FLEMINGのソフラノ

画像
 オペラなども良く聞くが声楽は再生が難しい。このFLEMINGは歌も抜群に上手いが声質が太いせいか我が家では鬼門のCDで、どうも上手く再生できない。線が細くなったり、割れたりするので録音のためかと思ったりしたが、M氏宅では一転朗々と歌うのでそうではない。他の曲では解りにくいのだがやはり、我が家の装置に問題がありそうである。
 いろいろ調べた結果どうもBAPスピーカに使っているネットワークの一部が悪さをしていることが解った。これを外してしまうと音の生気が蘇って声質が太くなる。ビビリも少し減ったようだがまだ未解決。スピーカケーブルを換えたりコーン紙の位置調整、フィルターの再調整などしてみてようやく何とか満足がいくようになってきた。
 やはりいろいろな装置で聞いてみないと普段聞きなれている自前の再生装置の欠点はわかり難い物だと言うことを実感したお粗末。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック