アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「デジタルオーディオ」のブログ記事

みんなの「デジタルオーディオ」ブログ

タイトル 日 時
SpeakerWorkShopでのネットワークシミュレーション
SpeakerWorkShopでのネットワークシミュレーション  久しぶりにSpeakerWorkShopを動かしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/21 17:50
S/PDIF打ち直し(その3)
S/PDIF打ち直し(その3)  以前に作ってあったSampleRateConverterを入れたS/PIDFフォーマット変換器(写真右)をサブシステムに使ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/14 10:22
SW電源比較
SW電源比較  お出かけ用のデジタルアンプには軽量化のためSW電源を使用していますが、出力W違いの2組が手元にあるので比較してみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/07 14:49
DCX2496新基板
DCX2496新基板  最新のDCX2496の中を見る機会があったのですが、DSP基板が一新されていますね。以前からも何回か改版されてはいましたが、チップの変更程度で基本は変わりませんでいたが、今回レイアウトからまったく新規です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/25 08:03
光デジタルの怪
 サブスピーカ用にSTAのデジタルアンプを使用していますが、デジタル入力(光)でどうもよく解らない現象が出ています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/24 08:45
DDX-8001基板
DDX-8001基板  デジタルマルチプリのICとして有名なDDX-8001を使った基板を入手。中々手が掛かりそうですが、作ってみたいなぁ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 09:51
DCU-131A、T114S対向(その2)
DCU-131A、T114S対向(その2)  最初に作ったSPネットワークがシングルワイヤ対応だったので、これをバイワイヤリング対応に変更しました。つまり低域と高域のネットワーク回路をアースを含め完全に分離しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 12:51
S/PIDF用フィルター
S/PIDF用フィルター  6穴フェライトとファインメットビーズで作るS/PDIFフィルターですが、100均のプラケースではやはりちょっとカッコ悪いので何か良いケースが無いか探していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 10:24
I2Sのコモンモードフィルター(その2)
I2Sのコモンモードフィルター(その2)  正月は風邪をひいて寝正月でここの所は何もしていませんでしたが、ようやくマトモになってきたようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 10:31
HDMIコネクタのプラグホールド
HDMIコネクタのプラグホールド  最近デジタル系のシステムで同期はずれのようなクリック・ガリ音が出る病気が時々見られて気になっていました。DCXの入力をI2S化したころからなので、改造したDSPボードがおかしくなったのかと交換してみましたが、改善しません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 13:15
I2Sのコモンモードフィルター
I2Sのコモンモードフィルター  ES9018K2MDACのI2S接続に入れたコモンモードフィルターが良かったので、DIYINHKのDDCとかDCXのI2S入出力側に入れてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 17:53
DDCのノイズ対策
DDCのノイズ対策  前回のDACの基板間接続にもコモンモードフィルターが効いたので、早速メインのDDCにも応用してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/16 21:13
USBDACノイズ対策
USBDACノイズ対策  AMANERO384+ES9018K2MDACですが、途中のケーブルが長すぎてちょっと気になりましたので、この際ノイズ対策も兼ねてDDD基板とDAC基板の間にコモンモードフィルターを入れたケーブルに換えてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/14 08:41
DDDの怪?
DDDの怪?  エレアトさんのDDDコンバータ基板は小型で持ち運びがべんりなのでお出かけに利用していましたが、ノートPC(FUJITU LIFEBOOK S560A)だとどうもプチプチノイズが取れません。(もちろんメインPCだと大丈夫なのですが) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/13 09:42
WSの怪?
WSの怪?  JPLAYも最近はようやく安定してきたかと思っていたのですが、最近急に止まるようになって昨日はついにKernerlStreamerモードが動かなくなってしまいました。(モードが選択できない) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/05 21:25
高精度ルビクロック用DDS
高精度ルビクロック用DDS  以前高精度ルビクロックが逝ってしまったことは話しましたが、何とか復旧させるべく汎用DDSの基板を入手しました。これで直接スーバークロック(512fs)を作りたいわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/29 09:03
AMANERO384+ES9018K2MDAC
AMANERO384+ES9018K2MDAC  中華基板ですが、amanero384+ES9018K2MDAC基板をまとめてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 10:45
自宅の装置構成(改訂)
自宅の装置構成(改訂)  ウーファ変更に伴う装置構成図を改訂しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/27 19:21
S/PDIF打ち直し(その2)
S/PDIF打ち直し(その2)  前回のS/PDIF打ち直しのSampleRateCconverterですが、やはり折角内部でI2SにしたのにまたS/PDIFにして再度DAC側で復調するというのは応用が利くという面はありますが、音質的にはジッターの面からあまりスマートではありませんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/18 17:06
P2DDACの怪
P2DDACの怪  前回のルビクロックの復活の時にアナウンスしたトラブル対応と原因調査をしていましたが、結局現因は低域chのDCアウトでした。  その根本原因はどうやらDAC(P2D基板)にありました。    DACはマルチビットへの移行途中ですが、低域のみまだエレアトさんのP2D基板を利用したDSD変換DACを使用しています。このDACを色々接続を替えてテストしているうちにフルスクングのDCが出てしまって、アンプにDC検出保護回路がつけていなかったのでそのままスピーカとアンプが昇天してしまったとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/13 19:12
ルビクロック復活
ルビクロック復活  ようやくデジタルチャンデバ用にルビジュウムクロックを復活させました。とはいえ前の外付けDDSではなく古い2逓倍PLLを使用した24.576MHzの方です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/09 10:52
S/PDIF打ち直し
S/PDIF打ち直し  以前に作ったCS-8420のSampleRateConverterですが、少し改良してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/03 17:58
2016東京インターナショナルオーディオショウ
2016東京インターナショナルオーディオショウ  昨日2016東京インターナショナルオーディオショウに行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/01 14:10
ルビクロック
ルビクロック  高精度DDSルビクロックが逝ってしまいました。100MHzルビモジュールは大丈夫ですが24.576MHz出力のDDS基板が壊れてしまったようです(;_;)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/27 11:27
N氏邸訪問
N氏邸訪問  昨日前回お見えになった4名の中で、初めてお会いしたN氏の所へ伺ってきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/23 20:50
CDトランスポートの復活?
CDトランスポートの復活?  CDトランスポート(プレーヤ)を使わなくなって7年などといいながら、諸般の事情でCDTを使う必要が出てきて珍しく引っ張り出してテストしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/20 16:03
PCオーディオの変遷
PCオーディオの変遷  JPLAYもそろそろ落ち着いてきたので、この際今までのPCオーディオの流れを振り返り、PCオーディオに対する今の私の考えを少しこちらにまとめてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/15 22:05
200V用パワータップ
200V用パワータップ  SW電源の強化用オプションのパワータップですが、使用機器のSW電源が100〜200V対応のユニバーサル型なのでパワータップも200V対応に変更しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 20:07
IPD1200(その3)
IPD1200(その3)  Lab GruppenのデジタルパワーアンプIPD1200はデジタルチャンデバ内蔵ということで台数を増やすことで簡単にマルチが組めるのが特徴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 18:11
DCX2496のI2S入力化(その4)
DCX2496のI2S入力化(その4)  新型の入力I2S化のDCX2496改をメインに入れ早速聞いてみました。写真は上からXmosのDDC、低域のP2DDACその下が今回のチャンデバ。シンプルというかチープな外観で見栄えはもう一つ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/08/30 16:53
DCX2496のI2S入力化(その3)
DCX2496のI2S入力化(その3)  ようやくI2S入力のDCX2496改が動き始めました。まだUSBケーブルの処理は暫定ですが、基本はこれで目標の完成形になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/29 08:55
NcoreNC400試聴
NcoreNC400試聴  Hypexというメーカのデジタルアンプが良さそうだといことで前回UcDアンプをテストしましたが、その最新版のNC400をお借りすることが出来ましたので早速試聴してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/08/19 10:11
DCX2496のI2S入力化(その2)
DCX2496のI2S入力化(その2)  DCXの改造ですが、当初出力がノイズになってしまってうまく動きません。こういう時は冷静になってゆっくり考えた方が良いですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/17 10:14
DCX2496のI2S入力化(その1)
DCX2496のI2S入力化(その1)  もう1年以上前から懸案だったBEHRINGERデジタルチャンデバDCX2496のI2S入力化を始めました。    DCXのデジタル入力はここだけS/PDIFが残っていて、何とかI2Sにしたいと思っていたのですが、DCXの入力は直接内部SRCのCS8420チップ入力になってるのでおいそれと変更できません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/08/10 17:26
IPD1200(その2)
IPD1200(その2)  前回は開けただけで改造検討で終わりましたが、オーナーの要望もあり、改造してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/04 20:33
S&K Lab Hi-Res Experiment#1
S&K Lab Hi-Res Experiment#1  先日S&K Audioの主催による製品試聴会があり、参加してきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/02 19:23
IPD1200
IPD1200  友人からLab.gruppen社のパワーアンプ、IPD1200をお借りして中を開けさせてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/30 09:13
HYSOLID
HYSOLID JPLAYに続いてもう一つ注目のプレイソフト「HYSOLID」を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/22 17:54
クロックフィルター
クロックフィルター  USB、S/PDIFとデジタル周りのフィルター製作が続いていますが、これもtakeさんのアドバイスで今度はクロックのフィルターを追加してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 21:00
USDAminiDDC
USDAminiDDC  ElcdtrArtさんのUSDA_MINI_HDMI2基板をケーシングしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/13 09:14
HOWL Opening Live Event
HOWL Opening Live Event  昨日は珍しくクラブ系のSound Eventに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 09:41
S/PIDF用フィルター
S/PIDF用フィルター  今回はtakeさんのアドバイスで、デジタル同軸用のS/PDIF接続線にコモンモードのフィルターを追加してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/08 16:30
JPLAY(その8)ネットワーク構成
JPLAY(その8)ネットワーク構成  JPLAYも色々使いこなしでマルチPCの構成をどうするかで腐心していたのですが、まあ何とか落ち着いてきたようです。  デュアルPCモードはともかく、諸般の事情でコントロールPCを直接操作するのはそれがデスクトップということもあって使い難いので、もう一台ノートPCを用意して使用しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/04 09:43
エレアトさんの新UDA基板
エレアトさんの新UDA基板  エレクトロアートさんからJPLAY対応という新UDA基板(USDA_MINI_HDMI2基板)が発売されました。 とはいえいつもの様にもう既に数日で売り切れてしまっていますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 22:59
JPLAY(その7)DDC作成
JPLAY(その7)DDC作成  JPLAYも急遽メイン装置になってしまったので、DDCがまだバラックのままで追いつかず、そのままの運用でした。流石にこのままではイカンということで、きちんとケースに入れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/25 19:37
JPLAY(その3)コアモードStreaming再生
JPLAY(その3)コアモードStreaming再生  いよいよ最終段階でオーディオPCのコアモードとコントロールPCからのStreaming 再生の実現です。 ついでにオーディオPCは8Gbyteにメモリーを増設。JPLAYも製品版にして準備万端整っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/09 17:08
UcD180ST(その5)
UcD180ST(その5)  UcDアンプはやはり電源の安定化が必要そうだったのでトランス電源を止め、ケースはそのままでSW電源に置き換えました。  使用した電源はCOSELのLEA100F−24を2個で、電圧は30Vにアップしています。それぞれの電源容量は一つ100Wなのでステレオでもまあ何とかなるでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/26 10:02
電源フィルター増殖中
電源フィルター増殖中  電源のコモンモードフィルターを導入し始めた経緯は前回書きましたが、中高域DACだけではあまり効かなかったのに低域は効いたのはDACの方式の違いかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/21 08:09
UcD180ST(その4)
UcD180ST(その4)  UcDアンプは音色は良いものの、どうも少しパンチが足りないように思えたのですが、やはりここは簡易電源にしたのがちょっと気になりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/19 21:59
ディスクリートマルチビットDAC追製作(その1)
ディスクリートマルチビットDAC追製作(その1)  もう一台マルチビットディスクリートDACを作る部品が残っていたのでボチボチ作り始めていましたが、ようやくモジュール基板4枚が組みあがりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/17 15:42
電源フィルター
 以前も電源のコモンモードフィルターを使っていた時がありますが、それほど効果がはっきりせず音が丸くなるので止めていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/13 14:28
UcD180ST(その3)
 UcD180STアンプの音を確認する上で以前のTIのTAS5613アンプを足を付けて基板単体でも比較試聴できるようにしてみました。電源は本体側から取れるようにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/04 21:42
UcD180ST(その2)
 UcDアンプをTIのデジアンと入れ替えて早速聞いてみました。TIのデジアンの電源は160VAのU字トランスでショトキーダイオードのコンデンサ(10000μF)インプット整流です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 17:56
UcD180ST(その1)
 デジタルアンプのUcD180STを入手しました。これはhypexというところが作っているデジタルアンプモジュールで、ディスクリート構成でオールオーバーの帰還がかかっている珍しいデジタルアンプです。メーカはオランダですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/30 18:15
DCX2496のES9023外部DAC
 ES9023を使ったミニDAC基板が安価に売られているのでBEHRIGERのDCX2496の外部DACとして繋いで見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/28 18:24
無線ルータ
 メインのミュージックサーバーはクライアントと無線ルータを介してつながっていますが、ネット接続のルータ(BUFFALO WHR-G301N)と兼用なので直接ネットともつながっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/25 17:40
サブPCトラポ
 メインのUSBアイソレータとフィルターで激変したメインに気をよくして、少し違った面からサブPCトラポを考えてみました。  というのも今まではPCトラポの音楽サーバとしての性能アップを図ってきましたが、それにはPCからのノイズをスピーカまでに伝えないために、発生源のノイズを抑える対策をおこなってきたのが主であったように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/22 20:06
USBケーブル改(その3)
 アイソレータ用のUSBケーブルのフィルターですが、効果はあるもののバランスが悪くなる問題点がありましたが、takeさんの指摘もあり全体のバランスから見直して再調整してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/18 09:22
USBケーブル改(その2)
 前回、IntonaのIoslator用にUSBケーブルの電源ラインにフィルターを入れましたが、キャパシタを足した方が性能は良いとのことで追加試作してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/14 18:01
SDTransにルビクロック
 AudiofunさんがSDTrans384をケースも新たに改良して、お見えになるとのことなので、自宅のSDTransも少し手を入れてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/11 13:58
中高域マルチビットDACに変更
 このところDACの話題ばかりですが、メインの中高域をマルチビットDACに変更しました。もう一台を製作中ですが、まだ時間は掛かるので少しつながりは怪しいのですが、低域では音質の差は解り難いと思い中高域のみで変更してみました。低域は従来のDSD変換の原理基板DACです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/09 09:13
マルチビットDAC聞き比べ
 先日takeさん宅でgrigriさんと一緒にDACの鳴き比べをメインテーマにオフ会をしました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/08 18:41
ディスクリートDACの復活(その3)
 前回の改善に味をしめて、もう一つ改善点が残っていたのを対策してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/04/02 17:03
ディスクリートDACの復活(その2)
   その後両者のディスクリートDACを少し聞き比べてみましたが、やはりDAMに比べてU氏のは少し高域が荒く、広がりもありません。  この辺昔作ったDACはまだノイズ関連についてあまり対策が取られていなかったので、HDMIケーブルにフェライトを入れるだけでも改善するところから、ノイズが影響をしているのではないかと思われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/31 17:09
ディスクリートDACの復活
 もう大分前になりますが、U氏設計の完全ディスクリートDACを作っていましたが、最近低音側をマルチビットDACにして好調なところから、このDACも少し見直してみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 17:38
USBケーブル改
 前回のUSB-Isolatorでゴンザエモンさんの時との違いが気になったので、使用したUSBケーブルの違いかと思いフィルター入りのUSBケーブルを作成してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/03/28 10:30
intonaのHigh Speed USB Isolator到着
 注文していたIsolatorが届きました。paypalで発注後約5日で到着です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/24 11:43
ゴンザエモンさん、takeさん来訪
 今日はいつものゴンザエモンさんとtakeさんに来て頂けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/17 21:24
BSデジタルアウト(その3)
 アナログアウトに続いて、S/PDIF(写真右上)とHDMI(写真左上)によるI2S出力を追加して3Way出力対応となりました。元のアナログ出力も付いていますから4Wayかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/16 09:29
BSデジタルアウト(その2)
 バラックで動作確認をしたBSコンバータですが、実用に使えるようケーシングしています。トランス電源も2系統入れてDACアイソレーションもできます。ノイズ対策もいつものようにしっかり入れています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 16:51
低域にDAM1021
 今までメインのDACは各帯域とも同じエレアトさんのD2S基板(PCMtoDSD)と原理基板(DSDデジタルフィルタ)によるDSD変換DACを使用していたのですが、どうも時々低音側DACの調子が悪いのでこちらを変更してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/07 17:35
N氏来訪
 前回は書きそびれてしまいましたが、半年振りくらいでN氏が来訪されました。最近N氏はアバンギャルドにDEQXを組み合わされ、音場表現にも関心をもたれています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/29 10:01
ゴンザエモン邸訪問
 昨年末に伺ったゴンザエモンさんの所にaudiofunさんと、takeさんと行ってきました。今回はその後のノイズ対策の効果と、audiofunさんのA/D完成に合わせて鳴き合わせ試聴をしようというのが主眼です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/25 21:19
PC電源フィルター基板化
 PCトラポの実験でよかった電源フィルターですが、なかなか24Pともなると製作が大変です。そこで回路を基板化しました。  受け側はマザーボードと同じモレックスのコネクタが付くようにして反対側は電源延長ケーブルを切って半田付けしています。  基板化にちょっとチョンボがあり、組み立てにくいところがあるのが難点ですが、流石に組み立てのスピードは上がり楽になりました。今回はCPUの8P基板も一緒に作成したのでペアで使いやすくなると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2016/02/22 21:55
RAS-DAC9023実食
 折角のDACができたので聞いてみようと思いましたが、S/PDIF入力では面白くないので前のBSのコンバータボードにつけてI2Sで繋いで見ました。これでHDMI接続のSACD用にもなるDACが完成したことになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/17 14:40
RAS-DAC9023
以前にI氏より分けていただいたラズパイ用のES-9023DACですが、そのままになっていたのをようやく作りました。とはいえラズパイ用という訳ではなくI2S入力のDACがあればと思ったところ、これが丁度要望点に合致したからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 18:08
USB-I2Sアダプタ(その3)
 前回Windwosで調子悪かったDIYINHKのUSBインターフェースですが、ドライバーを最新のもの(V2.23)にすると復調しました。  どうもドライバーが合っていなかったようです。(WIN7)送り出し側もHDMIの1chドラバーに置き換えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/09 09:30
BSデジタルアウト
 先のBSmulti再生ではそのままアナログアウトを利用しましたが、本命のデジタルアウトにしたバラックモデルを作成しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/08 08:50
Taketさん来訪
 先日taketさんに拙宅にお出でいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/02/07 08:44
SRC実験
 BSのデジタルマルチコンバータボードは基板を見てみるとクロック再生は普通の24MHz水晶からPLLで再生しているようなのでかなりプアです。そこでどうしようかと思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/05 10:02
BS multi再生
 BSの音楽番組は時々再生して見ますが、NHKの場合は5.1chマルチで放送されているのも多いです。折角なのでマルチでも聞いてみたいのですが、デコーダはAVアンプ内蔵が中心なので、個別に使い易いものがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/29 09:40
3氏来訪
 いつものTakeさん、S氏、N氏に拙宅にお出でいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/01/26 08:36
USB-I2Sアダプタ(その2)
 DACのテストで使用したトラ技のUSB−HDMI変換基板は上限サンプリングレートが96kHzfsまでなのが解り192kHzfsまでのテストが出来ませんでした。そこで先日購入したUSB-I2Sアダプタを試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 08:22
DAM1021(その5)
 DAM1021にHDMIコネクタによるI2S入力をつけました。I2Sは基板上にアイソレータが付いているので、追加のレシーバ基板はDS90LV048Aのみです。(光入力の下の基板) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/17 17:40
DAM1021(その4)
 dam1021DACですが、あまりいじる所が無いと思っていましたが、HifiDUINOにはVref(4V)にコンデンサを足せと書いてあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/15 20:21
USB−I2Sアダプタ
 エレアトさんのがディコンになってしまっているので、USB−I2Sアダプタを探していましたが、少し高めですが、DIYINHKのを購入してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/14 09:50
DAM1021(その3)
 マルチビットDACのdam1021とES-9018のBuffaloII(Twisted Pear Audio)と比較試聴してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/13 08:28
DAM1021(その2)
 マルチビットDAC(dam1021)の精度を見るために歪み率を測定してみました。まあ予想された感じですが、図の様に-80〜85dBとあまり良くありません(96Kfs32bit2Vrms0dB)。  以前作ったディスクリートDACは流石に選別&マッチングを取ったので-90dB以上を確保していましたが、多分dam1021は無選別なのでしょう。高精度0.02%のR-2Rを使用してもこのくらいが実力かと思います。  ただし、アンバラ出力なのでバランスにすれば2次はかなり減るかもしれません。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/11 13:48
DAM1021
Soekris Engineering 社のマルチビットDAC dam1021が組みあがりました。まあ一応音が出るところまで確認しましたが詳細はこれからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/10 19:29
マルチビットDAC基板
 面白い基板を見つけました。ご覧のようにディスクリートのマルチビットDAC基板です。勿論24bitですのでチップ抵抗がびっしり並んでいるところが壮観ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/01/06 21:04
Windows10
 Windowsも昨年から10が無料ダウンロードとかで、かしましましいですが、この手は必ず初期トラブルが予想されます。面白がってインストするのは良いのですがヘタをするとコンピュータに遊ばれることになるのでしばらく様子見していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/02 20:14
PCトラボの実験機(その6)
 相変わらずPCの電源フィルターですが、24Pの電源延長ケーブルのファインメットビーズが結構するので、コストダウンをはかってビーズなしを作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/12/11 18:43
HS-500再調整
 今度AAFCの例会でHS-500のお披露目をしようと思いテスト中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 19:51
PCトラボの実験機(その5)
 前の実験でCPUケーブルにフィルターを入れたのが良かったので、早速メインにも作込みこちらも好結果でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 09:04
PCトラボの実験機(その4)
 今回は簡単に分割できそうなCPU電源とファン電源のコネクタにフィルターを入れて実験してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/30 18:04
PCトラボの実験機(その3)
 今回はHDDの別電源の実験です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/26 10:48
PCトラボの実験機(その2)
 PC実験機も流石に裸では移動も大変なのでトランクに押し込みました。丁度銅板CDTの移動用トランクが空いていましたのでそれを活用。マザーボードを合わせてみるとサイズはぴったりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/25 09:18
audiofunさん、Takeさん来訪
 いつものお仲間の定点観測でaudiofunさんとTakeさんが小雨の中拙宅に来られました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/24 11:48
PCトラボの実験機
 今ソースの送り出しはPCを使用しています。良かれと思う方向で突っ走ってかなり良いところまで来たとおもっていますまが、どこがどう効いているかは正直のところ良く解っていません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/11/19 13:25
たかがケーブルされどケーブル
 普段は自分の所ではケーブル類にはほとんど凝りません。まあ確かにケーブルでもそれなりに効果は有ると思っています。  しかし、コンポーネントを変えたほど根本的に変わらない様に思いますし、最近の良いものはコストが掛かり過ぎるように思っていたのであまり手を出していませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/13 17:46
DCX2496リニア電源
 以前に内臓トランス電源を検討しましたが、結局リニア電源ではサイズ的に難しくそのままになっていました。そこでK氏が外付けでもとわざわざ基板を起こしてくれましたので試してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/16 19:58
nazo_otoko邸訪問
 昨日ダブルウーファズ会長のnazo_otokoさんのお宅を訪れることが出来ました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/09/07 18:51
DCX2496の入力I2S接続プロジェクト(その2)
 I2S接続のまずは入力系のDDCにHDMI出力をつけました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/05 15:22
DCX2496の入力I2S接続プロジェクト(その1)
 デジタルチャンデバのDCX-2496の懸案だった、入力のI2S接続への変更プロジェクトをスタートしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/03 22:45
K氏宅訪問
 昨日、中高域をgotoユニットでまとめた6Wayホーンシステムをお使いのK氏宅を、ゴンザエモンさん、audiofunさん、takeさんと一緒に訪問しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 21:47
HDDバックアップ
 音楽再生PCのデータも大分落ち着いてきたのでHDDのバックアップをとることにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/27 18:04
DSD原理基板DACの復活
 先日の試聴会でエレアトさんの基板でDSD256に変換後に、デジフィル原理基板付きのDACのI2S接続が中々勢いがあって音色の濃さを見直したので、お休みだった低音用の原理基板DACを復活することにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/23 09:39
ES9018K2M DAC試聴
 昨日audiofunさんが自作の9018DACを我家に持ち込まれ、takeさん、とコンザエモンさんも一緒に試聴会を行いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/22 11:54
K氏再来訪
 先日一ヶ月ぶりにK氏が来訪されました。この猛暑の中遠くから有難うございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/06 21:48
DCX2496ゲイン調整
 今更ですが、BEHRINGERのデジタルチャンデバDCX2496をアナログ接続で使う場合には音質的にはゲイン調整をした方がベターです。音が悪い(ノイジー)という問題の原因ほとんどはここにあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/07/31 19:04
HDD増量(その4)
 HDD増量で3Tもじっくり聞いてみましたが、どうもやはり低域が薄いのが気になりボツということで本来の2T(WD20EARS)を試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/06/24 10:16
HDD増量(その3)
 HDD用の別電源(トランス)にノイズフィルター(ビーズフィルタ5穴)を入れたら起動せず、ハテ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 08:47
HDD増量(その2)
 2TのHDDに交換する前に、まずは3TのHDDにデータを入れ聞いてみました。というのも以前からHDDも色々試していますが、結構それぞれで音が違うので、やはり聞いてみないと特徴はよく解りません。ちなみにWDを使っているのは以前3社聞き比べて折に一番良く感じられたからですが、最近のはどうでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/18 17:28
HDD増量
 最近ハイサンプリングなどアルバム当たりの容量が増えてきたお陰で、流石に1TのHDDでも容量的にちょっと怪しくなってきました。そこでHDDの増量を検討しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/16 20:19
HS-500(その7)
 HITACHIのHS-500ももう一段のアップグレードをはかるために、テストで3wayマルチを試してみました。ミッドに入れたのはYLの1inchホーンのD510にフォスのカットオフ460HzのH425ウッドホーンをつけたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/10 12:02
M氏来訪
 最近お近づきになったM氏が、自宅お音を一度聞かせて欲しいということで先日遠路お出でいただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/07 09:18
S氏宅再訪
 前回訪問した後、お勧めしたデジタルチャンデバを導入され、本来のメインスピーカも復活されたとのことでS氏宅に伺いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/06 09:16
K&Kさん来訪
 先週の訪問の折り返しでK&Kさんに遠路来て頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 10:18
クロックのノイズ対策
 先日メインクロックの調子が悪かったので半田付け等をやり直し、ついでにクロックの電源系のノイズフィルターを交換しました。ところがそのお陰か音質が大幅に向上、驚いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/26 08:05
T氏宅訪問
 S氏の後、午後は近くのT氏宅へ連荘で伺いました。こちらはヤマハサブウーファ+A5+ゴトーツィータのシステムで最近はアナログが調子良いとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/04/28 07:51
S邸訪問
 連休にかけてあちこち訪問予定が詰まっていますが、初日Take氏とaudiofunさんと千葉方面に出向きソーラの伝道師S氏のお宅訪問です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/04/27 21:06
REW(Room EQ Wizard)の紹介
 hilewebで紹介されたREWというソフトをインストールしてみました。  これはUSBMICと組み合わせて、色々な音響測定が出来るフリーソフトですが結構強力そうです。とはいえまだインストールしたばかりで、それに使い方もちょっと癖がありそうでなかなか適当にはと行かないようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/24 20:30
OmniMICによるスピーカアライメント測定(その3)
 相変わらずのwaveletですが、新旧メインの調整結果を比較してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/23 10:50
OmniMICによるスピーカアライメント測定(その2)
 相変わらずWaveletによるスピーカアライメントの測定の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/22 07:49
OmniMICによるスピーカアライメント測定
 OmniMICのWaveletSpectrogramによるスピーカアライメントの測定例を挙げてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/16 09:46
RINKAKUのアーティファクト
 前回紹介したRINKAKUというソフトでウェーブレット解析ができそうなので色々調べていましたが、どうもすこしおかしいところがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/14 16:46
新方式フルデジタルアンプ
 先日友人のN氏がお見えになって珍しいアンプを聞かせていただきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/04/10 09:27
RINKAKUによるスピーカアライメントの測定
 kyoto music academyという所で音響関連のソフトを開発、フリーで公開してます。これらは改訂版「リスニングルームの音響学」にも紹介され面白そうなので色々テストしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/08 22:18
audiofunさん、Takeさん来訪
 春になって急に行き来が激しくなりました。昨日はaudiofunさんがお見えになりDEQX回りでゴトゴトと。ご自宅の伝送系をI2Sにして良かったので、こちらも改造できないかと調査しましたが、残念ながら回路からは調査不足でちょっと不明。後は奥の手しかないようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/07 09:43
N氏宅訪問
 最近お付き合いの多いN氏ですが、色々な事情でなかなかお宅訪問できませんでしたが、先日ようやく訪れることができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/02 15:14
audiofun宅訪問
 先日audiofunさん宅にTakeさんと伺って来ました。今回はUSBDACの聞き比べも兼ねていて、私のがエレアトさんのUSDA-MINI基板でTakeさんのはUSBDAC基板を使用したものを比較することができました。元のaudiofaunさんのところはアップサンプラーを通してDEQXにデジタル直です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/29 13:36
サブシステム
 丁度USBDACが出来たのでサブシステムを組んで聞いてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/22 21:00
外盤A級セレクション
 長岡鉄男の有名な外盤A級セレクションが復刻され、嬉しい事にサンプル盤のSACDも付きました。ちょうど友人から借りることができましたので早速聞いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 20:46
Hifiberry Digi基板
 RaspberryPi はPCM5102DACを載せてアナログ出力として使っていますが、自宅のメインがデジタル入力のみなので接続が面倒です。そこでオプションとしてHifiberryよりs/pdif出力基板が販売されていますが、これを友人からお借りしたので使ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/10 11:18
M氏邸訪問
 相互訪問で先週来て頂いたM氏宅を訪れました。リスニングルームは6畳間ほどと狭いですが、うまくまとめられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/08 10:10
M氏来訪
 昔からの友人のM氏が訪れてくれました。最近はRaspberryPiも色々やっているそうなのでそちらの実験も。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/01 08:03
新対向スピーカ(その4)
 低域が少しタイトなのでバスレフポートを復活させてみました。fsは50Hz弱なので、密閉の60Hzぐらいから比べると45Hzぐらいまで再生領域が延びた感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/23 09:58
第5回PARCサウンド鑑賞会
 毎年恒例になってしまいましたが、今年も5月23日開催されます。私も相変わらず変なスピーカで参加予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/16 08:29
USDA-MINI基板+DAC
 久し振りにElctro-ArtさんのUSBDACを製作中です。最近はパタパタとディスコンが続いているので現在残っているのはこれくらいかな。  DDCにはPCM−>DSD変換も付いています。オプションで専用の9018DACもセットで組んでいます。(これも限定のようですが) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/11 13:33
audiofunさん宅トラポ比較
 audiofunさん宅にSDTrans384のエバンジェリストM氏がいつものSDTrans+DACを携えてお出でになるとのことで私も参加させて頂きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/02/01 08:45
TIのデジタルアンプ(その3)
 前の町田オフ会でTAS5613のアンプを久し振りに鳴らしましたが、電源電圧は定格一杯の方がよさそうということで電圧を上げパワーアップしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/28 08:19
ビデオレコーダの高音質化
 BS放送などを録画するのでレコーダも結構重要な音源ですが、やはり音響機器とも言えないのであまり音には過度の期待が出来ません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/22 18:09
SDTransHDMI(I2S)出力
 SDメモリープレヤーのSDTrans384には元々I2S出力のHDMIコネクタが付いていますが、基板上の実装のために基板をケースに入れてしまうと使いづらい物になってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/19 10:34
DDCのルビ化
 メインのDDC(USB->S/PDIF)のクロックは既にルビジュウムクロックを入れるようにしていますが、予備のサブ機も改造してルビのスーパークロック(512fs)で動くように改造しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/07 16:14
フルトベングラーのベートーベン交響曲全集
 珍しく音楽ソースネタですが、知人からフルトベングラーのベートーベン交響曲全集(CD)をお借りしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/30 11:20
M氏、Y氏来訪
 久し振りにM氏が友人のY氏を伴って訪れてきました。Y氏は中々の自作派で今回はFN1242のDACもお持ち頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/13 19:10
対向2wayスピーカのデモ
 某会で対向スピーカを2Wayマルチで鳴らしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/08 08:32
対向ウーファ(その3)2way
 早速対向ウーファとPARCの対向スピーカを組み合わせて2Wayを組んでみました。  鳴らしているのは対向ウーファ(対向の左右でチャンネル振り分け)とメインスピーカ上の白い円筒です。  OmniMICによるリスニングポジションでの測定、レンジは5dB/DIVの10回測定平均値。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 07:38
gmpcのオプション
 今回のはあまり一般的でないので、皆さんのお役には立てないと思いますが、MPD(Linuxの音楽再生ソフト)の(コントロールPC用)リモートソフトのgmpcで、ネットからフリーミュージックを自由に選べる選曲Browserがあるのに今頃になって、ようやく気がつきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/25 13:50
raspberryPiのvolumio(その2)
 合宿で音だしまで出来たことはコメントで紹介しましたが、システムが入ったSDメモリーの残りの領域に音楽ファイルを入れ再生が出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/14 10:52
河口湖合宿
 先日手作りアンプの会の河口湖合宿に参加してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/10 08:56
raspberryPiのvolumio
 話題のraspberryPiのDACを組んでみました。お友達のDAC基板を載せたものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/11/07 21:29
S氏邸訪問
 先日Take氏とS氏邸にお邪魔しました。DEQXの修理も終わり復調、調整も進んできたとのことで伺いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/06 07:40
DCX2496内蔵リニア電源(その3)
 前回は電圧不足?だったので電圧を上げトランスを強化しました。その分トランス内蔵にはなっていませんが、リニア電源とのちがいは試せると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 11:15
試聴室巡り(その4)
 試聴室巡りの最後はアコースティックグループ主催の第13回オーディオフォーラムです。これは毎月第4金曜の夜、九段事務所のオーディオルームにて行われている音響関連専門の建築会社が主催するちょっと変わった試聴会です。こちらも参加は予約が必要です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/04 09:09
DCX2496内蔵リニア電源(その2)
 DCX−2496用の電源を作ってみたのですが、アナログ部の電源電圧が低いと本体が立ち上がりませんね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/28 18:02
K氏宅訪問
 ネットで知り合ったK氏宅を訪問しました。Kさんは写真のようなオープンタイプの珍しいスピーカシステムをお使いです。  これはフィルターで有名なLinkwitz氏が設計した物を忠実に自作された物で、3wayのマルチで駆動しています。下の2つのユニットはウーファで向きが逆ですが逆相駆動なので出音は同相になります。  チャンデバはBHERINGERのDCX2496を使用(別途SRCも使用)でアンプはマルチのAVアンプをうまく活用して3chのマルチをコンパクトにうまくまとめています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/22 10:22
DCX2496内蔵リニア電源(その1)
 懸案のBEHRINGERデジチャンDCX2496の内蔵リニア(トランス)電源を検討しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/10/20 11:00
I氏来訪
 友遠方より来る、また楽しからずやというわけで、I氏が遠方から拙宅にお見えになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/17 19:09
TotalMix
 REM社のインターフェース用のソフト(TotalMix)が更新されて良くなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/16 22:20
Y氏宅訪問
 古くからお付き合いのあるY氏宅に始めてお邪魔しました。Y氏は目白の閑静な住宅街のマンションにお住まいでオーディオはリビングにセットされています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/10/11 21:54
PCオーディオの要因分析(その1)
 改造SDTransと自宅PCオーディオの差から、PCオーディオでの音の違いについてはたしてどの構成要素が効いているのか少し調べてみようと思いたちました。まあデータではもちろん示せませんが、聴感でも個別の比較はこれまでもやってきましたが、俯瞰的な比較はあまりやっていませんね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/07 10:40
TIのデジタルアンプ(その1)
 TIのデジタルアンプモジュールが手に入ったので早速電源を作り始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/03 18:13
SDTransへダブルスーパークロック供給
 今回はクロック供給の変更をしましたがちょっと話がややこしいかも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/09/30 09:36
SDTrans比較試聴
 昨日TakeさんがSDTransの改造品(写真右)を持って遊びに来てくれたので、自宅のSDTransと比較をしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/09/23 08:35
SDTrans復活
 大分前からお蔵入りしていた電源内蔵のSDTrans(SDメモリープレーヤ)を折角なので復活させました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/19 09:45
AudioGate V3.02
 公開されて大分たちがますがAudioGateV2.3とV3.02のファイル変換の音質比較をしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 15:54
Myuさん宅訪問
 昨日T氏と一緒にMyuさん宅を訪問してきました。今回はAccutonの太鼓エンクロージャでの装置を一応完成されたとのことで、それを拝見するのがメインです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/31 20:18
ES9019K2M DAC
 今やDACの定番となってしまったES9018ですが、結構チップの価格が高くその点がネックとなっていました。標準品はDACが4出力なのですがパラ使いにして2chにするのが普通で、贅沢に8パラでモノ使いなどもありますがここは普通の2出力でもチップの設計の良さは出るはずです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/23 08:28
sonyのサンプル音源(動画)
 宣伝する気はないのですがN氏からSONYのミュージックビデオレコーダーのHDR-MV1のサンプル音源(画像)が公開されていて小品ながら生録なので鮮度が良いとの情報でした。  そこでいくつかダウンロードしてみて、玉石ではあるのですが演奏もそこそこなので面白いと思い、ご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/07 09:30
手賀沼花火
 昨日は地元の手賀沼で花火大会がありましたので行ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/03 09:26
ES-9018バランス電流出力試聴
 改造したES9018buffaloIIDACを試聴してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/24 09:54
AudioFunさんを再訪
 AudioFunさんのところも落ち着いてきたのでT氏とK氏と共に再訪しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/06 13:30
録音会
 手作りアンプの会、春のお寺大会では今回録音会を開催しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/15 20:01
予行演習
 生禄はその場で色々トラブルが発生しがちなので、必ず事前に本番セッティング通りに設置して録音できるかテストしてみました。テストなのでケーブルのたうっています。(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/13 15:01
WM61Aマイク調整
 週末の録音会に備えてWM61Aマイクの調整をしていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/12 08:44
GPSクロック
 代理購入でGPSレシーバのルビクロックZ3805を入手しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/08 08:31
第9回オーディオ・フォーラム
 先日潟Aコースティックエンジニアリング主催の第9回フォーラムに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/01 08:38
milonさん、audiofunさん、Tさん来訪
 昨日お三方にお出で頂きました。milonさんには初めてお越し頂きました。audiofunさんはこちら。まあ同じ千葉県人なので近いとはいえ、早くから有難うございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/26 08:29
パワーバランス
 自宅のアンプ類のショットですが、どう見てもガラクタの積み上げにしか見えないですね(^^;。 まああまり外観は気にしない方なのですが、ただ積み上げただけなのでは音的にもはあまり良く無いのは解っているのですが、中々奇麗に片付きません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/22 08:10
マルチアンプ・クロスオーバの妙味
 マルチアンプでは帯域分割の遮断特性はなるべく急峻な方が良いと思っていましたが、一律にそうでもないと思えてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/13 23:14
9018DAC HDMI入力
 ESSの9018DA「Buffalo II」のI2Sデジタル入力をHDMIコネクタにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/12 16:30
DACオフセット除去
 P2DDACのバランス出力にDCオフセットがあったので、中音のアンプ入力にはDCカットのコンデンサを入れていました。ようやくDCオフセットを補正する回路を入れたので、アンプの入力のDCカットコンデンサも外すことができました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/09 16:57
DCX比較
 春合宿でDCXの比較をして、結構差が有ることからこちらでも丁度PARC用のDCXを使用中でしたので2台の比較をしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/07 20:31
春合宿
 某所でおなじみの皆さんが集まって恒例の春合宿を行ないました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/04 14:43
I氏、K氏来訪
 連休も始まり、陽気も良くなったので相互訪問にも良い季節になりました。先日はI氏(写真取り忘れました)にも来て頂きましたし、昨日はK氏が試聴に来られました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/02 07:52
HDDバックアップ
 以前から実行しようと思っていたHDDのバックアップがようやくできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/28 08:01
AudioFunさん宅訪問
 エールの4WayのAudioFunさんの所ですが、ラックやウッドホーンの本番セットが落ち着き、今回DEQXの最終調整ということで伺ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/22 09:39
3氏来訪
 デジタル系のノイズ対策後のシステムを何時も3氏(T氏、S氏、N氏)に来て頂いて聞いて頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/17 08:53
PARC2Wayの調整
 PARC鑑賞会用の2Wayですが、色々調整を進めています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/15 20:59
DCX-2496のHDMIデジタル出力
 K氏の協力でBEHRINGERのDCX-2496にHDMIのデジタル出力基板をつけてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/12 16:01
グラボレス音楽PC
 音楽再生には本体PCにはVortexBoxを使用して、コントロールはLANによるサブPCなので、PC本体にはI/Oは付いていませんが、グラフィックボートがまだ残っていましたのでこれも外してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/07 12:45
DACのIV抵抗変更
 MIDのDACに使っているIV抵抗をZ201スケルトン(naked、写真右)に交換しました。このDACはIV抵抗がモジュールになっているので簡単に交換できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/04/05 07:57
PA4525にHDIM入力
 CS4525チップを使ったPA4525にS/PDIFに換えてHDMI入力を付けてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 10:34
HDMI出力USB DDC(その2)
 前回バラックで検証したUSBDDCですが、HDMI変換基板の入手の見込みが立ったので、使えるようにケーシングとバスパワーと外部電源を切り替えられるようにしみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/26 11:30
Y氏訪問
 久しぶりに誘われて遠距離遠征で長野県佐久市のY氏を訪ねてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/23 14:52
ES9018復活
 P2D DACですが、一時外していたDAC−ICのES−9018を復活させました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/22 19:44
多穴フェライトコア
 現用のP2D DACですが、まだまだノイズ対策が足りないことが判明、ボチボチと追加工作をしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/14 21:59
DSD256再生
 先般のDSD-PCMシームレス再生でDSDも再生できることは確認していたのですが、Phile-webでDSD256(11.2MHz)の生データサンプルがアップされていましたので、上手く再生できるか試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/13 18:52
SDTrans384マルチ電源
 SDTrans384はマルチ電源対応できますが、サボって作っていなかったので簡易的にOSCのみ別電気としてみました。それも簡単に内部BATからの給電としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/10 11:55
P2D DAC改良
 MID用のP2D DACですが、ソーラー対応の5V単一電源だったのを±15Vを加えて通常のOPampが使えるように戻しました。というもの5VだとIV変換のOPampに性能の良いものが無く、T氏からP2DのIVはこの辺がネックだと指摘が有ったからです。  つまりP2Dは8TapのデジタルフィルターのみなのでIVにはかなりの高周ノイズが残っています。ここでIVの性能が悪いとノイズがフォールダウンして可聴波帯域を汚すと考えられるからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/06 11:51
HDMIセレクタ
 BDレコーダ導入で紹介したHDMIの切替機は切替.comのYK-SW012_SETを購入したものです。デジタル伝送にはHDCPがあるので、上手く動作するのかを心配しましたが現状問題は無さそうです。音声出力(デジタル)の音質もちょっと硬めですがまあまあ。(もちろんTV等付けなければ音声だけでは出ませんし、SACDも駄目。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/14 11:35
HDM I出力USB DDC
 SDTrans384がHDMI出力のデジタルプレーヤになることは前回述べましたが、もう一つ割と安価に高性能のHDMI出力のDDCを作る方法が有ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/12 12:04
PCM-DSDシームレス再生
 SDメモリープレーヤのSDTrans384は最新版(REV3.23以降)ではPCMもDSDも再生することができます。とはいえもちろん対応するDACとのコンピが上手く合わないと音は出ません。そこでエレアトさんのP2D基板を用いてシームレスプレーヤを作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/07 18:35
プロジェクター復活・レコーダ導入(その5)
 PCチューナによるレコーダを試してみましたが、やはり専用のレコーダを購入しました。機種は前と同じ東芝の新製品DBRーZ410と4in2outのHDMI切替機の組み合わせです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/31 08:32
F氏宅訪問
 先日F氏宅を訪問してきました。アンプを換えられたので3Wayマルチの調整を兼ねて久しぶりの訪問です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/28 11:09
RIAA以外のPhonoEQカーブの補正
 LPの再生はカートリッジ出力のゲインアップとRIAA周波数特性の補正が必要ですが、初期の頃のLPはRIAA規格が確定せずに各社色々なカーブが採用されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/25 08:28
ゴンザエモン邸訪問
 昨日ブログ繋がりのゴンザエモン邸をaudiofunさんとT氏と一緒に訪問してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 08:24
DCX2496デジタルアウト製作会
 手作りアンプの会プロジェクトでDCX2496のデジタルアウト改造製作会を催しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/12 09:38
DCX改版基板でのデジタルアウト
 基板改版されたDCX2496のデジタルアウト改造を確認するために組み付けてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/09 10:43
DCX2496基板改版
 デジタルチャンデバのDCX2496が最近改版され使用A/Dチップが変わってしまいました。AK5393からCS5361に変更されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/06 09:11
光アンプ
 ソーラシリーズも最後はアンプの番です。ついでに手作りアンプの会のお寺大会用に見栄え重視でおバカなアンプを作ってみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/29 11:05
プロジェクター復活(その4)
 スクリーンも張れてビジュアルも楽しめるようになりましたが、映像機器はだいぶ古いし、レコーダのPCM音声は今一つです。新しいレコーダを購入しても音質は?なのでPCを使った録画環境を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/27 10:01
N氏、S氏来訪
 手作りアンプの会のN氏とS氏が訪れて来られました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/08 18:11
ファインメットコア
 最近ファインメットビーズも話題ですが、大型コアを入手したので使い道は無いかと検討した結果ステップダウントランスの電源ケーブルに入れてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/01 10:08
2Way3Way比較
 先月来スピーカを3Wayに更新しましたが、従来の2Wayと厳密な比較はしていませんでしたので、改めて聞き比べてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/15 09:46
S氏宅訪問
 先日1年ぶりぐらいで、S氏のお宅へ伺い聞かせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 20:04
AK−100でDSD再生
 手持ちのポータプルプレーヤのAK−100が今回のファームのVerUP2.30でDSD(2.8MHzのみ)へ対応しました。とはいえダイレクト再生ではなくPCM変換での再生です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/08 10:25
さくどう親父さん来訪
 昨日さくどう親父さんが拙宅を訪れてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/30 08:34
クロックのDDS比較
 ルビジュウムクロックのDDSを変更した新クロックを導入しましたが、自宅では従来のクロックとは周波数が異なるので直接比較はしていませんでした。  今回、従来のクロックも512fs対応としたので直接比較ができるようになり、DDC(UDA基板)のクロックを入れ換えて直接比較してみました。(上が新クロックのモジュールで下が従来クロック) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/25 08:34
ルビジュウム512fsクロック
 新DDSでメインクロックは直接DDSで512fsを生成しての供給になりましたが、比較とバックアップ用に従来の256fsからの2逓倍のクロックも作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/21 17:01
DCX2496デジタルアウトプロジェクト(その3)
 ようやくデジタルアウト基板が動きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/09 18:25
ファインメットコア
 ノイズ対策で良く使うコアですが、これはちょっと変わってファインメットのコアです。これを電源供給線の間に入れて効果を試してみようと言う訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/07 22:43
AudioFunさん宅訪問
 Myuさんの紹介でエールのホーンを中心に構成したシステムのAudioFunさんを訪問しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/06 23:28
DCX2496デジタルアウトプロジェクト(その2)
 デジタルチャンデバのDCX2496にデジタルアウトを付けるプロジェクトですが、ようやくケース加工が済みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 08:20
DCX2496デジタルアウトプロジェクト
 自宅では既にデジタルアウト化していますが、汎用性を考え某会で仲間内のDCX2496のデジタルアウト化プロジェクトを立ち上げました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/27 08:51
PA4525(その3)
 折角のフルデジタルアンプなので、PA4525にデジタル入力を付けてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/25 14:19
PA4525(その2)
 PA4525を藤原さんいう所のマルチファンクションモードで動かしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/12 11:36
PA4525(その1)
 早速、藤原アンプキットのPA4525を組んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/08 15:34
ルビジューム用新DDS
 ルビジュウムクロックもだいぶ使い込んできましたが、今回はFE−5680Aの内部DDS(ダイレクトデジタルシンセサイザー)ではなく、ベースクロックを上げてジッタを削減した外部DDS回路によるマスタークロックを作成しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/05 07:43
最近の購入キット
 最近またポチりました。フジワラキットです。上がデジタルアンプで、下がジッタークリーナです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/02 21:26
ハイブリッドソーラーバッテリーアンプ
 太陽電池パネルを電力源としたシステムの最後はメインアンプですが、これがなかなか難しい。一番電力を使う所なので、そのまま真ともに取り組むとパネルが大型になってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/31 15:57
5V単電源DAC(その2)
 DACを9018から8Tapデジフィル原理基板に換えて省エネを図りました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/24 17:02
ARC2導入(その6)
 ようやくメイン装置にARC2を導入準備が整い、試験運用してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/21 15:10
ソーラーバッティリー(その3)
 ようやく6灯と4灯の比較をしてみましたが、どうも4灯の方が良さそうです。取り出せる電力は4灯で2.7W(500mA程度)6灯で2.5W(450mA程度)でした。(上下CDミラー付き) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/16 09:09
ソーラーバッテリー(その2)
 ミニクリプトン電球の25Wタイプが見つかったので若干省エネ(160W−>150W)を図りながら出力UPを目論んで6灯タイプのソーラーバッテリーを作ってみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/12 11:50
5V単電源DAC
 太陽電池パネル用にと5V単電源DACを作りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/09 11:03
ARC導入(その5)
 ARCの測定は最初のステップでマイクを選択する画面が出ますが、この補正の差分を調べてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/02 09:39
AK-100ファームアップデート
 ホータブルで活用しているSDメモリープレーヤのAK−100ですが、先日ファームアップデートが有りました。今回はAK−100がUSBインターフェースに機能拡張されているのがメインです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/29 11:03
RMEのFaderGrouping
 帯域分割のマルチシステムでは全体の音量調整でマルチチャネルボリュームに良い製品が無いのが問題点になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/26 10:21
ARC2導入(その4)
 前回のARC2検証データがどうも怪しいので(測定時にARCをバイパスさせてなかった?かも)、再度使い方も検討しながら測定し直してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/22 16:07
ソーラー用アンプ
 ソーラバッテリーを某所で再度聞き比べてみましたが、やはり結構従来のトランス電源とは大分違う様です。すっきりとしてキレの良い音は好みなので、できれば雪まるださんの様にフルソーラシステムを目指してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/19 17:01
USB アイソレータ
 何遍かトライしているUSBアイソレータですが、たまたま思いついてDCX2496のリモートケーブルに入れてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/16 09:33
DCX2496 フルアウトプット
 DCX2496改造デジタルチャンデバは当面ステレオ2ch分しか使っていなかったので、HDMIのデジタルアウト基板もその分しか搭載していませんでいた。  まあその内にフル装備にするつもりで、後は基板だけ載せれば良い様に既にケースなどの準備はできていたので、今回ようやくステレオ3ch出力できるように基板追加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/15 20:02
ソーラーバッテリー
 雪まるださんの所でソーラバッテリーを使っているシステムが面白かったので、SDTrans用に5V用ソーラー電源を試作してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/07/11 10:16
ARC2導入(その3)
 音響補正ソフトARC2を動かしてみて、色々試行していますが、その結果を確認してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/08 08:23
ARC導入(その2)
 ARC2には添付のマイクがありますので特性を調べて見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/05 08:07
ARC2導入(その1)
 室内音響補正ソフトのARC2を導入しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/02 08:42
PCソフトでマルチ
 PCオーディオでインターフェースが多ch出力対応だと、これだけでPCで帯域分割をしたマルチチャネル再生ができないかと思うのですが、foobar2000などでプラグインが有りますがあまり一般的ではありません。そこでVSTプラグインを使ったマルチを試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/26 09:49
サブシステムにDEQX
 メインの方はアンプが固定ゲインでDEQXの組込調整が難しかったので、和室の方にサブシステムを組んでそちらに入れてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/31 10:58
ローノイズレギュレータ
 最近話題のTI社プログラマブルレギュレータ(TPS7A4700)基板が秋月から販売されていましたので入手してみました。値段は@1200円です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 19:05
OmniMIC 歪率データの検証
 OmniMICで色々歪率測定をしていますが、どうも低音の歪率が今までのイメージより少ない感じがして、少し検証してみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/20 16:14
DEQXの中身
 ちょっとDEQX HDP3の中身をのぞいてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/16 09:47
DEQX再挑戦
 以前、ちょっとかじってみたDEQXですが中々とっつき難くそのままになっていましたが、ユーザのお友達もできたのでマルチで本格的に再挑戦してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/29 20:19
Bug Head
 某所で話題になっているWindowsプレーヤソフトのBug Headを試してみました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/19 17:18
DAC保護回路
 D2S基板を使用したDSDマルチDACもようやく対策の目処が立ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/28 08:35
アチョ〜
 新DACの電源OFF時のオフセット電圧に気が付かずツィータを飛ばしてしまいました。オーマイゴット! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/25 09:21
P2DマルチDAC(その3)
 ポストフィルターをきちんと装備してD2SDAC+DCX2496改がようやく出来ました。使用したOPampはMUSES02を使い、バランス出力はポストフィルター後に反転アンプを付け足しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/24 22:17
そこを何とか
 半分諦めかけていたのですが、BEHRINGERのグライコなども同じかどうか調べている内に、ノイズをもっと定量的に記録を残そうとちゃんとしたポストフィターを噛ませて調べてましたら少し様子が違ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/21 12:00
残念な結果に
 改造デジタルチャンデバとD2S基板によるDSDDACのマルチですが、結果として僅かな微小ノイズが消えず自宅では使えないことが判りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/20 16:46
簡易2Way
 折角の新しいチャンデバが出来たのですが、デモをするマルチ対応スピーカの良いのがありません。そこで以前対向型で作ろうと目論んでいたスピーカがペンディングになっているので簡易型を作成してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 08:34
P2DマルチDAC(その2)
 マルチDAC、まだ完成とはいきませんが、一応音出しができる所まで来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/10 15:16
P2DマルチDAC
 チャンデバも完成したのでペアになる本番DACも作成中です。  シコシコ準備を進めていたお陰で、ケース加工もチャンデバ完成に押されてようやく終わりました。一部部品も取り付け始めています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/08 09:25
DCX2496改造版
 デジタルチャンデバが完成したのでその音の検証をしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/03/06 17:02
DCX2496改造版完成
 大分遅くなってしまいましたが、デジタルチャンデバのDCX2496改造版が出来上がりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/05 23:39
VortexBox(その6)
 VortexBoxが調子良いのでメインにできないか色々トライしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/06 18:15
SDTrans384リモコン化
 SDTrans384もメモリープレーヤとしては音の良さからお勧めなのですが、普通のCDプレーヤと違ってリモコンが無いので、使い勝手としてはもう一つと思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/04 10:58
VortexBox(その5)
 久しぶりのVortexBoxですが、最新のVer2.2にアップしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/03 10:01
DCX2496のケース改造アルマイト仕上げ
 先日加工に出していたシャーシのアルマイト加工が上がってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/25 17:31
SDTransルビクロック専用化
 以前もSDTransのクロックのルビ化は試したことがあるのですが、その時は自動切り替えにこだわり過ぎ、切替回路の為に音が良くなくなっていたことが判り、やめてしまいました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/20 16:31
DCX2496の改造ケース加工完了
 完全に復調とはなかなか行きませんが、ぽちぽち工作を進めています。チャンデバのケース加工がようやく終わりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/12 08:20
PCM2DSD DAC(その5)
 この所頚椎の影響で右手が痛みしばらくは工作は中断中です。しょうがないのでお正月休みに掛けて、ゆっくりするしかないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/27 17:18
PCM2DSD DAC(その3)
 色々な所でこのDACを聞いていますが、M氏のところで丁度AITLABの同じようなDSD変換DACの試聴機がありましたので比較して聞いてきました。(写真ボケボケですみません) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/10 21:10
PCMtoDSD DAC(その2)
 相変わらず三土会に発表前の組立でバタバタですが取りあえず動きました。まあ基板単体ごとでは動作確認していたので、後は電源と接続だけだったはずなのですが、結構これが色々モードが有って組み合わせ等の検討や組み立て作成に時間がかかってしまいました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/07 10:04
PCM-D50
 ひょんなことからSONYのポータブルレコーダのPCM-D50を入手しました。5年も前の発売ですから、今となってはスペック的にも大分見劣りしますが、内容的にはまだまだ充分使えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/02 09:20
PCMtoDSD DAC
 デジタルチャンデバDCX-2496の改造も取りかかっていますが、その前にPCMtoDSD基板を使ったDACの方が先に組み上げた方が良さそうなのでこちらを優先的に作業を進めていますが、まだ1台目のケース加工が終わった所。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/29 21:04
DAC9018Sの組立
 PCMtoDSD基板の導入の為にまずDAC基板を組み立てました。これは藤原さんのDAC9018Sで今年初めにDCX2496の改造用に購入してあったのですが、色々な目論みで計画していたのですが中々取りかかれなかったのです。  なるべく滞留品は無くすように、買う時は注意しているのですが難しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/24 12:24
VortexBox(その4)
 前回VoyageMPDにはもう一つだったVortexですが、電源が弱かったので1次側出川式のPowerTap(右下のプラボックス)を付けてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/20 11:34
PCMtoDSD基板(その2)
 先日入手したPCMtoDSD基板ですが、やはりどんな音か聞いてみたくて早速バラックですが試聴してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/18 13:34
PCMtoDSD基板
 待っていましたエレクトロアートさんのPCMtoDSD基板を入手出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/16 09:47
光-同軸変換アダプタ
 AK100のデジタル出力は光のみなので、DAC等とつなげるのにどうしても同軸への変換アダプタが有った方が便利です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/05 17:43
AK100
 予約してあったSDメモリープレーヤを入手しました。iriverの製品ですが、「Astell&Kern」ブランドで高級路線の最初の物のようです。アルミへアラインのケースに前後カラス仕上、黒で固めたパッケージも中々凝っていてそれらしい雰囲気が出ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/01 14:16
秋のヘッドホン祭り
 萌え系ブログに転向したわけではありません(^^;。秋のヘッドホン祭りに行ってきましたのでそのリーフレットです。開催は今日までですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 08:47
VortexBox(その3)
 CPUがatomでは流石に物足りないので、音楽用にもう一台ハイパワーマシンを作ってVortexBoxをインストールしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/05 10:54
スピーカ再生技術研究会オフ会予告
 MCAPを提唱されている鈴木さん主催のスピーカ再生技術研究会でオフ会が10月7日(日)に開かれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 08:50
Vortexbox(その1)
 自宅のメインはPCですが、voyageMPDはなかなか取り扱いが面倒なところもあってどなたにもお勧めというわけにはいきません。そこで前から気になっていたVortexboxというソフトを試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/09/10 11:10
WaveSpectraによる歪率測定
 以前にも紹介したかもしれませんが、最近はアンプの歪み率などをefuさんのソフトを使って測定しています。写真の左側に隠れて見えるのが発振器ソフトのWaveGene、右側がスペアアナソフトのWaveSpectraです。 今はPCのオーディオインターフェースのREMのMultifaceをつないで測定しています。まあそれでもループバックの残留歪みは1kHzで0.003%ぐらいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 16:23
ルビクロックの接続とSATRI-UL
 A/D変換のFireWire400にルビのワードクロックを繋いでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/29 11:19
LV1.0試聴
 トラ技企画のUSBDACアンプですが、来訪のN氏に持ってきて頂いたので自宅で試聴してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/13 09:34
CDTのクロック聞き比べ
 CDT−1010のクロックを外部かの入力に変更しましたので、簡単に外部のクロックを切り替えて試すことができる様になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/08 17:25
銅版CDTメカ交換&ルビ化
 自作銅版CDトランスポートが音飛びする様になってしまったので、メカ交換をしました。開けたついでにクロックを外部ルビジュウム対応に変更しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/27 09:31
トラ技オフ会
 昨日のトラ技オフ会という会合に参加してきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/05 09:32
Antelope Audio OCX
 ルビクロックのテストでAntelope Audio OCXをテストする機会があったのでこの機種の特徴である外部のアトミッククロックの同期機能を試してみることになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/28 10:37
USBアイソレータ
 メインの音楽再生用コンピュータには原則的に何もつながない方が良いのでディスプレイは勿論、マウスもキーボードも外した方が良いと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/13 11:03
お年玉
 新年のお年玉で初めて有名な藤原さんのDAC基板を購入してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/02 10:34
電池アンプ最終仕様
 結局デジタルアンプは音を聞くとやはり出力フィルターが有った方が落ち着いた音がするので外付けすることにしました。無くても動作はするのですが、ちょっとハイ上がりの音になってしまいます。追加のフィルター他のデジタルアンプのフィルターを借用しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/28 20:11
単3一本で1W?
 手作りアンプの会、お寺大会の課題は電池アンプですが、省エネもあり電池一本でのアンプ再生にチャレンジしてみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/26 10:24
TS-DA01 デジタルアンプ
 VICSのデジタルアンプが壊れてしまったので、簡単なテスト用にとデジタルアンプを作成しました。とはいっても秋月のキットを買ってきただけなのですが、こちらはTIの外付けLCフィルタレスチップ(TPA2001D1)を採用しているアンプです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/23 11:20
DSD Recorder比較
 某所でKORGのDSD Recorder上位機種のMR-2000Sを試聴する機会がありました。ついでにElectroArtさんのUDA基板を拡張した自作のDSD Recorderと比較試聴してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 09:00
Windows版UDAPlayer
 N氏のDSDも再生できるUDA基板用のWindowsプレーヤソフトのUDAPlayerがβ4とバージョンアップされているのでちょっと試してみました。使用OSはWin7Ultimate32bit版です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/13 08:19
DCX-2496デジタルアウト(その3)
 DCX-2496にようやく同軸出力の配線をしました。外付けBOXで加工を簡略化したのですが、その分配線が面倒になってしまいこれならケースに穴をあけた方がストレートに出てよかったかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/21 16:54
DCX-2496デジタルアウト(その2)
 動作は光の方で確認してありますので早速同軸の送り出し回路も付け加えました。外付けBOXは写真のように脇につけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/18 20:31
DCX-2496デジタルアウト
 BEHRINGERのデジタルチャンデバDCX-2496ですが、出力にS/PDIFのデジタルアウトを増設してみました。ネットでは増設基板キットや完成品も売られていますが、まあ割と簡単なので変換基板とユニバーサル基板で作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/17 20:43
マルチアンプシステムでの極性確認
 マルチアンプシステムでは構成が段々複雑になるにつれ、各チャネルのデバイダ出力やアンプ、スピーカの極性確認が重要になります。勿論、この極性がどうなっているかによってチャネル間のつながりに重要な影響が出るからです。  普通のステレオだとまあ左右の極性の違いが問題になるくらいですから、その真偽は聴感でも解り易いですし、それほど問題にはなりません。ところがマルチアンプだと構成要素の複雑さがチャネルが増えるにしたがって加速度的に増えるので官能ではそう簡単に判別することができなくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 22:09
DCX-2496のリモートソフト
 BEHRINGERのチャンデバDCX-2496にはRS-232Cでコントロールするリモートソフトがあるのは知っていましたが、本体側でも操作できるので今まではあまり使いませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 23:13
DENON2wayマルチ駆動
 以前に作った2wayスピーカをネットワークからマルチアンプ駆動に改造しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/05 19:23
パルストランス
 MJ誌10月号で柴崎さんが紹介していたパルストランスを試してみました。海神で販売していましたが、3種類の内103は欠品でしたので、従来付いていたものと101、102の比較となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/28 09:09
DCX2496クロック交換
 BEHRINGERのデジタルチャンネルデバイダーDCX2496のクロックを高精度低ノイズの水晶発振器に交換してみました。  DCX2496はデジタル入力の初段にサンプリングレートコンバータのCS8420が入っていてすべての入力を96kHzfsに変換してフィルター等の演算を行っています。  その時のSRCの読出しクロックが256fsの24.576MHzのクロックで、これが最終的なDACもこのクロックに基づいて出力される肝心なところなので、これをNDKのものに交換したわけです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/24 16:16
ディスクリートDACにサンプルレートコンバータを入れる−2
 前回の階段状になっていたディスクリートDACの出力波形のスペクトラムをとってみました。同様に比較できるようサンプルレートコンバータ(SRC)入りの場合の波形のスペクトラムもとりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/16 16:25
ディスクリートDACにサンプルレートコンバータを入れる
 U氏設計のデジフィルレスR-2Rラダー型ディスクリートDACですが、やはり音がちょっときつめに感じられたので、折り返し雑音の除去にデジタルフィルターを入れてみたいと思っていました。ですが、最近のデジタルフィルターはDACに内蔵されてしまうのがほとんどなので最新スペックで単独のものがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/05 15:22
fildelizer
 もうすでにあちこちで話題になっているWindowsOSのチューンナップソフトですが、最近Windowsとは疎遠になっていたのであまり試す機会がありませんでした。そこでM氏のところへ伺った折に最新のV2.1を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/29 08:59
13cmウッドコーンSPデモ
 AAFC定例会でスピーカ再生技術研究会でも発表したPARCのウッドコーンSPをデモしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 10:12
サウンドトラックLP
 某会のオークションで落としたリーダーズダイジェストのセットLPでRCA製作の10枚組みです。内容は50年代以前のいにしえの映画音楽ですが、この頃は今でもよく聞かれる名作揃いで、8割がたは聞いたことがるような曲ですね。発売はおそらく60年代だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/15 20:20
Olive3HD,4HD試聴
 今日は某所でOlive3HD,4HDを聞いてきました。これは一体型ネットワークオーディオというかPCオーディオのようなもので、内蔵CDトランスポートを備えリップからDACまで一体に入ったオーディオ機器です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/09 20:08
SabreDAC評価ボードバランス電流出力
 ES9018Buffaloバランス電流出力に引き続いてSabre32DACの評価ボードも電流出力化してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 17:19
ノートパソコンの余生
 某氏がもう使えそうに無いから捨てるというのを聞いてもったいない無いともらってきたのがこれ。富士通FMVのLOOXT 9/80Wです。発売は9年前かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 22:12
デジタルプリ
 DACのデジタルボリュームのためにデジタルプリを考えているのですが、それに使用しようと考えているチップがこのDDX-8001です。0.5mmビッチの64ピンなので変換基板に付け使用します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/28 22:56
24bitディスクリートDACミュート追加
 曲の切替り毎に激しいノイズが入るのでは流石にオチオチ聞いていられません。早速ミュート回路を追加しました。  各出力をリレーでショートするタイプで、正常時のみオープンにしています。これだと電源ON/OFF時のミュートにもなります。というのも電源OFF時には正負電源電圧の低下が不ぞろいなので、出力にオフセットが出てしまうのです。その点もついでに対処しようというわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/22 17:56
24bitディクスクリートDACバランス化
 もう4年も前になりますが、U氏設計のデジフィルレスのR-2RディスクリートDACを2ch分製作してマルチ用にと考えていましたが、結局そのままお蔵入りになってしまっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/19 18:35
ディスクリートI-V回路(その1)
 DACのI-V変換はOPampでも良いのですが、もうひとつというところもあってディスクリートで組んでみました。使用素子は汎用のトランジスタですが、結構素子数は結構多くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/13 19:25
ES9018Buffaloバランス電流出力
 ESSテクノロジー社DACチップ搭載のBuffalo基板を使ったDACは、今までバランス電圧出力を出せるようになっていましたが、アンプ系の電流バランス入力に合わせて電流出力タイプに変更しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/06 12:14
UDA基板fs表示と外部クロック
 UDA基板もXplayでファームを替えずにClass2のDSD再生ができるようになったので、簡単にできる再生ファイルの種類も増えました。そこで新しい方にも現在の再生fsが解るように表示をつけることにしました。    DSDも含めて8種類はちょっと多いので表示も見易く工夫しようと思いましたが、結局従来の延長でLEDを8個付けただけで済ませてしまいました。  その代わりといっては何ですが、ルビジュウムの外部クロック端子をつけました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/03 11:51
XPlay(UDA基板:class2)
 引き続きN氏とElectroArtさんのコラボ第2弾、XplayのUDA基板Linux版を試してみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/30 11:32
SDTrans384
 SDmemoryPlayerのSDTrans192がファームバージョンアップでSDTrans384になりました。そう、正式に384fs32bit対応になったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/27 17:24
UDAPlayer(class1)
 N氏とElectroArtさんのコラボでUSB Dual Audio(UDA)基板を使ってUSB AudioClass1でもDSDを含めたマルチフォーマットの再生ができるようになったというので、早速試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/26 15:22
MIC統合校正
 CLIOが使用できたのでEathworksM30、OmniMic、CLIOmicの3者を比較してみました。とはいえそれぞれシステムやインターフェースが違うので以下のようにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/25 10:35
SDTrans192 2号機作成(その2)
 SDTrans192の2号機の内部配線組み立てが終了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/12 09:48
SDTrans192 2号機作成(その1)
 マルチ電源まで色々試してみたSDTrans192ですが、やはり使い勝手の良さでポータブルで使う場面が多くなりそうです。そうなると前のケースではちょっと大きいですし、折角外部電源にするなら更に強力なものにしたいと思います。そこでケース内蔵マルチ電源は諦め、ぎりぎりの大きさのケースを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/01 21:09
SDTrans192Ver3.0 ルビジウムクロック
 SDTrans192ですが、マルチトランスにまでしてみて情報量の多さは著しく改善されましたが、好みで言えばもう少し低音の重みと全体の張りが欲しい所なのでクロックを外部のルビジウムからの供給にしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2011/05/26 22:03
USB Dual Audio ケーシング
 USB Dual Audio基板をバッテリー駆動とパスパワーの切替を付けてケースに入れました。これでようやく普通に使えるようになりました。流石に基板単体では取り扱いに注意が必要で、そのままでは実使用上では問題があります。ケースは薄型のタカチMB-53を使用しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 14:35
USB Dual Audio バッテリー駆動
 本命のUSB Dual Audio基板のバッテリー(eneloop)駆動を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 10:02
SDTrans192電池駆動
 停電対策もあり秋月でeneloopタイプの低自己放電2次電池ReCyko+を購入してあるので、これでSDTrans192を動かしてみようと実験してみました。  このタイプは1本の電圧が1.25V程度なのでちょうど4本で5Vになりレギュレータも不要でもうまい具合に使えます(一応使用にあたっては電圧管理はしてくださいね)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/25 09:57
SDTrans192 vs miniITXvoyageMPD
 前回はSDTransも電源が出来たてということもあり満足のいく結果ではなかったので、その後エージングもかねて少し使い込んで再度miniITX基板のvoygeMPDとも比較試聴してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/22 12:13
ノイズフィルター
 K氏という方から写真(上)のようなノイズフィルターをお借りしました。  GHz帯までのアイソレーションと余裕のある電流容量の素子を使った点が特徴とのことですが、比較に自作の通常のノイズフィルター(写真下)や絶縁トランスなどと合わせてちょっと試してみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 23:01
SDTrans192Rev3.0 マルチ電源
 諸般の事情で延び延びになっていましたが、ようやくSDTrans192をマルチ電源化することができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/14 20:49
金岡淳子・池本和憲DynamicDuoコンサート生録
 先日大泉学園のゆめりあホールで、表題のデュオコンサートをI氏のお手伝いで生録してきました。金岡さんは以前から聞かせて頂いているソプラノさんで、今回もオペラを中心にダイナミックな歌を聞かせていただきました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/09 08:29
DEQX(その2)
  DEQXによるスピーカの特性補正機能を少し試してみました。今回は一番簡単にシングルアンプのシングルスピーカ(マルチウェイ)の補正のみの実験(デジタルチャンデバは使わない)で、入出力ともデジタル(S/PDIF)接続で行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/06 08:32
DEQX(その1)
 以前から注目していた音響補正機能を持ったDEQXを某所からお借りすることができました。これは周波数特性を通常のデジタルチャンデバなどのパラメトリックやグラフィックイコライザなどのゲイン調整による補正ではなく、インパルス応答の逆関数を導き出して、ゲイン位相込みで補正するという高度な補正機能を持っているのが特徴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/28 16:10
DIGCHECK
 PCオーディオも全面的にVOYAGEに変更することにしたのですが、サブPC用のUSBインターフェースが足りないので標準的なBBのIC(PCM2704等)のも使ってみました。  この石は48kHzfs16bitまでのはずなのですが、データはハイサンプリングでもVOYAGEだとちゃんと音が出てくるので結構使えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/22 16:06
mini-ITX VoyageMPD
 mini-ITXのD945GCLF2Dも一応ケースに入れてみました。全体がローコスト狙いなので岡谷エレクトロニクスの電源付きケースMX1202を購入してみました。215Wx323Lx130Hと結構小型です。    電源(200W)付きでも6千円でおつりがくるローコストケースですが、結構良くできています。自分で作るとこう綺麗には行きませんし、この値段では難しいですね。それに専用電源も付いているなんて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 22:31
SDTrans192 ファームVerUP
 最近発注待ちの方にも大分配布されるようになったようで、あちこちで入手の声がありご同慶です。そちらの方は既にファームVerUPされているとは思いますが、私の方にもお知らせが来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 08:27
voyageMPDのクライアント(その5)
 VoyageMPDのクライアントソフトですが、sonataはLinux系なのでGMPCをwinXPのノートに入れてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/21 23:12
voyage MPD miniITX編(その4)
 voyage MPDのハードでの違いを見てみようとminiITX(Intel D945GCLF2D:Atom Dual Core)のシステムにほぼ同じ条件でインストールしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/18 15:37
voyage MPD(その3)
 ようやく話題のvoyage MPDがクライアントとのネットワークで本格的に動かす事ができました(最新版0.7.0)。や〜道のりは結構長かったですが、最後はあっけなく動いたという感じでやはりLinuxに慣れるまでが勝負という感じでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 18:51
無線LANアダプタの電源
 オーディオ用PCのリモート接続に無線LANブロードバンドルータを流用しているのですが、この電源、元は小さななSW電源アダプタが付いていて当初は何気なくそのまま使っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/13 10:10
チップ水晶発振器の実装方法
 NDKの低位相ノイズ水晶NZ2520SDは安価で高性能と自作派には必須アイテムですが、何せその小ささ(2.5x2.0mm)は涙ものです。取り扱いも周囲を整理しておいて飛ばさないようにそっと扱わない、直ぐにどこへ行ったかわからなくなほどです。  ですので半田付けも容易でなく、ノロノロやっていると鏝の熱で直ぐにお釈迦になります。そこで自前の確実そうな実装方法のご紹介をしてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/02/10 08:40
alsaplay
 linux(ubuntu)の再生ソフトとしてはaplayが基本ですが、こちらは24bitフォーマットしか対応指定していませんので、ElectrArtさんも紹介されている様にN氏にaplayexという16bit対応のソフトを製作して頂いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 08:26
デジタルオーディオ信号変換器
 古いCreativeSoundCarの付属品でS/PDIFとTOSLINKの外部端末が遊んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/02 07:35
SDTransRev3.0ケーシング
 SDTransですが昨年末に頂いてからPCの方で手が付かず、そのままになっていましたが、ようやくデザインをまとめてケース加工まで済ませました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/01 17:24
aplayex64
 ElectrArtさんのところでも紹介されているubuntuのbit perfect再生のaplayに代わるaplayexですが、どうも私の64bit環境では動きませんでした。その辺は互換性が無いようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/23 13:54
サブPCにMONA
 メインができたのでAMDの640はサブとして組んでおくことにしたが、適当なオーディオインターフェースがありません。  勿論内蔵のHDオーディオでもデジタルアウトはあるし、ハイサンプリング対応で良いのですけれどなんとなく食手がうごきません。(まあこれも一度試してみなければいけませんね)  外付けで良いが無いかと、手持ちの古いものを探してみるとECHO社のMONAが有りました。とはいえもうだいぶ古いモノなので動くかどうかが心配です。特に対応しているドライバーが望み薄のような気がします。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 11:24
オーディオ用ハイスペックPC(950編)
 自前用のハイスペックPCをそろそろ作らねばと思い、色々組み合わせを考えていました。今年に入って新型のSundyBridgeが出荷されたのでそれも考えましたが、やはりできるだけハイスペックをということでLGA-1366ソケットでトリプルチャネルメモリの950にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/20 20:33
USB DUAL AUDIO基板ケーシング
 USB DUAL AUDIO基板も使う環境が固まってきましたので、ケースに入れて使い勝手を良くする様にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/13 08:51
USB DUAL AUDIO基板(Ubuntu英語版64bit)
 新Firmで早速Ubuntu英語版64bitを試してみました。Windowsでも英語版の方が軽くてよいと聞いたこともありますし、64bit版で少しでも速い?かなと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/11 22:13
USB DUAL AUDIO基板(FirmVerUp編)
 USB DUAL AUDIO基板ですが、ubuntu対応カーネルコアをN氏にアップして頂きましたが、見かねたElectrArtさんが本体Firmを更改していただき、素のubuntuでも修正パッチを当てることなく問題なく動作するようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 10:38
オーディオ用ハイスペックPC(BP編)
 丁度バクーンプロダクツのSATRI-CLUBで永井さんのMusicPCの巡回がありましたので、試聴にお借りしてみました。  中身は今構築中のPCと同じi7の800番台系のWIN7で狙い目はほぼ同じだった様です。使用部品は特に変わったところは無さそうですが、マザーはかなり手を入れられているようなのでこの辺が特徴かも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 08:41
USB DUAL AUDIO基板(Linux編-3)
 Linuxでもリモートデスクトップが使えるようになりました。コントロールする側はLinuxでもWindowsでも可能です。写真はWIN7-64bitでvncviewer_64というフリーソフトを使ってリモートデスクトップ接続にしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/03 10:38
USB DUAL AUDIO基板(Linux編-2)
 USB DUAL AUDIO基板のLinux(Ubuntu)での利用はカーネルコアの公開をElectrArtさんから許可をもらえましたので、まもなくN氏より公開されると思います。始まりましたら、こちらでもご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 15:34
USB DUAL AUDIO基板(Linux編-1)
 懸案のUSB DUAL AUDIO基板がLinux(Ubuntu10.10)からのアイソクロナス転送(アシンクロナス)モードで音出しができるようなりました。アプリケーションにもよりますが、AudioClass2で192kHzfs 32bit(訂正:実質は24bitだそうです)ファイルまでの再生が確認出来ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/12/28 19:34
オーディオ用ハイスペックPC
 最近PCによるデジタル再生に拘っていますが、今度は(まだ上はありますが)一応ハイエンドスペックともいえるPCをお借りすることができたので色々試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/12/27 12:55
PC電源強化3
 新オーディオ用PCですが本体のマザーにはまだ何も手を加えていません。そこでこれも電源増強の一環としてマザーボードにコンデンサを増強してみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 13:37
SDTrans192 Rev3.0 入手
 既に発注していたSDTrans192の製品版がようやく届きました。音質面の改善と新たに加わった機能が好評らしく、まだ大分受注残があるようですが第一ロット?を頂くことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/22 17:18
USB DUAL AUDIO基板(その2)
 ElectroArtさんのアイソクロナスモードのUSB DDCですが、Linuxに色々試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/20 13:09
USB DUAL AUDIO基板
 Linuxを本格的に進めるにしてもやはりネックは今のところ私が汎用のUSB DDCを持っていないことでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/15 19:35
voyage MPD
 VoyageMPDというのはローカルでちょっと話題になったLinuxの音楽専用ディストリビューション(OS)というものです。  これを使って何とか再生までたどり着きました。とはいっても私はLinuxド初心者なので勿論一人ではできませんでしたので、プロのN氏に手取り足取り助けて頂きました。>ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/12 11:33
リモートデスクトップ接続
 最近のPCで私はあまり使っていなかった機能でリモートデスクトップとういうのがあります。LANでつながったPCから他のPCに直接入り込んで使うといったもので、ターミナルソフトのような感じでしょうか。最近はネットワークプレーヤ(PC)などを無線LANのPCでコントロールするなど(ちょっと内容は違いますが)はやりのようですし、色々試してみるのも面白そうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 18:37
PC電源強化2
 KEIAN電源はソフトな音になったのはよいのですが、どうも芯が抜けてしまったの様な音のに思えて気ました。戻ってX31と比べてみても、ちょっとという感じで細かさはあるのですがボケている様にも思えてきました。そこで元気のある元の剛力2電源も改造して比較してみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 22:48
PC用電源
 新PC用に使った部品も性能的なスペックを満たしているとはいえ、各部品は価格からいってもそれこそピンからキリまであります。それらを全部を比べるわけにもいきませんが、それなりに影響がありそうだという予感はありました。  たまたまATX電源も(どちらも格安ですが)2種類有ったので、取り替えてみると当然?ながら結構音が違うのに気がつきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/25 18:05
PCオーディオパソコン交換
 PCオーディオではドライブするパソコンのタイプと性能についてどういうものが良いのかは未だよく判っていません。今までは手軽さとノイズの点からも良さそうなノートパソコンを使っていました。それでも機種を替え、OSをバージョンアップする度に音が変わります。  CDレベルの再生だけを考えればそれほどCPUの能力は要らないので、ノイズ的にはクロックや処理能力も控えめでよいと思っていたのですが、最近色々と聞くとそうでもないだろうという意見もあります。やはりオーディオは聞いてみなければ判らないということ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/22 20:09
SDTrans192新旧
 Bunpeiさんのお陰でSDTrans192Rev3.0を長期間お借りでき、ゆっくり聞くことができました。途中でクロックの変更などがあったりして少しつづ印象が変わったのですが、まとめておきましょう。  比較の前作のSDTrans192Rev2.1はNDKのNAS3446Cに換装した水晶での試聴にしました。接続はS/PDIFです。自宅以外でも2,3箇所で比較してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/16 07:47
SDTrans192Rev3.0ルビジウムクロック
 SDTrans192のクロック分離機能を利用してルビジムクロックを逓倍して入れる回路を作成してみました。実は写真の回路は冗長な回路だったのですが、とりあえずテストして見ることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/11/10 19:41
SDTrans192Rev3.0
 ちあきさんのSDmemoryPlayerのSDTrans-192ですが、既レビジョンの製品が製造終了しここしばらく改版中ということでした。それがようやく新バージョンのRev3.0ができたということなので、早速聞かせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 08:38
AudioGateがフリーに
 KORGのDSD変換プレイソフトとして有名なAudioGateがVer2.1となって11月15日からフリー化されると発表されました。  従来からDSD関連のソフトとして高音質で便利なため重宝していましたが、最初に本体のアクティベイションが必要なためあまり一般的ではありませんでした。それが今回(一部制約があるとはいえ)フリーソフトになるのはDSD普及の要となると思われるので、今後に期待したいところです。やはりSONYの様な抱え込み型のやり方では普及しないですからね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/07 09:07
TOS-S/PDIF変換
 以前作ったSRCにTOSLINK(光)入力を付けてみました。レシーバはTOREX177ですので96kHzfsまでですが、どのみちSRCがCS8420なのでこれで充分です。(というかTOREX142は今時入手できない) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/06 11:16
USBアイソレータ
 この謎?の物体はUSBアイソレータというらしいです。USBラインを電気的に絶縁してループを防ぐもので医療用にも使われているとか。珍しかったのでM氏からお借りして少し試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/10/17 19:45
MonitorMiniDACの測定
 一応モニター用のミニDACをRightMark Audio Analyzerでテストしてみました。FireWire400のデジタル出力とアナログ入力の間に入れてループバックを測定したものです。DACの総合評価としても速くて便利ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/13 20:31
オーディオコンサート
 先日某所でAAFCのオーディオコンサートがあり、発表者の一端として再生デモをしてきました。当日は生憎の大雨で入りを心配したのですが、結構50名以上の来場があり思いの外盛況でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/11 16:59
ES-9018搭載DAC(ハイエンドショー)
 昨日から開催のハイエンドショーにちょっと寄ってみて、さっと面白そうなのを見ていたところ、TRN社で香港のEasternElectricという会社のES-9018搭載DACを展示していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/09 07:36
モニターミニDAC
 ElectroARTさんのUSBRecorderはLPのDSDレコーディングで結構活躍しているのですが、アナログモニターが無いので録音のたびにメインを立ち上げるのもちょっと面白くありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/08 10:43
FF400DriverVerUP
 最近はアナログ・デジタルともリッピングにかまけています。そこでちょっと遅ればせながらFilreFaceのドライバーがメジャーアップ?しているのに気がつきました。  今は8/23付けで以前の2.9992から3.02になっています。3に上がるのに相当時間が掛かっていたのは、結構問題が有ったからでしょうか。  3になってSettingsの画面のレイアウトも変わりましたが、詳細はどの辺が変更になったかはまだ良く解っていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 12:11
USB-SSD
 SDカードを始め音楽データは固体メモリーに入れたほうが良さそうだとは思いますが、これとてやはりどうも(スピード)クラスによって音の差が出そうです。ま、それ以上にメモリータイプの違いも大きいのではないかと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 20:06
ubuntu事始
 UNIX系のubuntuでのPCオーディオを以前からやってみたいと思っていたのですが、中々きっかけが無くて進んでいなませんでした。そこでI氏にデモをしていただいたのでMB等をお借りして、まずは動かしてみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/04 09:02
FE-5680A周波数切替器の製作報告を受けて
 ルビジウムのFE-5680Aは内部のDDSをシリアル通信で分周比が変えられ、出力周波数が変更できるのが利点のひとつですが、そのたびにパソコンを立ち上げなければならないのは中々面倒です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/02 09:32
Wave File Player
 ワダラボさんというところで開発したWave File PlayerとういうPCソフトを試してみました。最近はフリーでもシンプルなプレーヤソフトも色々出ているようで、外にも試してみたのですがこれが音的には面白いと思いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/29 10:52
ES9018monoConstructionDAC
 TwistedPearのBuffalo-IIボードをmono仕様にして2枚使い、内容的には左右8パラStereoDACを製作してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/08/26 22:57
USBメモリーのSamplitude
 PCオーディオのソフトはSamplitudeを使っていますが、以前はX31のCompactFlashに入れて使えていたのがV11になってからうまくCFにインストールできずHDDからの起動となっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 17:43
UCA202
 BEHRINGERのUSBオーディオインターフェースUCA-202のループバック特性です。今回はサウンドボード評価用ソフトとして有名なRight Mark Audio Analyzerを使ってみました。  MySpeakerなどでも測定値は同じです。ただレベルさえ合わせればボタン一発で測ってくれるのであまり気をつかわなくてもよいのがメリットでしょうか。評価もしてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/17 08:08
録音会
 「クラシック録音Q&A」の録音会にDSDRecorderを持参して参加してきました。最近はちょっとタイミングが合わずに行かれなかったので久しぶりの参加です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 08:25
SONY D50
 ちょっと前の機種だがSonyのD50というPCMレコーダを借りることになった。今となっては特に目新しいところは無いが発売当初はかなりのハイスペックで機能満載の機種だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/03 22:29
牛込オーディオの友の会
 AEDIOさん主催で表題の会に行ってきました。昨日は会員の日でしたが、今日は一般公開で、午後1・30から大江戸線牛込神楽坂駅直ぐの箪笥町区民センター4Fつつじで開かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 09:15
GENDFF
 DSDの標準信号は測定用SACDでも買ってこないと発生器が無いので結構不便になる。Recorderでの録音データでもまあ代用できるが信頼性(歪など)が低い。その辺を考えてElectroArtさんが標準信号(2.8MHzfs1kHz-3dB)発生ソフトを配布しているので試してみた。  ソフトはプレーヤと同じ所にあるので一応Recorderユーザ専用。今回のはラインコマンドタイプでちょっと扱いが違う。WindowsからでもコマンドプロンプトWindowから実行・作成できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/09 11:13
SACDの外付けDAC
 SACDプレーヤのDSD信号をバッファリングして直接外部DACと接続する実験をしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/05 21:58
BaffaloでDSD再生その3
 先の実験の通り3線シリアル出力BitClock,Data1,Data2:DSD(BitClock,LRClock,Data:PCM)をバッファを介して出力するとES-9018でDSDがうまく繋がっているようです。(下段はgigaworksDACの電源を改造、外だしにしたもの) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/03 08:30
BaffaloでのDSD再生その2
 前回ES-9018でのDSD再生がうまく行かなかったのを考えてみると、やはりダイレクト接続の伝送波形がおかしくなっているのだろうと思っていた。今回は手抜きで信号のバッファ出力をDSD1794Aとパラ出ししたのだが、どうもそれが良くないのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/01 21:02
BaffaloでDSD再生
 最近のチップには多いのですが、ES-9018チップのBaffloII DACもダイレクト入力だと通常のPCM以外にDSD信号も受けられるようになっています。USB RecorderでDSDデータが記録再生できるようになったのでBaffaloでもDSD信号を再生してみようとUSB Recorderから4線デジタル出力を取り出せる様に改造してDSD再生を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 21:07
DACのデジタルフィルタ
 BaffloII DACのまとめをしていてデジタルフィルターの切替をいじっているうちに今更ながら面白いものに気がついた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/24 08:44
USB Recorder完成
 まあ何とかUSB(インターフェース)Recorderが完成しました。まだ3,4chのアナログはこれからですが、実質的にはこれで充分。  プリアンプ部は±10dBのゲイン切替をつけてLP(一寸家のは出力が高い)のとCDレベル、マイクアンプレベルにも対応しています。  狙いはDSD録音ですが、割とPCMっぽい感じですが、やはりDSDは良いようです。詳細はレポートをご覧ください。おかげで一連のDACノイズの勉強にもなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/21 17:06
民謡+三味線ライプ録音盤
 先月のお寺大会で会員のツテでアマの民謡グループの方に演奏をお願いした。折角なので何名かが録音、私も録ってCDにして演奏家の方にお渡しした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/20 07:58
SD Trans192電源改造-2
 先の電源改造品を見習って、少しだけ電源を見直してみる。あそこまで3端子レギュレータを交換できないので、簡単にOSコンにフィルムをパラってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 17:14
USB Recorderのケーシング
 ノイズの検討で遅れてしまったが、まずは動作は良さそうなのでケースに入れてみた。今回は再生系も一緒でトップのスイッチで再生機としても録音機としても切り替えられるようにしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 20:08
SD Trans192 電源改造品
 昨日bunpeiさんに自宅へお越し頂いて色々最新の機器を聞かせてもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 08:34
DAC S/N比較
 DACのデータはあまり取ってこなかったのでFF400の測定を機に今まで作ってきたDACのノイズを色々測ってみた。  機種は次の4種類で前回のようにCR2段(fc45kHz)のフィルター有無でS/N比を測定してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 09:31
FF400のノイズ測定
 USBRecorderの評価としてノイズを測定していたが予測ほど下がらないので、基礎的な測定からはじめてみた。 接続の機器からのノイズが大きく電源の取り回しなどでも大きく変化する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/11 22:20
NDK水晶の外部クロック
 NDKの低位相ノイズ水晶NZ2520SDを前のOCXO外部クロックに入換えて、ルビクロックと比較試聴できるような外部クロックにしてみた。残念ながらOCXOとは発振周波数が違うので、そちらとは差換え直接比較は出来ない。  電源はトランス+出川式整流回路でコンデンサも色々たっぷり入っている。周波数はルビに合わせて1/2分周している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/08 21:15
SD Trans192ソフトバージョンアップ
 SDメモリープレーヤのSD Trans-192のソフトが2.21にバージョンアップされた。今回のメインは再生ファイルのタイトル表示がなされたことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/06/02 20:27
Baffalo II トランスIV(番外編)
 ES-9018チップを使ったBaffaloDACだが、H氏がトランスをIVに使ったDACを作ったので借りてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2010/05/30 15:09
FF400のループバックテスト
 FireFace400のアナログライン入出力を(バランス伝送で)繋いでD/A,A/Dの特性の総合特性を調査した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/27 21:38
USB Recorderの初録音テスト
 ElectroArtさんのUSBRecorderだが、周辺回路のチップの入手などで、大分遅れてしまったがようやく組みあがった。まだバラックだが、本家でも録再兼用だと問題が出るとのことでその辺を確認してから、組み込みを考える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/18 15:28
USB RecorderのLEDレベルメータ
 アナログバッファのOPamp入手の遅れで、レコーダ部分の完成が遅れてしまったがようやく本腰を入れて完成を目指したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 19:45
Baffalo II コントローラ(その2)(追)
 Baffalo II だがその後プログラムがほぼ完成したのと、問題があった点の解決を見たので書きとめておく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/08 20:09
NDK水晶vsルビジウム(追)
 ようやくSDメモリープレーヤの水晶をNDKの超低位相ノイズのNZ2520SDに換装して、外部ルビジウムのクロックと比べてみた。  相変わらず小さいので取り付けには苦労するが何とか入れ込んだ。ただ従来の水晶モジュールとは出力インピーダンスが高いのか、少しが外乱には弱いようだ。というのも外部クロックのと切替で、出力を少し内部を引きまわしているのでその影響が出易いからかと思う。まあともかく動作はちゃんとしているので現状問題はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 11:32
Baffalo DAC コントローラ(追)
 BaffaloDAC用のArduinoのコントローラが出来ました。まだ予定のフル機能が実装できていませんが、デジタルVRとダイレクトのフォーマット切り替えが用意できた所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/02 11:10
Baffalo DAC ケーシング
 USBインターフェースに間借りしていたBaffalo II DACをきちんとケースに入れ、別に専用電源と込みでセッティングしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 17:01
NDK水晶入手とテスト
 大分前に発注したNDKの低位相ノイズの水晶発振器が2.5ヶ月かかってようやく届いた。型番はNZ2520SD(発注指定番号SA3449C)というもので3.3V駆動のコントロール付きという機能的には普通のもの。ただし届いてみて始めて実感したのだが最新のチップの為、非常に小さい。まあスペックには確かにサイズ(2.5x2.0mm)は書いてあるが手にとって見るとチップ抵抗並みのサイズで4端子もあるのだからこれは手付けでは難儀しそう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/21 17:25
O氏のDACを聞く
 友人のI氏が紹介していただいたO氏と共に、我が家に遊びに来ていただいた。O氏はついでにと私と同じようにElectroArtさんのUSBインターフェースDACをベースにしたDACを持って来てくれて、色々比較試聴しながらオーディオ談義に花を咲かせた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 19:41
Buffalo II DACを聞く
 届いたES-9018SのBuffallo II DACを早速聞いてみた。IVとポストフィルターはUSBDACのDSD1794A用に作ったものがそのまま使える。ダイレクト入力も備えているのでこちらも試すことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/14 12:58
FireWire インターフェースその2
 TIの本命チップが載った玄人志向のインターフェースボードを入手したので、早速試してみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/12 19:10
FireWire インターフェース
 オーディオインターフェースの接続はUSBが主流だが今使っているのはFireWire400で、こちらはその名の通りFireWire(IEEE1394)での接続となっている。当時はUSBが遅くて満足いくスピードを得るにはこれしか無かった?というかアップル系列のインターフェースの主流だったためにこちらを採用するのが多かったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/10 19:42
Baffalo DAC 到着
 ESSのES9018Sを載せたTwisnted pear Audio のBuffalo DACが到着した。発送先住所の手違いで少し遅くなったので、もう既に届いている人も多いようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 11:38
DSD1794 Direct接続聞き比べ
 フォーマット切り替え付きDACが出来たので次の3つを聞き比べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/07 19:45
DSD1794 Direct接続
 DSD1794AのDACだが、USBインターフェースを使わずに4線シリアルにて、直接接続が出来るようにしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 12:51
DSD1794 Arduino制御 -2
 結構難航したがようやくDSD1794のレジスタ制御がArduinoで出来た。(途中PCM1794とDSD1794を混同したがDSD1794の方が正解) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/04/04 20:08
DSD1794 Arduino制御
 USBインターフェースのDACは単独でも使えるので、マイコンのArduinoによるDACチップのレジスタコントロールをしようと思っている。レジスタがいじれると入力のAudioInterfaceのFormatの選択ばかりでなく、DigitalAttenuationなどの細かいコントロールも出来るので面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 11:30
USB_AUDIO_DAC
 USBオーディオインターフェースとして使い始めたRecorder基板だが、入力系はまだでもDACの方は部品が揃っているので組み立てられる。DAC基板は完成したので、後はI-V変換とポストフィルターだが、本来のレコーダ用にLED基板との切替と外部入力の切替も付けたかったので追加分が増えてしまった。まずは各基板を板の上にバラックで組み上げて音を聞いてみることにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/24 18:47
USB_AUDIO基板
 ElectroArtさんのUSB-Recorderだが本体基板のみでもUSB-audioインターフェースとして使えることに気が付いた。というかI氏からの話で使えることに気が付いたというところ。単体で使うことはまるで考えていなかった。  まあFF400他があるので特に必要は無いのだが、USBオーディオインターフェースは今は手元に無いので折角の機能を試してみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/19 10:05
DSD1794A DAC基板
 大分時間がかかってしまっているがElectroArtさんのUSB-RecorderのDAC基板が一応完成した。一応というのはこれだけでは音は出ず、入力は4線シリアルだしIV変換とポストフィルター部分が必要。更に単独使用だとI2Cのチップ設定の外部コントロールも要る。  蛇足だがこの基板ICは0.5mmピッチのSSOPなので普通半田付けには苦労するのではないだろうか。手半田の場合には半田を全体に流して、後で吸取る(吸取り線もしくは吸取りつき半田ごて)しか方法はないと思う。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/14 07:59
SamplitudeV11にバージョンアップ
 SDメモリープレーヤに押されて後塵を拝していたPCオーディオに活を入れるべくSamplitudeのヴァージョンアップをした。V10ではどうもWindows7での挙動がおかしい点もあり、その対応もある。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/11 15:16
ルビジウム周波数切替器完成
 ルビジウムの周波数切替をAVRのマイコンを使ったArduinoを使って作った。選択表示のLEDをつけて完成。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/10 11:02
Arduino活用第1弾
 DACチップなどのソフトウェア制御のI2CのためにマイコンのArduinoを検討していたが、その後忙しくて出番が無かった。しかし、ようやくArduinoも実用になりそうな応用品が出来たというか、この用途にはマイコンが一番簡単でうまくいくだろうと思って始めたもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/08 21:19
ND-S1のRJ16ダイレクト接続
 ND-S1のOCXOクロックが結構効いていることが解ったので、もう少し音質向上を狙ってデジタル伝送をS/PDIFからダイレクト接続にしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/03 19:00
SDTrans192ルビジウムデモ
 某所でSDメモリープレーヤのルビジウムクロック注入バージョンをデモしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 13:26
ND-S1クロック比較
 久しぶりにND-S1を引っ張り出して、某所で比較試聴しました。外観はまったくそのままの3台なので見分けは付きません(危うく間違えそうになり、裏にテープをはりました)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/31 09:07
SDTrans192外部クロック入力化
 I2S接続のSDTrans192とgigawoksDACはあちこちで試しているがいずれも今までに無い緻密な音と自然なエネルギーバランスで驚きをもって聞かれている。  まだ私自身も聞き込んでいないので現状でも今までのCDなどからは聞けなかった再生音に感心することしきりなのだが、それに更に今回はSDメモリープレヤーの本来の狙いであった、ルビジウムクロック化にするための外部クロック入力端子をつけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 18:20
I2S続編
 SDTrans192で好評だったI2S伝送だが、他のものでも試してみた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/22 16:34
DSD Recorder基板セット購入
 またまたElectorArtさんから、今度はDSDレコーダ基板セットを購入した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/21 20:44
SDTrans192のI2S接続
 SABRE32の時もそうだが、DACチップ直接に3線でデータを送ったほうがどうも音はクリアになるので、私のSDTrans192もI2S出力コネクタを背面に別途設けることにした。ついでに外部クロック端子などもまだ未実装だがケース加工のついでに取り付けておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/18 11:51
SDTrans192ケーシング作成
 購入したSDメモリープレーヤのSDTrans192だが丁度三土会でお披露目用に速攻でケースを作った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 11:28
gigaworksDACその2
 gigaworksDACもそろそろケースが手狭になって、この際出川電源を入れられる様にケース大型を作り替えて、もう少し発展性を持たせるようにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/15 20:40
SDTrans192購入
 昨年末にお借りしたSDプレーヤだが、懸案の外部クロック化も何とか現在の機械でもできそうなので、結局分けてもらうことにした。在庫があったらしくお願いしたらすぐに届き驚く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 20:47
別府ルビジウムクロックその2
 別府クロックはDDSなのでプログラマブルな点を生かして11.2895MHz(256fs)用も作って頂いた。写真はその出力で50Ω負荷時(1V/DIV)だが、なかなか素直な波形になっている。  測定オシロの帯域が40MHzなのであまり立ち上りは綺麗に出ていないが、むしろEMIの観点からもこのくらい高周波になるとそれほど急峻でない方が良いと思う。もちろん44.1kHzの場合は綺麗な矩形波になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/12 09:13
gigaworksDACの192kHzfs化
 以前のgigaworiksのDACだが、色々試してみるとどうも192kHzfsのソースだとノイズが乗ってうまく再生できないことがわかった。よく調べてみるとSRCのCS8421の仕様で、外部クロックがマスターの場合入力周波数の130倍以上のクロックが必要とある。SRC基板の水晶クロックは24.576MHzが付いているので、これでは189kHfsまでしか入力として受け付けないことになり、そのため192kHzfsが再生できなかったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 16:03
別府ルビジウムクロック
 別府さん設計のルビジウムクロック(というかDDS分周器)を試してみた。ルビジウム発振器は10MHzのEFRATOM LPRO-101を使っていて、これを中の基板に載ったAD9912というDDSチップで44.1kHz(矩形波)に分周している。  LPRO-101の電源は24Vなので手持ちのSW電源を使用。発振器の正弦波出力をそのまま真ん中に見える基板に入れる。基板の電源は5VでこれもACアダプタで供給している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 12:19
SABRE32のGUI稼動
 SABRE評価ボードのGUIソフトがようやく動作した。認証やらサポートソフトのダウンロードなど結構動作させるにも手が掛かったがようやく立ち上がる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/05 21:02
SabreDAC評価版試聴
 ESS社の32bitDACチップ、ESS-9018を使用した評価ボードをBunnpeiさんよりお借りして試聴した。このDACチップはSabre32シリーズとして32bit分解能は元より、色々な新機軸をもったチップで面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/03 09:28
SDメモリープレーヤ
 N氏が作っているSDメモリープレーヤをお借りして聞くことができた。これは右下のSDメモリーに入った通常のWAVファイルを読出し、S/PDIFやI2Sで出力するもの。現在の対応最高fs周波数は352.8kHzfsで、この24bitまで対応している点がすごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/29 22:29
SATRI-PhonoEQII完成
 基板は完成していたのだがケースの組み込むまでに少し時間がかかってしまった。配線数はたいしたことが無いが、高密度実装?なので結構組立てに気を使う。  入出力は専用コネクタとしてプレーヤと直結させるつもりだが、汎用プレーヤの使用も考えてRCAピン入力のケーブルも用意している。電源は左右別のデュアル電源を作成予定だが、当面は従来のEQIと兼用で使うつもり。ただしコネクタが違うので先端は2個のコネクタをパラ付けとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/25 17:44
Arduino Pro Mini
 デジタルオーディオも最新のチップは設定が複雑になりだんだんハード設定では間に合わなくなり、ソフト設定の方向に移行している。大体はI2Cと呼ばれているシリアル通信を利用するのだがやはりここはマイコンを使わないといけない。  昔はZ80などをいじった事もあるので駄目ということはないのだが最新のマイコンを零から使いこなすには結構手間で躊躇していたのだが、そうも行かず色々調べてみると面白いものを見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/23 10:53
PC比較(XP vs 7-32bit vs 7-64bit)
 PCのインストールもほぼ済んで一応アプリは大体動くようになった。WIN7はこの点も進んでいてインストールの時間やスムーズさは驚くくらい。以前は1,2時間は掛かっていたように思うがあっさりと入る。64bitでも9割ぐらいのアプリは動くようだ。  というわけでWIN7は64bitと32bit両方インストールしてみた。HDDはプラグインにしているのでHDDの交換で切替は対応している。ハードは同じとはいえHDDのメーカなどは違うが、とりあえず概略的な比較として現行のThinkPadX31(Win... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/21 13:28
パソコン更新Win7-64bit
 長年使っていたデスクトップがご臨終になってしまった。最近調子が悪いのでだましだまし使っていたがやはりもう最後のあがきだったようだ。  もうこのマシンも4,5年になるし、周辺も時代遅れになってきたのでこの際全て更新することにした。とは言っても最強モデルは勿体ないので、MBはミドルレンジの一体型、CPUはAthlonX2の省電力。メモリーも電源も必要最小限でケースは再利用するとハードは2万ちょいで何とかなる。更新も早くすればよかったのだが、費用というより手間の方が億劫でなんとなく二の足を踏ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/19 10:20
Monitor 01 US 入手
 中国製のMonitor 01 USというUSB DACを入手した。小型ながら192kHzfs24bitが受けれられるという高性能インターフェースだ。大きさはタバコサイズで色はシックなグレー、出力はRCAとPhone,TOSを備えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/13 11:40
ESS9018 DAC
 ひょんなのことからESS社の最新DACチップの話題が入り注目しています。旭化成と同じ32bit分解能ですが、既にマッキンのCDプレヤーに採用され、MJ(90/1)にも柴崎さんのレポートがあります。最近MJ読んでなかったので気がつきませんでした。中々評判は良さそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/12/06 10:10
WM8741DACその6(パラDAC編)
 WM8741DACも前回でほぼ完了したはずだったが、やはり他のDACと比べると少し線の細さが気になってきた。 そこで今回はDACチップを予備にもう一つ持っていたのでパラDACにしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/28 21:36
DCX2496で192kHfs入力
 BEHRINGERのデジタルチャンデバDCX2496だがデジタル入力はできるものの仕様では最高96kHzfsデータまでとなっている。  使われてるSRCがCS8420だからチップのスペックで108kHzfsとなり製品仕様の96kHzfsという上限は妥当なのだが、自宅のDCX2496に192kHzfsのS/PDIFを間違って入れてしまったところ何と!ちゃんと再生しているではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/24 10:09
2クロックonブロック
 2系統クロックを自宅と同じ様に30mm厚のアルミブロックに載せることした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/21 08:11
SDメモリープレーヤ
 Bunpeiさんに千明さん製作のSDメモリープレーヤを聞かせていただいた。iPodもそうだが固体メモリープレーヤは駆動部分がない分プレーヤとしては有利だと考えられるところから、汎用のSDメモリーを使ってWAVファイルを再生(デジタルアウト)できるようにしたもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/16 14:30
2クロック態勢
 ND-S1の変な仕様のお陰で、SDRAMバッファDACを生かすためにSRCを作ってデータも48kHzfsとして使えるようになったのは良いのですが、外部クロック同期を掛けるにはクロックも48kHzfs系が必要になってしまいました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/10 20:22
ND-S1用電源フィルター
 ND-S1の電源には5VのACパックSW電源が付いているが、これも何気なく他の5Vの物と変更してみると結構音が変わる。SW電源の容量だけでなくノイズの影響もあるだろうかと思って、本体との間にノイズフィルターを入れてみた。ちなみに1次(AC100V)側は現品を確認していないが、ノイズフィルターは元から入ってるはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/04 17:26
RSDA302Pモノドライブ
 2chマルチ用にと2台の以前RSDA302Pを積んだアンプを作ったが、ALPAIR10のドライブでは1台で済んでしまうのでちょっともったいない。そこで2台のアンプを左右専用モノアンプに分け、贅沢に使えることに気が付いた。  早速入力ピンとスピーカケーブルを差替えて試してみると、これが又クロストークが少なくなるためか分離が良くなり、臨場感も増すことが判り、折角の2台のアンプのフル活用が出来ることがわかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/30 20:47
ND-S1用SRC
 トランスポートとして手軽に使えるND-S1だが、サンプリング周波数の特殊仕様のお陰で我家のSDRAMメモリーDACでは折角のメモリーバッファが使えない。自宅ならBEHRINGERのSRC2496を通せばサンプリング周波数表示が直って使えるが、お出かけ先ではSRC2496は大きく重い(外部電源にもなっている)のでなんとか手軽にメモリーバッファが使えないかその対応策を考えてみると次の案のが浮かんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/29 10:53
BPのUSB->S/PDIFインターフェース
 バクーンプロダクツのUSB->S/PDIF、いわゆるオーディオインターフェースのプロトを試聴することができた。この製品は96kHz24bit対応とのことで出力はTOS、同軸、バランスのデジタルアウトのみ。サイズは75シリーズと同じケース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 09:55
ND-S1クロック換装
 中々素でも音の良いND-S1だが、やはり家のPC系と比べるてしまうと、まあこれはこれで迫力があり、厚みのある音なので良い場合もある。しかし、全体にファットでしまりが無いともいえるので、早速改善手段を検討することにする。  やはり勘所はクロックだと思うが、肝心のiPodの44.1kHzfs系で使われている水晶がどれだかND-S1はクロックが多くてはっきりしない。まあ周波数から見て33.868MHzのチップ水晶がそれだろうと考えられるので、これを高精度化してみることにする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/14 19:51
WM8741DACその5
 音だし優先で仮組みしたDACだがようやく全体整備が終わりほぼ完成状態になった。追加の部分は順不同で ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/09 10:32
gigaWorksDAC 外部クロック編
 gigaWorksのDACはサンプルレートコンバータチップのCS8421が入っているので、この読出しクロックを外部入力とすれば外部クロック同期DACとなる。この価格で珍しいDAC機能となるので早速入力インターフェースを付けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/02 10:40
金岡淳子ソプラノリサイタル
 日暮里サニーホールでのコンサートに行ってきた。今回は何と録音のおまけ付きである。 以前も一度聞きに行ったが、細身にも拘らず声量があり、表現もしっかりしている。今回は前半が歌曲、後半がアリア中心だったが、得意のアリアは後半で調子も出てきてとても良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/01 13:57
gigaworksのDAC
 はりーさんの紹介でCS4398のDAC基板を海外から購入、早速ケースに入れて使ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 09:40
ND-S1その後
 早速中を開けてた所。基板は小さいけど結構密度は高いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/09/29 10:57
ND−S1購入
 PCオーディオ界では結構話題になっているONKYOのND−S1を早速購入した。例のiPodが載せられるやつである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/27 19:29
WM8741DACその4
 何とか聞けるようになったので、あちこちで色々聞いてみた。ハイサンプリングデータはまだまだ少ないので、SACDのPCM変換を主に試聴する。というかこのために作ったようなものなので192kHzfsはまだお預けである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/21 18:34
WM8741DACその3
 WM8741チップを使ったDACもようやくケースに入れて動作確認までたどり着いた。まだまだ細かい所はこれからだが、まずは基本機能の確認と思って動作を最優先にする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/17 11:14
X31交代
 写真では良くわからないだろうが、前の項に書いたようにThinkPadのX31が復帰というか交代した。 最近はネットブックも格安になりそちらとも思ったのだが、その影響か中古のX31もずいぶん値段がこなれてきて、使い慣れてきた分リスクも少ないかとまた購入することにした。  たまたまCPUのクロックが1.4Gから1.7Gへとグレードアップできたが直接はもちろん聞き比べられなかったが、やはりその分しまった音がしているような気がする。  思えばノートパソコンもずいぶん安くなったものだ。これじゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/15 11:42
竹灯篭の夕べ
 我孫子の旧川村別荘で今日「竹灯篭の夕べ」が開催され、そこで清虚洞一絃琴の演奏があり、頼まれて録音+PAをしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/13 22:14
X31が永眠
 PCオーディオで使っていたThinkPadのX31が突然立ち上がらなくなってしまいました。周辺機器も全部はずしましたが、ロゴもBIOSも立ち上がりませんので打つ手無しです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/09 17:47
WM8741DACその2
 DACチップの後にアナログフィルター部を作成した。基本はマニュアルの推奨回路と同じだが、そちらは少しインピーダンスが低いように思ったので、全体に定数を変更しインピーダンスを上げた回路定数で組み込んだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/08 20:17
WM8741DACその1
 LINNのDSに使われて有名になったウォルフソンのWM8741DACチップを使ってDACを製作中。DAIにはエレクトロアートさんのSDRAMメモリーバッファDAIを使用している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 19:59
SounDrama #1
 FireFace400のおまけで付いていたSounDrama#1というデモディスクだが聞いてみるとなかなか面白い。録音機はPCM初期のPCMF1が多いのだがこの機械、スペック的には今では見劣りがするがマイクアンプも含めてプロ機の様なしっかりした音がする。マイクもその場にあわせて色々だが自然音はそのタイミングも取る環境も制限が厳しいのでその意味からこれだけのものは簡単に取れない。内容を挙げてみると ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/04 21:04
技とテクノの融合展2009
 表題の展示会にAEDIOさんが出展しているというので昨日ちょっと覗いてみた。この展示会中小企業の総合ビジネスフェアという内容で、結構面白い特徴がある企業が136社出展・展示をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/03 10:23
USBメモリー
 ケースがちょっとずれていて気になっていたのでUSBメモリーのケースをバラしてみた。中身はシンプルで表にメモリーチップと水晶、裏にコントローラIC、後はチップ素子が数点である。  まあこれ(4G)で千円ぐらいだろうがこの値段が高いのか安いのか判断は難しいが、内容から見れば安いことは確か。ところで某所で音楽データの再生用USBメモリーがン万円で発売されているので、普通のと何が違うのか話題のなったが、この際あやかってケース材質を変えてみるとか、完全に固めてみるとかすると音の違いが出るだろうか。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/27 07:49
SDRAMメモリーバッファDAI
 DSD2PCM基板に味をしめてエレクトロアートさんからSDRAMメモリーバッファDAI基板を仕入れた。これはDAIからとったデジタルデータを一旦SDRAMに溜め、別クロックで読み出すもの。  デジタル系ではトラポ&伝送系のジッタを避け、DAC側で独自の高性能クロックで再生するのが理想的だが、それにはトラポの外部同期入力が無いとできない。必ずしもそうは行かない場合も多いのでその時にこの基板が重宝するハズ。標準は水晶だが倍クロックPLLを使えばルビ入力も可能かな。  我が家では入力系はすべ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/26 09:18
ポータブルルビジウム
 流石にリニア(トランス)電源は重いので、お出かけ用にノートパソコンのSW電源を使ったWodClock用の分周器を作ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/21 10:03
FF400購入
 定番のRME社Fireface400を購入しました。いままで良いのは解っていたのですが、敷居が高くて躊躇していたのですが、SACDのPCM化とハイサンプリング環境も整ってきたので買っちゃいました。前回のマイクアンプのレベルが高いのが解ったのもその理由のひとつです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/19 07:43
ラ技9月号
 宣伝で恐縮だが、今日発売のラ技9月号に一連のルビジウム発振器利用の応用解説としてCDプレーヤの改造記事を掲載していただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/08/13 07:55
DSD->PCMプレーヤ完全対応
 DSD->PCM変換基板をつけたSCD−XE6だがデジタルアウトの切替をサボっていたのを今回完全対応した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/11 12:44
DSD->PCMプレーヤ完成
 前回紹介したDSD->PCM基板を組み込んで、早速DSD->PCMプレーヤを作ってみた。使用プレーヤは予告どおり今まで色々改造したSCD-XE6を利用した。このプレーヤを使ったのは何といってもDSD信号がコネクタに明示されて並んでいるので、配線が間違いなく楽にできるところだ。この後酷使する予定もないので、まあわざわざ新品のSACDプレーヤを買うまでもないだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/08 13:50
DSD->PCM
 エレクトロアートさんという方がDSD信号をPCM(S/PDIF)に変換するデシメーションフィルターを作成しているが、今度この基板を入手できた。内容はコルグのAduiogateのリアルタイム版のようなもの。  出力は88.2kHz、176.4kHzfs切換の24bitのS/PIDIF出力で、内部のフィルター演算精度も充分そうなので楽しみだ。内容は詳しくないのでパスするが、DSDのL,R,bit,Masterの4信号があれば演算変換したPCM出力が取り出せる。SACDも内部でこれらの信号線が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/06 08:13
マイクアンプ聞き比べ
 先日録音の機会があり、数種類マイクアンプが用意できたのでその聞き比べをしてみた。ソースはフルコンのピアノ演奏で蓋半開の間から1m程度の距離で録音。マイクは自分のNT-2改を使用した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/17 18:11
2代目RSDA-302Pその3
 改造でそこそこ鳴るようになったのでやはり当初の予定通り2階建ての2chアンプにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/07/13 11:02
2代目RSDA302Pその2
 RSDA302Pも素のままではもう一つだったので、デカップリングコンデンサを交換しました。低電圧部分は表面実装用のOSコンで、サイズの合う表面実装タイプが無いところは通常OSコンです。高圧部分は東信の音響用とか言うの今回は使ってみました。  表面実装タイプは外すのにやはり苦労します。半田ごての2刀流で取るのですがセンター部分まで中々熱が届きません。まあ何とか外しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/02 21:09
2代目RSDA302P
 先代(2008/5/1)は嫁いでしまったので、ルビジウムクロック用に新しくRSDA302Pを購入した。WDA-02とどちらにしようかと思ったのだが、サイズの小ささと組立の手間を省いてこちらに。  現在でも302Pの仕様は同じだが今回購入したものでは基板が新しく更新されている(回路詳細の変更があるかは不明)。放熱器も小型になって大幅に表面実装部品が増えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/28 09:15
ルビジウムシステムデモ
 某会の例会でルビジウムシステムでCDを楽しんでももらった。当日のラインナップは以下の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/27 15:17
PCオーディオ
 パソコンを使った音楽再生のいわゆるPCオーディオのムック本が出た。もう10年近く前からPCオーディオを使い始めて、最近ようやく私もやっていますという人が増えて一般にも認知されるようになってきた。それでもどんな風に始めればいいんですかと聞かれることがよくあるが、こんな本が出てきたこともその現われだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/25 08:19
VICS USBAudioのルビジウムクロック化
 VICSのUSBオーディオだが大分前に購入していて色々改造はしてみたものの、それ程ではないのでずっとお蔵入りとなっていました。ところが最近話題のWadiaのiPodトラポがどうも同じDACチップを使っているらしいので、参考にとどの程度効くかと思いルビジウムクロックに換装してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/24 07:54
ルビジウムクロック第3弾
 やはり気になるので30mmアルミブロック・ルビジウムクロックを作っちゃいました。電源が効くのは解りそうですが、ベースがどの程度影響があるかこれから詳細比較しみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/23 11:19
DCX2496ソフトウェアアップデート
 デジタルチャンデバのDCX2496だが新旧をよくよく比べてみるとソフトウェアのバージョンが異なっている(1.17と1.14)。たまたまBEHRINGERのHPを見てみると何とOperating SystemのVer1.15がダウンロードできる様になっているではないか。最初はどうするのか解らなかったがリモートソフトでアップデートできそうなので試してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/27 09:11
DCX2496マルチ比較
 DCX2496の改造が一段落したので、従来のプチ改造品とEXCELスピーカをマルチ駆動して比較してみることにした。最小はネットワークとほぼ同一設定で試してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/20 20:47
ルビジウムクロックベース
 相変わらずクロックネタだが、今回はクロックベース(ケース)の問題。以前I氏のところで気になっていたクロックによる音の差だが、考えられるポイントはモジュール本体、ケース(ベース)、電源の3つだろうと思っている。そこでeBayで香港から同じ型番のモジュールをもう一つ調達して比較してみることにした。  タカチの放熱ケースにつけたセカンドバージョンと新しく購入したモジュール。それにベースとして従来のHDD用30mm厚アルミブロックを用意した。  モジュール単体の評価は難しいがとりあえず放熱ケー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/19 10:23
ルビジュウムクロック第2弾
 電源も出来たので発振器本体をようやく完成させた。今回はタカチの放熱ケースを発振器側に使用する。しかし元々ルビジュウムはオーブンで暖めているので排熱は不要との意見もあり、今となっては振動防止?のベースとしての意味の方が重要かもしれない。(これも近々実験してみたい) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/15 08:50
ルビジュウム電源
 ルビジュウム発振器も一つでは足りなくなりそうなので、追加分の電源を作成。今度は2系統同時に供給できるように電源容量を増やした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/13 10:56
DCX2496改造part2
 DXC2496の改造第2弾はケース変更の予定だったが、既成のパネルサイズに合わせての作り込みはなかなか難しくて時間がかかる。そこで24Mアップクロックを組み込んで一応使えるようにまとめてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/11 15:00
24MHzアップクロック
 satoroさんに教えてもらった24〜50MHzへのアップクロックVCXO、PLL502-2を早速手配した。待ちかねていたところメール便がようやく昨日届いたので早々に組んでみたのが写真。  SOPなので変換基板に付け、機能的には外付け部品は必要無いが、電源が3.3Vなのでそのままとは行かないのでTL-431のレギュレータをつけた。入力には水晶発信器から12.8MHzをXINに突っ込んでみたところ、出力を見ると25.6MHzで上手く発振しているようだ。ただし、出力レベルが1Vp-p程度しか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/30 20:34
DAC-2000ルビジュウムロック
 ルビジュウムCDプレーヤ、ルビジュウムデジタルアンプに続く、ルビジュウムシリーズ第3弾!いよいよDACのルビジュウム化です。  以前からDAC−2000の外部クロック同期を何とかできないかと考えていましたが、システムクロックを外部クロックに交換しても動かないので、その試みは上手く行っていなかったのです。  ところがDCX2496のルビ化を考えてみるとDACも構成はほとんど同じことに気が付きました。要はシステムクロックを変更すると共に、ビットクロックやLRクロックとの同期をどうとるかだっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 22:20

トップへ | みんなの「デジタルオーディオ」ブログ

ケンのオーディオメモ デジタルオーディオのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる