WDA02デジタルアンプの製作

画像
 若松キットのWDA02デジタルアンプである。以前のラステームとよく似た構成で、アポジーテクノロジーのICを使用しているアンプキットを組み立てた。

 入力はOPamp増幅後、A/DをCS5340で行いDDX-8001でデジタル処理、DDX-2160でパワー段という構成だ。そのままでは余り面白くないので部品のグレードアップ(主にOSコン)とマルチ電源に変更した。

 トランスに別巻線が2組あるのでアナログ段と、A/D、水晶発振器を別電源とする。基本的な回路には変更はない。

 まだ出来たてなので、音が評価できるまではいたらないがまあ何とか動いてはいるようだ。キットとはいえ結構面倒なので(デジタル入力もあることだし)これを買うより普通はラステームを買った方が良いだろう。はたして電源分離の効果はいかほどだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

素性はどちらが・・?
2008年10月25日 20:50
以前、改造をされていた RSDA302 と 今回の WDA02 では、どちらが最終的な 伸びしろ と言うか 可能性があると思われますか?

自作した サウンドクーラー(BC10使用)が 思いの外というか、結構な鳴りっぷで、唯一低域の制動がもう少し掛かれば、この世界にドップリ浸かれるかなと思い始めています。 残念ながら 7511 ではベクトルが少々ずれているような気がするので、ここはお初のデジタルアンプに手を染めるのもいいかなと(笑)。
PC_Audio
2008年10月25日 20:51
上のコメントの書き方間違えました。
ケン
2008年10月26日 14:43
 WDA02の方がやはりキットで組立時に変更できるので伸びしろは広いと思います。ただデジタル入力がないのでその辺デジタル入力オンリーの使い方だとどうでしょう。まあデジタル入力も作って作れないことはないようですが。

 直接の比較ではないのですが、電源分離の効果はありそうで、全体にすっきりとした音がしている様に思います。デジタルアンプはコクというよりこの見通しのよさがメリットですね。ただ、電源分離の為かoff時にノイズが出るので何らか処理が必要になりそうです。
 スペックはゲインが19と29dBの切替、最大入力電圧は2Vrms、パワーは8Ω負荷でVcc29Vの時約40Wでした。
takawan
2009年09月13日 11:55
私もこの製作を考えているのですが、デジタル入力は標準では付いてないですよね?
どう処理されましたでしょうか、良かったら教えてください。
ケン
2009年09月13日 12:22
 現在でもまだデジタル入力は付けていません。別にDAIチップを用意すればパワーとA/Dの間に入れることは可能ですがちょっと大変かな。デジタルが必須ならラステームのRSDA302Pをお勧めします。

この記事へのトラックバック