくなること請け合いである。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ゴルフ13
2009年03月02日 19:49
石田さんも聴きましたか。

あれだけ多数のアンプがあるのに室内が静寂なのは、MFBシステムを使用しているマニアに共通のことのようです。
当方も加藤研のオールホーンMFB システムを使っていた時に感じていました。
MFBシステムの音はクリアすぎて、アルテックやジムランなどを好むマニアには不評のようです。
こちらにもMFBユニットが手元にあるので、イタズラしてみます。
ケン
2009年03月03日 07:16
 MFBも良かったですが、アナログも少し聞かせていただいて面白かったです。

この記事へのトラックバック