830B改良

画像
 一応調整は終了してそれなりに動くようになったが、このアンプの問題点の一つはDFが1以下と低いのでインピーダンス補正をしていないスピーカでは低音が少し持ち上がり気味となる。そこでやはりNFを掛け、DFと諸特性の向上を狙って改良してみた。
 SATRI-DRIVEは元は可変ゲインなのでオーバーオールのNFは掛け辛いがゲイン固定にしてNFを掛けることにする。
 図はこのアンプの概略回路図で、R1が入力抵抗でR2が出力抵抗、無帰還の場合はドライブ段のゲインはその比で決まる。つまりゲイン固定の場合はR4が無く、R2をVRにしている。帰還を掛ける場合にはそのままでは正相アンプなので出力側の極性を入替えR4でSATRI-IC入力端に帰還を掛ける。C1,R3はゲインの積分補正で高域のピークを押さえる。(830Bにカソードが付いているのはライブラリーに直熱管がなかったためです(^^;)

 この定数で帰還時のゲインは20.5dBとなったのでNF量は約7dB、これでDFは3.2になるのでまあこの辺がいい所だろう。周波数特性は40kHzで1dB持ち上がっているが特にそのままとした。微分補正をかければフラットになるだろう。
 10Wの(波形が崩れない)パワーバンドは20~20kHz、クリップが12W、最大は16Wぐらいか。
ノイズは対策していないので2.2mVとまだ高い。 歪みは順当に半分ぐらいになり、8Wまで0.4%を切っている。

試聴した感じは更にすっきりとした音で高域から低域までバランスが良くなった。LPのようなレトロなソースは無帰還のほうが合いそうだが、確かにこの方がオールマイティにになっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック