フォノイコ鳴き較べ

画像
 raspyさんに自宅に来て頂いて、各々フォノEQを聞き比べてみた。こちらは5534使用の大沢式とSATRIの各々I-V型、saspy氏のもOPアンプ使用のI-V型と同じ方式ながら3種類のEQが揃った。(左の白LEDのがraspyさん製作、右の青LEDがSARTI、大沢式はプリに内蔵で写真には見えない。赤LEDのはSATRIの電源)
 raspyさんのはAD797使用で最初はゲインを低めにしてたがどうも少し低音が締まらない。カートリッジはortfonMC20MK2なので何時もお使い音とはインピーダンスが違うかとゲインをあげてもらったら随分よくなった。この辺は不思議?。大沢式はノイズが大きくortfonだと聞き難いが3者とも音色とというか音の出方は良く似ているようだ。
 raspyさんのは非常にシンプルな回路でS/Nもよく作りやすそう。まあ発振対策など高性能OPアンプを使いこなすポイントはありそうだが簡単に作れる点はお勧め。大沢式もOPアンプを交換してS/Nを上げててやれば面白そうだ。
 と久しぶりに来客で楽しいオーディオ談義をして過ごせた小春日和の日曜日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック