WDA02の改良

画像
 若松のデジタルアンプキットWDA02のA/Dコンバータ及びシステムクロックの水晶を高精度OCXOに交換した。このOCXOなかなか音が良いのであちこち使いまわしているがいずれも好結果を得ている。

 システムクロックは128fsの様なので、12.288か11.2896Mzが欲しいところだが生憎OCXOは33.8688Mなので3分周して供給する。元は12.288Mなのでfsは96kHzから88.2kHzに変る。交換可能のようにプラットホームで下駄を履かせメイン基板の水晶ソケットに分周基板を差し込む。その上に載るOCXOもソケットだ。発振分周を確認した後、交換してみてデジタルアンプの動作にも問題なさそう。

 音質的に従来のキャンタイプの水晶発信器と比べてみるとやはり結構差がある。発信器は綺麗だが全体に軽い感じで音にしまりが無い。ま比較で言えばダンピングが悪いという感じ。これに比べOCXOは音に厚みというか密度感を感じ、演奏者や楽器の実態感がより強くなるような鳴り方で、低域もぐっと締まる。比較しないと解らなかったがデジタルアンプのシステムクロックもやはり効いている様だ。まあA/Dのクロックでもあるのでそちらの方が効いているともいえるかもしれない。ともかく狙い通りデジタル系はクロックと電源が肝のようである。これで電源系の分離と共にこのアンプも大分変身して来て、聞くのが楽しみになってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

PC_Audio
2008年11月12日 20:39
OCXO を ベースに 色々な分周比で出力を作ったら、面白そうですね! デジタル絡みは 精度の高いクロック が肝のように思えます。 今、金田式の3Vレギュレータを作っていますが、私の手技でも安定した良い音?を聴くことが出来ています。この後はゲルマニウムを使った LED電源をやってみます。 TL431B(TI社)等は 現在オーダー中ですが、今のペースで行くと来年になってしまうかもしれません・・・
ケン
2008年11月13日 08:18
 水晶も電源で結構変りますから、いい電源を奢ってあげると面白いと思います。新作電源も完成後の評価をゆっくり楽しみにしていますよ。
Bunpei
2008年12月19日 20:13
はじめまして。RSDA302Uのユーザです。WDA02を改造して使うことを検討しておりケン様のブログにたどり着きました。クロックのOCXO化、RDDA302Pの裏DIPスイッチ設定など、大変参考になり感謝しています。
私は携帯音楽プレーヤLSI(VS1053)でSDメモリのWAVファイルを再生しI2S信号の形で出力し、D級アンプLSIのI2S信号端子に直接入力してスピーカをならしたく思っております。
Bunpei
2008年12月19日 20:15
私は携帯音楽プレーヤLSI(VS1053)でSDメモリのWAVファイルを再生しI2S信号の形で出力し、D級アンプLSIのI2S信号端子に直接入力してスピーカをならしたく思っております。そこで候補として考えているのがRSDA302PまたはWDA02の改造です。
RSDA302PとWDA02を持ってないため、教えていただけると大変ありがたいのですが。
RSDA302PではDAIに何というLSIを使っているのでしょうか?Cirrus LogicのCS8415Aでしょうか?また、システムクロックは両者とも12.288MHzでしょうか?
302UではUSB I/FにTI PCM2706を使っているのでクロックは12.000MHzです。
Bunpei
2008年12月19日 20:16
ところで302UをASIO4ALLではなく市販のASIOのUSB用専用ドライバで認識させる裏技を見つけました。それはラステームの名称が焼きこまれているEEPROMを外すことです。
Bunpei
2008年12月19日 20:18
ケン様はオーディオで使えるOCXOをよく手に入れられましたね。12.288MHzまたは11.2896MHzの整数倍のものは、Micro Crystalでは標準品ではないみたいで、インターネットで検索してもなかなか見つかりません。
ケン
2008年12月20日 09:19
 色々なコメント有難うございます。早速ですが、質問の件、RSDA302PのDAIはCS8415Aです。システムクロックも12.288MHzです。
 OCXOは特注で頼みましたが、高価なのでもう在庫分も無くなってどうしようかというところです。よろしく。
Bunpei
2008年12月20日 11:47
別のカリフォルニアのメーカでは、標準にありますが、
http://www.ecliptek.com/oscillators/EB72F61/
Stockには出てきませんでした。だいたい1個いくらで、特注の場合何個まとめないといけないものなのでしょうか?自分も欲しいし、まわりの仲間を募ってみますが。
Bunpei
2008年12月20日 12:22
RSDA302PとWDA02では同じAPOGEEのLSIを使っていながら構成が違うのですね。トーンコントロール機能が302PではD級アンプLSIのSTA328に含まれDSPがないのに対して、WDA02ではDSPのDDX-8001、マイクロコントローラが302PではTIのMSP430F133で、WDA02はATMELのATmega168V。同じなのはADCのCirrus Logic CS5340CZZくらい。
ケン
2008年12月20日 23:34
 すみません今使っているOCXOは44.1kHzの256倍33.8688MHzです。ですので前回発注した時はできれば分周しないでもよい11.2896MHzはどうかと問い合わせた所それは標準で無いから駄目といわれていました。でも12.288MHzも48kHzfsの系列ですから欲しいですね。頼んで見ますか?OCXOもいろいろな種類があるのでご指摘の製品の正確な型番がはっきりしません。こちらのはOCXOWT3-AR1,AV3で細かいスペックが異なるかもしれません。
 発注は10個は集まらないと駄目だと思います。価格については確認しないとはっきりしませんが、単価数万円にはなると思います。
 アンプのIC構成はご指摘の様にシリーズは同じなので音的にはそう変らないと思いますが、個々のICは違います。
Bunpei
2008年12月20日 23:58
お返事ありがとうございます。スイスのMicro CrystalのOCXOWT3で12.288MHzのものが手に入れば欲しいです。仲間で手を挙げるものがないか訊いてみます。
Bunpei
2008年12月21日 00:03
たぶんRSDA302Pでも同じだと思うのですが、RSDA302UではマイクロコントローラMSP430F133から基板上で4本のJP引き出し配線が出ているけれどコネクタヘッドはついておらず無接続となっています。これはデバッグかなにかのためのシリアルの信号線の口ではないかと予想しているのですが、これを使ってやろうと試されたことはありませんか?
ケン
2008年12月21日 07:31
 多分そうかもしれませんが、そこは内容が公開されていないので試したことはありません。ひょっとするとラステームに直接尋ねてみると教えれてくれるかもしれません。OXCOの方可能性があれば検討してみようとは思いますが、あまり当てにはしないで下さいね。
Bunpei
2008年12月21日 08:26
OCXOの件は私も調べてみます。うまく行けばもうけもの位のつもりで。ところでCDPに使いたい人だったら最初のケン様のように11.2896MHzですね。12.288MHzはADCとかDAC用。どうもいろいろとありがとうございました。話はかわりますが私はツール工房のUSB-DACを使っております。自分でTOSLINKのトランスミッタを付けてS/PDIFの光出力が使えるようにしました。

この記事へのトラックバック