カーリッジの針圧計

画像
 今時LPを再生していると小物が手に入らなくなってしまって困る場合が多い。その中でも針圧計はアームの表示を信頼するとすれば無くても良いが、範囲外だったり、細かい針圧差を気にするとやはり欲しくなる。
 やじろべい型が良く見かけるがディスコンなのでオークションなどで手に入れるしかないが見た目の割には結構な値段で考えてしまう。かといって電子式はそれ以上にかなり高価でそのためだけに大枚をはたく気にならずに買っていなかったが、千石電商でエーアンドディの電子スケールHJ150というのが非常に安かったので買ってみた。
 性能は150gまで0.1g分解能なのでそこそこである。面白いのは100gの分銅が付いていてきちんと校正できるので安心である。まあ他にも使い道はあるだろうからこれから何かと役に立ってくれるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック