アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スピーカー」のブログ記事

みんなの「スピーカー」ブログ

タイトル 日 時
mini対向スピーカ(その8)ネットワーク統合
mini対向スピーカ(その8)ネットワーク統合  スピーカのネットワークが仮組みだったので、まとめて1boxに組み直すと共に内容を少し見直しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/16 14:58
mini対向スピーカ(その7)スタンド作成
mini対向スピーカ(その7)スタンド作成  mini対向3Wayスピーカの宿題だったスピーカスタンドを作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 16:20
mini対向スピーカ(その6)3way再調整
mini対向スピーカ(その6)3way再調整  しつこくmini対向3Wayを調整しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/31 09:01
第7回PARCサウンド鑑賞会
第7回PARCサウンド鑑賞会  昨日PARCの第7回サウンド鑑賞会が開かれました。今年はいつも以上に盛況で会場に入りきれないくらいでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/28 11:50
DCU-F081PP対向スピーカ(その7)
DCU-F081PP対向スピーカ(その7)  DCU-F081PP+T114Sの対向SPですが、ネットワークもmini対向と同様にSpeakerWorkShopでシミュレショーンして決めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 08:54
DCU-F081PP対向スピーカ(その6)
DCU-F081PP対向スピーカ(その6)  PARCスピーカ鑑賞会も後10日ほどと迫ってきましたが、対向DCU−F081PPも結局T114Sとの2Wayにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 17:06
mini対向スピーカ(その5)3way化
mini対向スピーカ(その5)3way化  mini対向スピーカもツィータが揃ったので3Wayにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 20:21
DCU-F081PP対向スピーカ(その5)
DCU-F081PP対向スピーカ(その5)  DCU−F081PP対向もツィータを追加して2Wayにしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 20:38
mini対向スピーカ(その4)スタンド2題
mini対向スピーカ(その4)スタンド2題  mini対向スピーカにもやはりDCU−T114S対向のツィータ(6cm球横置き)をつけて聞いて見ましたが、やはりツィータを付けた方が格段に良いですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/10 17:57
mini対向スピーカ(その3)
mini対向スピーカ(その3)  W2-852SHにツィータ(DCU-T114Sこれも対向を横向き使用)を追加する検討をしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 10:03
mini対向スピーカ(その2)
mini対向スピーカ(その2)  mini対向スピーカは片側を正面を向けると前後のユニットの干渉でやはり中高域の特性がかなり波打ちます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/06 19:53
ポート径によるバスレフの効き方
ポート径によるバスレフの効き方  バスレフの共振周波数とポート径を決めればポートの長さは計算できますが、いつもポート径の最適値はあるのか疑問に思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/02 14:31
集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2017参加
集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2017参加  「集まれ塩ビ管スピーカ・関東オフ会2017」に参加してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/29 20:44
対向ウーファ(その4)
対向ウーファ(その4)  対向ウーファが組みあがったのでツィータと2Wayとして組合せ調整と測定をしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 08:47
対向ウーファ(その3)
対向ウーファ(その3)  組み上がったNE123Wを測定してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 20:52
対向ウーファ(その2)
対向ウーファ(その2)  ようやくウーファのエンクロージャの組み立てにこぎつけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 14:11
対向ウーファ(その1)
対向ウーファ(その1)  mini対向スピーカに呼応するウーファの作成を始めました。もちろんこちらも対向で作成します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/19 20:22
mini対向スピーカ(その2)
mini対向スピーカ(その2)  mini対向スピーカと手持ちのスピーカを臨時のウーファにして2Wayを組んでみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 18:13
mini対向スピーカ
mini対向スピーカ  TangBandのユニットを使ってミニ対向スピーカを作ってみました。使用ユニットはW2-852SH(口径4cm)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 12:30
マルチスピーカ設計法
マルチスピーカ設計法  Iridum17さんが上梓されたスピーカ設計法の本が出ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 08:57
SpeakerWorkShopでのネットワークシミュレーション
SpeakerWorkShopでのネットワークシミュレーション  久しぶりにSpeakerWorkShopを動かしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/21 17:50
PARC2Wayネットワーク変更
PARC2Wayネットワーク変更  以前にDCU−131AとF131PPの対向+T114Sの2Wayを作りましたが、少し手を加えてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 08:04
DCU-131A、T114S対向(その2)
DCU-131A、T114S対向(その2)  最初に作ったSPネットワークがシングルワイヤ対応だったので、これをバイワイヤリング対応に変更しました。つまり低域と高域のネットワーク回路をアースを含め完全に分離しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 12:51
DCU-F081PP対向スピーカ(その3)
DCU-F081PP対向スピーカ(その3)  DCU-F081PP対向スピーカの特性です。上が距離70cmでの周波数特性、角度は30度内振り、ユニットは斜め上方45度ぐらいの時です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/31 09:59
DCU-F081PP対向スピーカ(その2)
DCU-F081PP対向スピーカ(その2)  DCU-F081PP対向スピーカがもう一つ出来て、ようやく1組ステレオで試聴できるようになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/29 18:31
DCU-F081PP対向スピーカ
DCU-F081PP対向スピーカ  PARCの13cm新対向も良かったのですが、やはり少し大きくなってしまうのでもう一度8cmのDCU-F081PPを本来の対向配置で見直してみることにしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 17:35
DCU-131A、T114S対向
DCU-131A、T114S対向  PARCユニットで対向システムを作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 17:15
minn邸訪問
minn邸訪問  1年振りぐらいで目白のminn邸を訪れました。今回の目玉は写真のRAALのリボンツィータです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/16 17:12
目玉ツィータフォルダー
目玉ツィータフォルダー  以前作ったPARC DCU-T114S対向ツィータに新しいフォルダースタンドを作りました。DCU-T114Sもあまり出番が無いのでたまには使ってあげなければもったいないので、ウーファと組み合わせられる様に独自スタンドで設置出来るようにしてみたところです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/12 17:02
iFloatの活用
iFloatの活用  丁度2年前に作ったウェルフロートモドキのiFloatインシュレータですが、新しいスピーカではウーファフローティングにも使用して結構その効果を上げることができましたが、まだ残っているのでこれをうまく活用する方法を考えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 08:45
STAXヘッドホン他聞き比べ
STAXヘッドホン他聞き比べ  STAXのヘッドホン(イヤスピーカ)が一台借りられましたので自分のと合わせて比較試聴してみました。ついでにダイナミックのも聞いてみます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/26 11:23
自宅の装置構成(改訂2)
自宅の装置構成(改訂2)  再度ウーファ変更に伴う装置構成図を改訂しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 20:27
次世代ウーファの選択(その14)
次世代ウーファの選択(その14)  相変わらずしつこくウーファ選びをやっています。前の23I52の時はフローティング構造が充分でなかったので、再評価のため10C77と同じように吊り構造を入れて作り直し、再装填しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/08 13:57
ウーファフローティング構造
ウーファフローティング構造  今回ウーファに取り入れたフローティング構造ですが、少し解り難いので断面図を載せてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/04 20:27
次世代ウーファの選択(その13)
次世代ウーファの選択(その13)  いよいよ組み付け調整後試聴開始。開口径はちょっと狭いですが、まだ確定して無いので元のままです。なので外観上はエンクロージャが同じなのでほとんど変わりません(^^;。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 08:36
次世代ウーファの選択(その12)
次世代ウーファの選択(その12)  10C77の特性を取ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 15:11
次世代ウーファの選択(その11)
次世代ウーファの選択(その11)  23I52の音も一通り聞いたので、次の10C77へ交換しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 09:17
次世代ウーファの選択(その10)
次世代ウーファの選択(その10)  ウーファ変更もようやく試聴までこぎつけました。この際アンプレイアウトも変更し、スピーカはとりあえず写真の様な配置にします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/17 17:52
300円円筒スピーカ(その4)
300円円筒スピーカ(その4)  円筒スピーカの特性を測り直してみました。上の周波数特性はユニットと同じ高さの70cm距離の測定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/17 08:46
300円円筒スピーカ(その3)
300円円筒スピーカ(その3)  以前に紹介したスピーカが結構良かったのできちんとまとめてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/15 21:32
次世代ウーファの選択(その9)
次世代ウーファの選択(その9)  23I52の周波数特性(赤)とポート出力(緑)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/13 17:35
次世代ウーファの選択(その8)
次世代ウーファの選択(その8)  ようやくインナーバッフルまで出来たので、早速エンクロージャに組み込みました。じっくり考えて作ったお陰でスムーズに組み込め、表からの止めネジもすんなり入りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/11 20:06
次世代ウーファの選択(その7)
次世代ウーファの選択(その7)  ウーファの23I52の方が取付準備がほぼ整い、キャスターもできました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/10 10:31
次世代ウーファの選択(その6)
次世代ウーファの選択(その6)  こちらが10C77のインナーバッフルで丁度ユニットを仮付けしてみた所です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/07 09:55
次世代ウーファの選択(その5)
次世代ウーファの選択(その5)  23I52用のインナーバッフルが出来ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/06 11:24
300円円筒スピーカ(その2)
300円円筒スピーカ(その2)  調子に乗ってボイド管を長めのに交換してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 14:53
300円円筒スピーカ
300円円筒スピーカ  前回の円筒スピーカの特性を測ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 16:24
サラウンドの実験
サラウンドの実験  久しぶりにBSサラウンドの再生実験をしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/29 12:38
自宅の装置構成(改訂)
自宅の装置構成(改訂)  ウーファ変更に伴う装置構成図を改訂しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/27 19:21
次世代ウーファの選択(その4)
次世代ウーファの選択(その4)  フローティングのためのインナーバッフル部材が揃いました。風邪で体調が思わしくなく中々進みません。    エンクロージャはそれほど大きくないので23I52の方はまあ余裕なのですが、10C77を入れようとするとキッチリいっぱいですね。それでも何とか入りそうですので、両方作ってみます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/26 18:07
次世代ウーファの選択(その3)
 23I52を予定のエンクロージャに載せてインピーダンスシミュレーションとの比較をしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 16:53
次世代ウーファの選択(その2)
 候補の第2弾がこちら。同じくAudioTechnologyの10C77 2510KAPという機種で、こちらはFlexUnitです。サイズも前の23I52より更にまた二回りほど大きいユニットになります。  流石に磁石もデカイですね。お尻フェチの方は萌えるかも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/22 08:07
次世代ウーファの選択(その1)
 飛ばしてしまったウーファに替わる次世代ウーファを検討中ですが、その一つのAudioTechnologyの23I52をお借りするとことが出来ましたので、少し調べてみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/21 11:09
メインウーファ交換
 飛ばしてしまったAudioTechnologyの代替として暫定で以前使用していたScanSpeakを入れてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/14 09:40
真空管オーディオフェア
 昨日は真空管オーディオフェアに見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/10/10 11:22
N氏邸訪問
 昨日前回お見えになった4名の中で、初めてお会いしたN氏の所へ伺ってきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/23 20:50
4氏来訪
 今日は珍しく4氏一緒に来訪されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/31 18:23
自宅の装置構成
 HPには自宅の装置構成概略がテストベースで書いてありましたが、流石に複雑になると見難いのでブロックダイヤグラムにしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 17:36
小型2WaySP−その4
 ツィータケースは丸にしようかと思ったのですが、とりあえず今の桐ケースに100均で見つけた側をもう一重をかぶせてダンプと振動遮断をしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/06 18:56
S&K Lab Hi-Res Experiment#1
 先日S&K Audioの主催による製品試聴会があり、参加してきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/02 19:23
小型2WaySP−その3
 ネットワークを作ってみました。回路は普通の-12dB/octの2次です。クロスは2.5kHzぐらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/31 17:05
小型2WaySP−その2
 一応組み上げて、特性を見てみました。エンクロージャサイズは32.5cmφx22cmの(今の所)密閉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/28 12:59
小型2WaySP−その1
 サラウンド用?にと小型2Wayスピーカを作ってみています。今回の目玉はフローティングSPです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/26 19:53
W氏邸訪問
 先日takeさんに誘われて、久しぶりの遠出でホーンスピーカシステム中心のW氏宅にお邪魔してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/17 14:01
HOWL Opening Live Event
 昨日は珍しくクラブ系のSound Eventに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 09:41
スピーカユニット自作(その8)
 お寺課題の自作スピーカ第2次試作でステレオペアにしてみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 18:16
スピーカユニット自作(その7)
 スピーカユニット自作第2弾目を作りました。今回は前作の経験を踏まえていくつか改良しています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/30 11:00
スピーカユニット自作(その6)
 前回の1次試作では性能はまあまあでしたが、能率が低くて広い場所でのデモには適していませんでした。そこで次は効率を上げる改良がメインに成ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/23 21:48
スピーカユニット自作(その5)
 初作の問題点を色々つぶしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/11 07:40
スピーカユニット自作(その4)
 一応組み立てあがり、音だしまで出来ました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/10 09:05
スピーカユニット自作(その3)
 巻き上げたボイスコイルと組み合わせて振動系第1弾を作ってみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/09 08:34
トリマー購入
 以前から欲しいと思っていたトリマーを入手しました。バッフル板などの円形穴あけや落し込み加工などに便利で、バッフル板などは外注加工も出来るのですが、さっと出来るところが便利です。(写真中央の青い機械) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/08 17:15
スピーカユニット自作(その2)
 いよいよユニットの製作開始ですが、その前にちょっとした工作ものには準備に、まず冶工具を作らねばなりません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/07 15:23
スピーカユニット自作(その1)
 夏のお寺大会の課題がスピーカユニットの自作なので完成まで行き着けるかわかりませんが、設計データを取り始めています。  まずは磁気回路ですが、いつもの反発磁石の予定です。作りやすいのと均一な磁界が作れるためですが、実際はどうなのかどのくらいの寸法にしたら良いか皆目解らないので手元の磁石でデータを取ってみました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/02 21:49
第6回PARCサウンド鑑賞会
 昨日恒例のPARCサウンド鑑賞会に参加してきました。前回は私事でドタキャンでしたが、今年は何とか無事に出品できました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/22 09:03
JAZZ喫茶めぐり
 先日AAFCのメンバーと神保町あたりのJAZZ喫茶めぐりをしてきました。一時衰退の一途?でしたが、最近は又復活の兆しが見えているかの知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/02 08:50
N氏来訪
 前回は書きそびれてしまいましたが、半年振りくらいでN氏が来訪されました。最近N氏はアバンギャルドにDEQXを組み合わされ、音場表現にも関心をもたれています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/29 10:01
スーパーステレオ
 先日BSのサラウンド4chを聞いてみて結構面白かったので、従来の2chの拡張を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/13 09:59
左右対向スピーカのユニット変更
 前回MardAudioのCHR-70で作成した左右対向のボイド管スピーカですが、PARCの13cmウッドコーンのDCU-F131Wが何とか入りそうだったので換装してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/04 17:21
minn邸訪問
 foobarのデジタルチャンデバの製作者でもあるminnさんの所にお邪魔しました。今回もTakeさん、S氏と同行です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/01 11:03
BS multi再生
 BSの音楽番組は時々再生して見ますが、NHKの場合は5.1chマルチで放送されているのも多いです。折角なのでマルチでも聞いてみたいのですが、デコーダはAVアンプ内蔵が中心なので、個別に使い易いものがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/29 09:40
zorzoスピーカ
 久しぶりにonofrioさんの所に遊びに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/22 13:08
牛込オーディオ友の会
 恒例のAEDIO主催の牛込オーディオ友の会に参加してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/27 21:28
クラフトマンオーディオ、K氏宅訪問
 先日はゴンザエモンさんのところでお会いしたクラフトマンオーディオさんの所とその友人のK氏宅(写真)を訪問しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/22 09:20
ゴンザエモン邸訪問
 前回以来4ヶ月ぶりでゴンザエモン邸を訪問しました。今回は午前中の日本音響エンジニアリングの試聴室とのダブルヘッダーでしたが、昼食後午後から聞かせていただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/18 16:48
日本音響エンジニアリング訪問
 今日ゴンザエモンさん宅の訪問に合わせて日本音響エンジニアリング(旧日東紡音響エンジニアリング)のメイン試聴室へ伺ってきました。(要予約) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 21:46
HS-500再調整
 今度AAFCの例会でHS-500のお披露目をしようと思いテスト中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 19:51
audiofunさん、Takeさん来訪
 いつものお仲間の定点観測でaudiofunさんとTakeさんが小雨の中拙宅に来られました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/24 11:48
FAL C60スピーカ
 H氏が所蔵のFALの平板スピーカの測定をしたいと来られました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/04 21:35
D氏、K氏来訪
 先日訪問したD氏が友人を連れて拙宅来られました。まあ元々こちらに来られる話の方が先だったのですが、順序が逆になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/29 21:03
D氏宅訪問
 先日同じAAFCの会員であるD氏宅を訪問してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 16:22
MS邸引越し (その2)
 前回のDAC不調を直し、ようやくフルラインナップで聞けるようになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/15 09:20
真空管オーディオ・フェア
 今年も秋葉原損保会館で行われた真空管オーディオ・フェアに行って来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/11 20:28
MS邸引越し
 古くからお付き合いのあるMSさんが新居に引っ越されるのでそのお手伝いにいってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/08 09:58
1次反射の吸音
 スピーカをコーナー設置すると脇の壁面が近いのでその反射音の影響が考えれらます。そこでその吸音のために吸音板?を作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/10/06 21:43
3wayの周波数特性(その3)
 色々スピーカのEQを見直していますが、やはりポートからの500Hzあたりの音漏れがまだ大きいのが気になっていたので、これに対処してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/04 18:29
3wayの周波数特性(その2)
 先日のDIASOULのパンチのある切れの良い音の後で、自宅のシステムを聞き直してみるとやはりかなり甘く感じられたので再度調整を見直すことにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/02 18:38
DIASOUL試聴会
 今日は新進のDIASOULのスピーカ「DIASOUL i 」を試聴してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/29 21:37
TIAS2015
 先日久しぶりに東京インターナショナルオーディオショーに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/28 14:48
3wayの周波数特性
 ポート長を修正して周波数特性を測りなおしてみました。測定点はSPから約4m弱のリスニングポイントです。(室内は4.5Lx3.5Wx2.4H、ただしリスポジ背面はキッチンに続く開口。グラフは3dB/DIVで赤右ch、青左ch)) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/24 09:58
バスレフのポート共振
 メインスピーカの低域のバスレフは部屋の定在波もあって、かなり低めに設定しています。そのため小型に似合わず25Hzぐらいの低域まで伸びてはいますが、少し音色が暗い感じがしていました。使用ポート長は32cm(内径55mm)とかなり長くなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/22 10:08
minn邸訪問
 昨日、新しくFlatPanelSpeakerを導入されたとのことで約1年ぶりにminnさん宅をtakeさん、grigriさんと一緒に訪問しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/09/21 09:16
nazo_otoko邸訪問
 昨日ダブルウーファズ会長のnazo_otokoさんのお宅を訪れることが出来ました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/09/07 18:51
K氏宅訪問
 昨日、中高域をgotoユニットでまとめた6Wayホーンシステムをお使いのK氏宅を、ゴンザエモンさん、audiofunさん、takeさんと一緒に訪問しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 21:47
Seas2way再調整
 前回のWaveletによるアライメント確認でじはツィータを7cmほど下げた方がベストかと思いましたが、クロス周波数付近での周波数特性盛り上がりやNull特性からみて、現状のネットワークフィルターでは7cmでは少し下げ過ぎのようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/20 22:32
CHP-70の2Way化
 以前左右対向スピーカの高域を反射板で特性補償しましたが、折角なので別にツィータを付けてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/17 15:39
grigri邸訪問
 昨日は最近SPユニットを更新されて3wayがまとまってきたとのことで、grigri邸を訪問してきました。今回はtakeさんとこちらには初のゴンザエモンさんと一緒です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/08/12 11:18
MK氏宅訪問
 昨日Takeさん、audiofaunさんとMK氏宅を訪問しました。若手ながら熱心なファイルのMK氏とは何度かお会いしていたので、一度伺いたいと思っていました。リスニングルームが4畳半と広くないので、とお聞きしながらも3人で押しかけてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/09 10:15
SPインピーダンス補正のフィルムコン化
 前回スピーカのインピーダンス補正を見直しましたが、せっかくなので中高域をまとめて1つのケースに入れ直し、使い易くしました。ついでにコンデンサも無極電解からフィルムコンへ交換。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/23 10:11
MARK AUDIO CHP-70 (その4)
 MarkAudioのCHP-70も最終仕上げで、エンクロージャのボイド管にカッティングシートを貼って綺麗にしました。白地のカッティングシートを貰ったので暫くは白ばかりですね。シート貼りは塗装より速くて楽です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/20 22:38
MARK AUDIO CHP-70 (その3)
 本組みにして簡単にデータを取ってみました。測定は60cmの台の上に横に置いてフリースタンディングです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/17 20:51
MARK AUDIO CHP-70 (その2)
 CHP-70のエンクロージャを作ってみました。まだ仮組みですが、今回はボイド管(15cm径)の小売をホームセンターで見つけたのでそれをベースに考えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/16 15:03
ツィータのインピーダンス補正
 ブログには書いていませんでしたが、結局スピーカの各ユニットにはすべてインピーダンス補正を入れて使うようになっています。ウーファから始まった補正は結局ツィータまでも入れることになってしまいましたが、これも一挙にここまできたわけでもありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/12 19:53
ゴンザエモン邸訪問
 前回ツィータアンプの故障で充分に聞けなかった訪問のリベンジということで、改めてゴンザエモン邸を訪れました。同行はいつものtakeさんと車の都合で来られなかったaudiofunさんの代わりにS氏にも来て頂きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/09 21:32
CHP-70のエンクロージャシミュレーション
 MARK AUDIOのCHP−70エンクロージャを検討しています。前回の測定したパラメータからシミュレーションしてみたところフラットを狙うと次のような数値が良さそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/06 20:56
イオンツィータ
 先日takeさんより預かったのは(先日の来訪者とは別の)K氏からのもので、リアル音響工房のプラズマ スーパーツィータ リアロンMK3と称する物です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/07/02 21:24
K氏来訪
 今日は遠路K氏が来訪されました。先日某氏の試聴会でお会いしてから拙宅の音を聞きたいということでaudiofunさんにアレンジしていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/30 23:54
MARK AUDIO CHP-70
 手作りアンプの会、お寺オークションで仕入れたもの。初代のCHP-70なので(^^;あまり情報も無いのですが、このメーカは素直な所が取り柄なので何か使い道はあるかと思いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/27 12:16
HS-500(その7)
 HITACHIのHS-500ももう一段のアップグレードをはかるために、テストで3wayマルチを試してみました。ミッドに入れたのはYLの1inchホーンのD510にフォスのカットオフ460HzのH425ウッドホーンをつけたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/10 12:02
M氏来訪
 最近お近づきになったM氏が、自宅お音を一度聞かせて欲しいということで先日遠路お出でいただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/07 09:18
S氏宅再訪
 前回訪問した後、お勧めしたデジタルチャンデバを導入され、本来のメインスピーカも復活されたとのことでS氏宅に伺いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/06 09:16
TW-box
 SEASユニットを使ったサブスピーカ(W18EX001+T29CF-002)の2wayはネットワークだと以前にも確認したようにアライメントを完全には取りきれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/03 11:15
塩ビ管スピーカ関東オフ会2015
 先日横浜ラポールで開催された「集まれ塩ビ管スピーカ」の関東オフ会に参加してきました。毎年同じ場所で開催されていますが、中々都合が付かず初めての参加です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/01 22:03
K&Kさん来訪
 先週の訪問の折り返しでK&Kさんに遠路来て頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 10:18
HS-500 (その6)
 HS-500も一応ネットワークでも動かしてみました。基本的なパーツはそのまま使用していますが、コンデンサのみ変更します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/28 09:32
K&K邸訪問
先日こちらでHS-500を購入しレポートをUPしたきっかけで、K6Kさんからお招きを頂きました。そこで早速石井式のピアノルーム+リスニングルームを拝見しにK6K邸を訪問させて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/21 09:37
HS-500(その5)
 前回ネットワーク部品の値がおかしかったので、反対側を測定してみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/19 11:21
HS-500(その4)
 今度はHS-500の内蔵のネットワークを調べてみました。使わないにしろどのような設計になっているか興味があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/12 22:42
harubaru邸訪問
 先日phile-webのお仲間のharubaruさん宅を訪問しました。何と1週間のマラソンオフ会中とかでタフですね。同行はベルウッドさんと、そねさんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/11 22:05
HS-500(その3)
 いよいよ総合特性です。本来はネットワークの方がHS−500らしいでしょうが、今回はマルチで駆動しフル性能を見てみたいと思います。実はマルチの方が調整としては比較的簡単ともいえるのでまずはこちらから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/05 21:21
HS-500(その2)
 ウーファの次はツィータです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/01 22:07
HS-500(その1)
 HS-500の各特性を少しずつ調べています。まずはウーファ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 21:49
ゴンザエモン邸訪問
 訪問第2(3?)弾はゴンザエモン邸です。瀟洒なマンションのリビングに相応しく、整然とシステムが並んでいます。  今回はミッドローにFPSの平板ユニット、ハイにベリリュームツィータの追加で今後の4wayの基本が整い、新たに新システムのスタートとして整えられた装置をまず聞かせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/29 08:51
S邸訪問
 連休にかけてあちこち訪問予定が詰まっていますが、初日Take氏とaudiofunさんと千葉方面に出向きソーラの伝道師S氏のお宅訪問です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/04/27 21:06
日立 HS-500
 ひょんなことから日立のHS-500スピーカを入手しました。まあHS-500といえば古い方はよくご存知の日立初代の高級スピーカですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/04/25 20:53
REW(Room EQ Wizard)の紹介
 hilewebで紹介されたREWというソフトをインストールしてみました。  これはUSBMICと組み合わせて、色々な音響測定が出来るフリーソフトですが結構強力そうです。とはいえまだインストールしたばかりで、それに使い方もちょっと癖がありそうでなかなか適当にはと行かないようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/24 20:30
OmniMICによるスピーカアライメント測定(その3)
 相変わらずのwaveletですが、新旧メインの調整結果を比較してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/23 10:50
OmniMICによるスピーカアライメント測定(その2)
 相変わらずWaveletによるスピーカアライメントの測定の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/22 07:49
S氏宅訪問
 先月O氏宅を訪問した折に一緒に行かれたS氏宅を訪問しました。S氏宅はO氏の近くで江古田駅から近くの静かな住宅街にあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/21 14:52
無指向性対向2wayスピーカ
ウーファ・スコーカとも対向配置の無指向性2Wayスピーカを作成しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/17 21:48
OmniMICによるスピーカアライメント測定
 OmniMICのWaveletSpectrogramによるスピーカアライメントの測定例を挙げてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/16 09:46
RINKAKUのアーティファクト
 前回紹介したRINKAKUというソフトでウェーブレット解析ができそうなので色々調べていましたが、どうもすこしおかしいところがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/14 16:46
メインのアライメント取り直し
 よさそうなので「RINKAKU」でメインのスピーカのアライメントを取り直してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/04/09 11:01
RINKAKUによるスピーカアライメントの測定
 kyoto music academyという所で音響関連のソフトを開発、フリーで公開してます。これらは改訂版「リスニングルームの音響学」にも紹介され面白そうなので色々テストしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/08 22:18
O氏S氏来訪
 今日は先月伺ったO氏と友人のS氏に来て頂きました。O氏の重厚長大なシステムに比して我家の軽薄短小な装置がどうか聞いて頂こうという趣向です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/03 18:05
N氏宅訪問
 最近お付き合いの多いN氏ですが、色々な事情でなかなかお宅訪問できませんでしたが、先日ようやく訪れることができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/02 15:14
サブスピーカのインピダンス補正
 最近はサブスピーカがよく鳴るようになってきたのでそちらの調整に時間を割いています。ネットワークは大体終わったので、インピーダンス補正を調整中です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/01 22:43
HAL C60newスピーカ
 今日H氏が平面スピーカで有名なHALの小型システムのC60newを持ってきて来訪されました。もう一つ低音の出方が気になるとのことで診断にお見えになったところです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/26 19:49
新型対向スピーカScanSpeak編(その2)
 一応スピーカが完成したので、先日三土会でお披露目してきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/24 07:21
新型対向スピーカScanSpeak編
 新型対向のスピーカセットを作成中です。ユニットはScanの18W8545を使っています。丁度30.5cm径のボイド管を入手したのでそれを利用して入れてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/18 08:33
M氏邸訪問
 相互訪問で先週来て頂いたM氏宅を訪れました。リスニングルームは6畳間ほどと狭いですが、うまくまとめられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/08 10:10
フェルトの功罪(その2)
 ツィータに貼ったフェルト影響をもう少し詳しく見てみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/03/05 20:58
O氏宅訪問
 三土会のお友達のO氏宅を訪問しました。総勢4名と大勢で訪れ賑やかで楽しい午後を過ごしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/03/02 19:58
フェルトの功罪
 前回ツィータの周りにフェルトを貼ったところ静かになったと書きましたが、データ的にはあまり変わらないと思ってそのままでしたが、測定し直してみるとリスニングポイントで高域が2〜3dBも低下していました(青線がフェルト有2dB/div)。どおりでかなりイメージが違ったはずです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/02/28 08:50
スーパーツィータネットワーク改良他
 メインスピーカのクリアー化でスーパーツィータのネットワークをノッチ付きに改良しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/25 22:46
新対向スピーカ(その4)
 低域が少しタイトなのでバスレフポートを復活させてみました。fsは50Hz弱なので、密閉の60Hzぐらいから比べると45Hzぐらいまで再生領域が延びた感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/23 09:58
TWのフェルト貼り
 高域の純度を上げるためにツィータの回りにフェルトを貼ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/20 20:56
新対向スピーカ(その3)
 ツィータを付けシステムをまとめて見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/19 22:46
新対向スピーカ(その2)
 前回の対向スピーカをエンクロージャに入れて聞いて見ました。使用したエンクロージャは前のボイド管スピーカを流用したもので、ダクトは塞いで密閉にしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/17 08:40
第5回PARCサウンド鑑賞会
 毎年恒例になってしまいましたが、今年も5月23日開催されます。私も相変わらず変なスピーカで参加予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/16 08:29
新対向スピーカ
 以前から2つのスピーカを磁気回路を向かい合わせて使用する対向スピーカを色々と試作してきましたが、両方のバッフルに両ユニット固定しながらを隙間なく取り付けるというのはやってみると解るのですが中々面倒な構造です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/15 17:18
F氏来訪
 先月訪問したF氏が拙宅に聞きに来られました。あいにくの天候ですが、まあこの程度なら特に問題は無さそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/08 18:14
新型対向スピーカ
 対向配置のスピーカは過去色々利点を述べて来ましたが、友人のN氏が面白い物を作られたのでT氏宅に集まって色々試聴・実験しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/23 21:15
i-FLOAT(その3)
 i-FLOAT(T-FLOATから改名しました)の1軸(コロ)タイプを追加製作しました。  あわせて製作記をHPに記載、スピーカ前方のFLOATを2軸タイプとも比較も出来るようにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 17:51
F氏邸訪問
 連荘になってしまいましたが、F氏邸をTakaさん一緒に訪れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/12 22:49
コンザエモンさん宅訪問
 先日Myuさん、Takeさんとゴンザエモンさん宅でミニオフがありました。ゴンザエモンさん宅はちょうど1年前に初めて訪れて以来です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 08:05
ダイヤモンドフォーメーション
 スピーカのインシュレータ配置は通常4隅もしくは、手前隅と奥の3点配置が多いと思います。私もそうでしたが、某所でダイヤモンドフォーメーション(^^;という置き方を推奨しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 10:24
i-FLOAT(その2)
 メインスピーカにi-FLOATを設置してみました。水平上は自由に動く2次元型を前に2個、左右のみの1次元型を後に1個の3点支持です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/04 11:39
i-FLOAT
あけましておめでとうございます。 今年もオーディオに邁進していきましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/01 13:47
AMFB(その7)
 ようやくバランス型のAMFBアダプタができました。切替とかで内部が大分複雑になってしまったので時間が掛かってしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/18 17:49
AMFB(その6)
 相変わらず実験途中ですが、前回のYL−331Nのデータが少しおかしかったので今度はArpair10(密閉)を試してみようとしたところ、回路に間違いを見つけました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/16 17:54
AMFB(その5)
 本番のバランス型アダプタがまだなのですが、一応YL−331NでのAMFB特性を測ってみました。黒線が素の特性で赤線がMFBを書けた状態です。近接15cmぐらいの測定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/10 08:11
対向2wayスピーカのデモ
 某会で対向スピーカを2Wayマルチで鳴らしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/08 08:32
PARC対向スピーカ(その2)
 中高温用のPARC対向スピーカは吊るしたいと思っていましたので、100均で良さそうなのものを物色してしていましたがあまり適当な物が見つかりませんでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/03 08:15
AMFB(その4)
 どうも今回が前回のグラフとイメージが違うと思いましたが、素データにポストフィルターが入っていませんでしたので比較データが間違っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/02 11:39
AMFB(その3)
 以前から継続中だったマイクを使ったAcousticMFBですが、ようやく3Wayや対向ウーファで日の目を見られるかと再度検討を始めました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/01 09:41
対向ウーファ(その3)2way
 早速対向ウーファとPARCの対向スピーカを組み合わせて2Wayを組んでみました。  鳴らしているのは対向ウーファ(対向の左右でチャンネル振り分け)とメインスピーカ上の白い円筒です。  OmniMICによるリスニングポジションでの測定、レンジは5dB/DIVの10回測定平均値。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 07:38
対向ウーファ(その2)
 YLの331Nを使用した対向ウーファですが、やはり後面開放では低音が出にくいです。この場合かなりレベルを補償しなければならず、そうするとこのユニットはサブウーファ用というのではないので歪が増えそう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/28 13:28
Y氏&友人来訪
 この前訪問したY氏が友人のTake氏、S氏らと共に先日訪れてくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/23 10:07
K氏訪問
 先日LinkwitzスピーカのK氏に来て頂きました。スピーカとしては前作のCV-1の方が面白かったのですが、色々チューンの進んだ3+1Wayマルチスピーカを聞いて頂きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/19 22:59
対向ウーファ
 珍しく大型ウーファを製作中です。ウーファユニットのYL-331N(YL製30cm)が遊んでいるのでもったいないと対向結合型の(サブ)ウーファにして組み立てています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/15 07:43
PARC対向スピーカ(その1)
 PARCの8cmPPコーンスピーカ(DCU-F081PP)を使用して小型対向スピーカを作ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 17:52
河口湖合宿
 先日手作りアンプの会の河口湖合宿に参加してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/10 08:56
S氏邸訪問
 先日Take氏とS氏邸にお邪魔しました。DEQXの修理も終わり復調、調整も進んできたとのことで伺いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/06 07:40
試聴室巡り(その4)
 試聴室巡りの最後はアコースティックグループ主催の第13回オーディオフォーラムです。これは毎月第4金曜の夜、九段事務所のオーディオルームにて行われている音響関連専門の建築会社が主催するちょっと変わった試聴会です。こちらも参加は予約が必要です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/04 09:09
試聴室巡り(その3)
 試聴室巡り第3弾はミッドタウンに新しく出来たばかりのHarmanStoreの試聴室です。直営店は初めてとかですが、こちらもおしゃれなミッドタウン内のお店の中にあり、試聴は予約制です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/03 09:03
試聴室巡り(その2)
 試聴室めぐり、第2弾はパイオニアプラザ銀座地下試聴室でのTAD試聴です。こちらは時間内でしたらフリーで聞けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/02 09:03
試聴室巡り(その1)
 先日いつもの仲間と各メーカ等の試聴室を回ってきました。折角なので気になっていた4つの試聴室(Technics,TAD,Harman,AccousticEngineering)を一気に回るという強行スケジュールです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/01 14:16
スピーカ高域インピーダンス補正
 低域のインピーダンス補正が効いたので、今度は高域も試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/25 15:20
K氏宅訪問
 ネットで知り合ったK氏宅を訪問しました。Kさんは写真のようなオープンタイプの珍しいスピーカシステムをお使いです。  これはフィルターで有名なLinkwitz氏が設計した物を忠実に自作された物で、3wayのマルチで駆動しています。下の2つのユニットはウーファで向きが逆ですが逆相駆動なので出音は同相になります。  チャンデバはBHERINGERのDCX2496を使用(別途SRCも使用)でアンプはマルチのAVアンプをうまく活用して3chのマルチをコンパクトにうまくまとめています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/22 10:22
真空管オーディオフェア
 今年で20周年となる真空管オーディオフェアに行ってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/13 08:00
Y氏宅訪問
 古くからお付き合いのあるY氏宅に始めてお邪魔しました。Y氏は目白の閑静な住宅街のマンションにお住まいでオーディオはリビングにセットされています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/10/11 21:54
かべ邸訪問
 audiofunさんのお友達のかべさんをaudiofunさんに案内して頂きtake氏と一緒に訪問しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/09 20:55
SP再生技術研究会
 今日スピーカ再生技術研究会の発表会に参加しました。私は今回は電流アンプ対応の8cm対向スピーカで発表をさせていただきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/09/28 23:07
2014インターナショナルオーディオショーに行ってきました
 久し振りにインターナショナルオーディオショーに行ってきました。以前は毎年欠かさずオーディオショーには足を運んだのですが、最近はあまり参考になりそうなものもなく(当然以前から購入対象にはなりませんが)ショーはご無沙汰になってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/25 09:37
電流アンプ用スピーカ(PARC編その3)
 電流アンプ用スピーカですが、PARCの13cmウッドコーンを各ユニットごと通常のエンクロージャに入れ、フレーム部分のみを結合させた対向システムを作ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/12 08:43
H氏邸訪問
 友人S氏と一緒にH氏邸を訪問してきました。アナログ派のH氏ですが、隠れた匠であることを発見する訪問でもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/09 21:21
O氏、Audiofunさん来訪
 今日は遠方から久し振りに上京されたO氏が積極的皆さんのお宅を回られているので、一緒に回られているAudiofunさんと一緒に拙宅にもお越しいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/07 13:22
電流アンプ用スピーカ(PARC編その2)
 DCU-F131PPに続いてウッド13cmのDCU-F131Wを対向電流ドライブで試してみました。(下のBOXはただの台です。これを使えば低域もしっかり延びますがfo補正も必要になります。下の線はノイズレベル) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/05 18:33
GENELEC試聴
 過日いつものメンバーとオタリテックにてGENELECのスピーカを試聴してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/03 09:49
禁断のツィータインピーダンス補正(その3)
 ツィータのインピーダンス補正を試した2Wayですが、その前にどうもこの補正の効果がなぜ起こるのかよく解らないので色々考察してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/02 10:46
Myuさん宅訪問
 昨日T氏と一緒にMyuさん宅を訪問してきました。今回はAccutonの太鼓エンクロージャでの装置を一応完成されたとのことで、それを拝見するのがメインです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/31 20:18
禁断のツィータインピーダンス補正(その2)
 前回のツィータのインピーダンス補正の効果が大きかったのでネットワークスピーカでの効果も試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/30 09:07
禁断のツィータインピーダンス補正
 あまりの変化にちょっと様子を見ていたツィータへの低域インピーダンス補正を入れてみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/27 22:51
電流アンプ用スピーカ(PARC編その1)
 TangBandの横置き対向の電流アンプドライブが良かったのでPARCも試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/24 09:01
低域インピーダンス補正(その4)
 インピーダンス調整のついでにTangBandの電流スピーカもちょっとボンつくので低域補正を再調整しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/20 09:09
低域インピーダンス補正(その3)
 前回のMIDの低域インピーダンス補正に対してT氏より提案ががあったので試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/18 11:17
三氏来訪
 お盆休みだからと言うわけではないのですが、写真は一人しか写っていませんが、いつものT氏、S氏、N氏にお出で頂きました。今回は前回の逆の順序で、お昼にT氏宅を行き、午後からこちらに回りました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/14 18:35
さくどう親父さん訪問
 前回から久しぶりに昨日、さくどう親父さん宅を訪問しました。今回はyahooブログでお馴染みのアマ二段さんも同席です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/14 08:03
低域インピーダンス補正(その2)
 MIDのATC SM75-150Sにも低域インピーダンス補正をつけてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/08/13 21:13
低域インピーダンス補正
 ウーファの低域共振によるインピーダンスの上昇を補正回路を従来から使っていますが、バスレフ用に改良しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 21:34
電流アンプ用スピーカ(TangBand編その2)
 TangBandの電流駆動が思いのほか良かったのでバランス駆動にしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/10 08:49
電流アンプ用スピーカ(TangBand編)
 春のPARC鑑賞会では電流アンプ対応の2Wayマルチを紹介しましたが、流石にあれはシステム的に複雑になりすぎてサブとしては凝り過ぎです。そこで適当なのはないかと色々考えたのですが、TangBandのW3-881SIの対向ダブルバスレフを試した所これがうまくいきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/09 08:00
スピーカマトリックスPartII(その3)
 スピーカも決まったので後方に設置してみました。右後のが写真のもので、左後にもう一組鴨居上に吊り下げてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/25 20:12
スピーカマトリックスPartII(その2)
 スピーカマトリックス部分は再生音量も小さいので、ユニットは13cmツィンも必要なさそうです。そこで中域は実験用の8cmTangBandで充分?かなとスピーカを変更してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/18 17:56
SATRI-PowerAmp(その7)
 画像は変わり映えしませんが、ツィータとミッドのアンプを入れ替えてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/14 07:52
A&R Lab訪問
 出川式電源でお馴染みの出川氏が主催するA&R Labの試聴室に、AudioFunさんと、かべさんと一緒にお邪魔してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/12 08:42
スピーカマトリックスPartII(その1)
 以前の2Wayの時に実験スピーカマトリックス実験を行いましたが、結構良かったように思います。その後3Wayに移行してからは試す機会がありませんでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/10 17:08
AudioFunさんを再訪
 AudioFunさんのところも落ち着いてきたのでT氏とK氏と共に再訪しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/06 13:30
SPOZZERIAの新装置
 新装置が聞けるようになったということでSPOZZERIAに遊びに行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/27 23:04
ハイレゾ体感 in VICTOR STUDIO
 N氏に誘われて表題の視聴会に行ってきました。場所は神宮前のビクタースタジオで内部見学とモニタールームでのハイレゾ試聴がメインです。参加者は30人ほど、結構女性もいてオーディオ試聴会とは一味違う感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/22 12:50
SEAS2Wayネットワーク再検討
 SEAS2Wayも床置きで調整を端折っていましたが、やはりちゃんと調整しなおしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/05 21:59
第4回PARCサウンド鑑賞会
 昨日第4回のPARCサウンド鑑賞会に参加してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/06/01 09:06
第9回オーディオ・フォーラム
 先日潟Aコースティックエンジニアリング主催の第9回フォーラムに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/01 08:38
Seas2Way Nochフィルター
 先日のSeas2Wayはやはり少しうるさいのでウーファ側にノッチフィルターを追加してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/23 10:53
Seas2Wayバイワイヤ
 折角鳴らした2Wayですので、ネットワークをバイワイヤ対応にして、色々な駆動を試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/19 08:06
Seas2Wayの復活
 PARCのDCU−F131PもT114Sとセットで落ち着きそうなので、余ったSEASのツィータを元に戻してウーファのW18EX001との組み合わせに戻しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/16 13:39
マルチアンプ・クロスオーバの妙味
 マルチアンプでは帯域分割の遮断特性はなるべく急峻な方が良いと思っていましたが、一律にそうでもないと思えてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/13 23:14
春合宿
 某所でおなじみの皆さんが集まって恒例の春合宿を行ないました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/04 14:43
I氏、K氏来訪
 連休も始まり、陽気も良くなったので相互訪問にも良い季節になりました。先日はI氏(写真取り忘れました)にも来て頂きましたし、昨日はK氏が試聴に来られました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/02 07:52
AudioFunさん宅訪問
 エールの4WayのAudioFunさんの所ですが、ラックやウッドホーンの本番セットが落ち着き、今回DEQXの最終調整ということで伺ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/22 09:39
3氏来訪
 デジタル系のノイズ対策後のシステムを何時も3氏(T氏、S氏、N氏)に来て頂いて聞いて頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/17 08:53
PARC2Wayの調整
 PARC鑑賞会用の2Wayですが、色々調整を進めています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/15 20:59
スーパーツィータの特性
 新たに付け加えたスーパーツィータも一応データを取ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/31 20:07
スーパーツィータ追加
 ツィータのT−330Dが超高域ではあまり伸びていないようなので、リポンツィータで強化してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/29 09:11
新三位一体
 以前スピーカとベースの一体化で好結果を得ましたが、固定は暫定的な梱包ベルトで済ましていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/27 09:42
Y氏訪問
 久しぶりに誘われて遠距離遠征で長野県佐久市のY氏を訪ねてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/23 14:52
目玉親父の保持と保管方法
 PARCのDUC-T114Sを使った目玉親父ですが、取り付けはウーファヘッドにアルミ板を加工した取り付け板で固定していますが振動遮断に工夫しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 16:35
PARCサウンド鑑賞会
 目玉親父をつけたPARCの2Wayがようやく形になりました。これを今度の5月のPARCスピーカ鑑賞会にも出品しようと思っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/03 16:44
TweeterBall目玉親父
 PARCのツィータDCU-T114Sを購入していましたが、ボール形状のエンクロ―ジャに入れてみました。素材は発泡スチロールで@53とお安いですが、加工はちょっと面倒です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/24 11:44
電流アンプ用スピーカ(その3)
 流石に2ユニットで3Lは小さいので容積を増量しました。CV−1の様にボイド管を調達しようと思ったのですが、@400円でピッタリのごみ箱(7L)ほど(^^;があったのでこちらでお試しを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 09:57
OmniMIC隠れ?機能
 徐々にユーザも増えているOmniMICですが、和文マニュアルが無いので使い方が解り難い点があります。一般に室内での周波数特性を測るにも、そのままの設定だと変なデータになる面もありそうなので、簡単な注意点を書いておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/29 08:42
電流アンプ用スピーカ(その2)
 電流アンプ用スピーカも色々試しているのですが、中々うまくいきません。ホースロードも今一つなので、今度は電気的にインピーダンス補正でフラットに近づけてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 09:09
ゴンザエモン邸訪問
 昨日ブログ繋がりのゴンザエモン邸をaudiofunさんとT氏と一緒に訪問してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 08:24
スピーカのインピーダンス補正
 以前からウーファには低域のインピダンス補正を入れてますが、前のCV−1の流用だったので変更を検討しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/16 11:35
メインスピーカの歪率
 メインの3Wayスピーカですが、当初リスニングポイントでの歪測定をしていましたが、暗騒音にマスクされているのではないかと指摘もあり、ニアフィールドで再測定してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/13 07:59
AEDIO新春試聴会
 新春早々AEDIOさんの試聴会が有ったので行ってきました。お目当てはAccuton のセラミック振動板の新シリーズC158-6-851C25-6-158の2Wayです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/05 09:02
三位一体
 milonさんのところでスピーカを大地固定して好結果を得ています。流石にそこまで自宅ではできないのですが、そのエッセンスを少しでも取り入れようと考えました。結局スピーカはコーン紙の反作用で本体を動かないようにするのが肝心です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/19 21:33
milon邸訪問
 先日急遽milonさんのお宅に行けることになりMyuさんらと連れだって聞かせて頂きました。メンバーはWoody& Allen工房さんと友人のT氏、ゴンザエモンさんの5名です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/17 08:09
AudioFunさんWA-4000導入立会
 AudioFunさんがウーファをエール音響のWA-4000に交換され納入のお手伝いに行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/15 17:31
電流アンプ用スピーカ(その1)
 正確には3代目ですが、狭小エンクロ―ジャは良さもあったのですが問題点が残ったので、今度はTangBandを使ってチップ充填にしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/13 10:14
N氏、S氏来訪
 手作りアンプの会のN氏とS氏が訪れて来られました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/08 18:11
抵抗制御?スピーカ(その2)
 ついでにフルレンジ、PARCのDCU-F131PPも塞いで見ました。ちょっと背面の窓が大きく補強しないと無理かなと思いましたが、それほどでもないようでパテだけで済みました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/22 12:36
抵抗制御?スピーカ
 電流アンプ用に背面ダンプしてfo共振を潰した抵抗制御スピーカ製作の実験をしていましたが、最新はこんなものを作ってみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/20 09:15
2Way3Way比較
 先月来スピーカを3Wayに更新しましたが、従来の2Wayと厳密な比較はしていませんでしたので、改めて聞き比べてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/15 09:46
S氏宅訪問
 先日1年ぶりぐらいで、S氏のお宅へ伺い聞かせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 20:04
RGAA音の展覧会「1万円オーディオ発表スペシャル」を聞く
 ハイエンドショーが昨日から開催されていますが、どの道あまり参考にならないので、身の丈に合った(^^;RGAA音の展覧会「1万円オーディオ発表スペシャル」の方を聞きに行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/03 07:37
スタタボさん訪問
 mixiのスタタボさんからお誘いが有ったので、訪問させて頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/17 20:24
スピーカシミュレーションの発表
 エンクロ―ジャ構造によるスピーカ音圧周波数特性のシミュレーションの改訂版(ハンドブック)を作りましたので、スピーカ再生技術研究会のオフ会で発表させて頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/14 09:14
Myuさん、Audiofunさん来訪
 相互訪問で昨日MyuさんとAudiofunさんが拙宅を訪れて頂き、ミニオフを開きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/13 07:24
メインスピーカのポート調整
 コーナ配置にしてから40Hzあたりの低音が持ち上がり気味で、EQで抑えなければならないくらいです。そこで現在ちょうど40Hzぐらいになっているポート周波数を下げ、ピークを分散して低域のEQを軽くするとともに更に最低域を伸ばす様にしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 08:58
ATCミッドエンクロ―ジャ塗装
 何時までの白木のままでは気になるので、取りあえず塗装してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/11 10:05
さくどう親父さん再訪
 さくどう親父さんの所にお招きいただいて再訪しました。前回よりホーンなどのチューンが澄んで更にバランス良くなった音を聞かせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/08 09:53
AudioFunさん宅訪問
 Myuさんの紹介でエールのホーンを中心に構成したシステムのAudioFunさんを訪問しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/06 23:28
スピーカのコーナーセッティング(その4)
 石井式で有名な石井氏の提唱されたスピーカを部屋の横遣いで設置する方法は画期的でしたが、更にコーナ配置による縦使いが有効そうなので実験してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 07:43
Myuさん宅訪問
 AEDIOさんのところで知り合ったMyuさん宅を訪問しました。以前からブログは拝見してたのですが、T氏との相互訪問の機会に一緒に伺わせて頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/22 08:26
スピーカのコーナーセッティング(その3)
 ようやくATCのMIDが使えるようになったので当初の構想した3Wayが組み上がりました。各ユニットは ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/17 22:28
ATC MID BOX
ATCのMID用Boxを早速作りました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/16 08:02
スピーカのコーナセッティング(その2)
 使用予定のサブスピーカをコーナにセッティングして聞いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/15 11:27
スピーカのコーナセッティング
 スピーカのセッティングはだいぶ前から部屋を横に使いかなり壁から離した使い方をしていますが、某HPでスピーカの面白いコーナへのセッティングを推奨しているのでちょっと検討して試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/09 20:56
ATCミッドユニット
 有名なATCのミッドドームスピーカのSM75−150Sを入手しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/26 17:25
DCU−F131PP
 久しぶりにウーファユニットをDCU−F131PPに戻してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/23 17:50
軽量スピーカ(その10)ダブルバスレフシミュレーション
 スピーカエンクロ―ジャシのミュレーションを検証する上で低域の正確な実測をしたいのですが、室内では定在波などの影響で色々と難しい問題があります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/04 09:11
スピーカマトリックスターミナル
 相変わらず小ネタですが、スピーカマトリックス用の音量調節兼アース側の接続ターミナルを作りました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/31 11:03
ARC2導入(その4)
 前回のARC2検証データがどうも怪しいので(測定時にARCをバイパスさせてなかった?かも)、再度使い方も検討しながら測定し直してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/22 16:07
DCX2496 フルアウトプット
 DCX2496改造デジタルチャンデバは当面ステレオ2ch分しか使っていなかったので、HDMIのデジタルアウト基板もその分しか搭載していませんでいた。  まあその内にフル装備にするつもりで、後は基板だけ載せれば良い様に既にケースなどの準備はできていたので、今回ようやくステレオ3ch出力できるように基板追加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/15 20:02
F氏邸訪問
 友人の紹介でちょっと遠いですが、潮来方面のF氏邸を訪問してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/04 17:31
ARC2導入(その1)
 室内音響補正ソフトのARC2を導入しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/02 08:42
MACTONE vs SATRI 試聴会
 昨日真空管アンプで有名なMACTONE本社でSATRIアンプと対決?試聴会があったので行ってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/29 08:10
雪まるださん宅訪問
 さくどう親父さんのお友達で雪まるださん宅を訪問してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/24 10:25
WM61Aの超高域特性
 DEQXのマイクキットには高域特性の優れたearthwoksのM30(DM30?)が使われていて、30kHzまでの特性が保証?されています。あまり今までは20kHzオーバーの特性は注目していなかったのですが、seasの高域ピークを見てからはちょっと気になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/19 08:48
Acoustic MFBの実験(その2)
 MFBの過渡特性への効果をMySpeakerのOneShotSin波で見てみました。図の左がMFBなし、右がMFBありです。波形は検出マイクの出力を見ています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/14 16:03
スピーカマトリックス
 軽量スピーカを試している時にちょっと思いついて往年のスピーカマトリックスを試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/06/12 18:10
Acoustic MFBの実験(その1)
 スピーカの性能改善でMFB(モーショナルフィードバック)という手が昔からありますが、ユニットが特殊になってしまう点あまり普及していません。そこで今回通常のユニットを改造なしで使えるアコースティックMFBの実験をしてみました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/09 10:18
サブウーファの検討
 メインスピーカでは40Hzあたりまでは何とかカバーできていますが、それ以下は現行のスピーカではちょっと難しいところです。そこでこの下を受け持たせるサブウーファを入れたらどうかと検討しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/07 12:32
軽量スピーカ(その9)ダブルバスレフ
 軽量スピーカの最終版としてダブルバスレフにしてみました。上下のボックスの間に仕切り板を一枚挟み、上下のエンロージャでダブルバスレフにします。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/04 17:30
第3回PARCサウンド鑑賞会
 昨日無事第3回のPARCサウンド鑑賞会が終わりました。今回も多彩で高レベルな作品を色々聞くことができ楽しい時間を過ごせました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/26 08:58
バッフルステップ補償冶具
 明日はいよいよ第3回 PARCサウンド鑑賞会が開かれます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/24 09:59
reiraさん宅訪問記
 reiraさんの所をT氏と一緒に聞きに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/22 11:53
OmniMIC 歪率データの検証
 OmniMICで色々歪率測定をしていますが、どうも低音の歪率が今までのイメージより少ない感じがして、少し検証してみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/20 16:14
軽量スピーカ(その8)歪率測定
 こちらは現在試行中の軽量対向スピーカの歪率です。流石に大音量はきついので中域で80dB見当の音圧で測定しました。その他の条件は同じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/14 15:46
CV−1歪率測定
 自宅メインのスピーカ歪率についてそれほど気にしていなかったので、今回測定結果をまとめてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/13 15:26
スピーカシミュレーション
 スピーカのエンクロージャ設計には既に色々なシミュレータソフトが出ていて便利な面もありますが、原理的な計算内容が判らないので、ダブルバスレフやトリプルバスレフなどちょっと変わった設計では対応していません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/10 09:19
軽量スピーカシステム(その7:ダブルボックス)
 軽量スピーカですが、ダブルバスレフの前段階として箱を2段に重ねててダブル容積の箱にしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/08 18:54
リバーシブルツイータ
 前回振動板を交換して復活したT29MF−002ですが、メインのツィンツィータの後ろ側に付けていた仮ユニットと交換して、本来の姿に戻すことができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/02 08:43
T29MF-001復活
 飛ばしてしまったSEASのツィータT29MF-001の交換振動板を購入して無事復活しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/28 12:11
町田オフ会参加
 町田近郊で開かれている手作りアンプの会の地域分科会?の町田オフ会に参加してきました。今回で3回目とのことでですが、中々都合が合わずに初めての参加です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 20:35
さくどう親父さんを訪問
 先日都内某所でさくどう親父様のオフ会に参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/22 22:29
軽量スピーカシステム(その7)
 W3ー881SIツィン対向の周波数特性を測ってみました。(1m、20回平均) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/18 07:31
軽量スピーカシステム(その6)
 シングルユニットタイプが一応完成したので、早速次は本命の2ユニット対向型に改造してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/16 19:35
軽量スピーカシステム(その5)
 ポート調整が終わったので色々試聴をしています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/11 15:29
軽量スピーカシステム(その4)
 前の実験の続きで底板に開けた直径38mm、板厚12mmのままのポートと下の置き台隙間を変えて低域特性を取ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/10 14:13
軽量スピーカシステム(その3)
 やはり密閉では低域が苦しいので早速バスレフを試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/09 20:02
軽量スピーカシステム(その2)
 体裁を整えまずは密閉型からスタートしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/08 09:12
DATS GETS!
OmniMICに続いてDaytonからインピーダンス測定器のDATS(Dayton Audio Test System?)を入手しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/06 09:27
軽量スピーカシステム(その1)
 次回のお寺課題にも通じますが、全体重量の軽量化を図りながら高音質のスピーカを目指したシステムを作ってみようかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/04 20:54
復活
 対向ツィータの裏側に前の32DT34を付け戻して、スピーカシステムを復旧しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/27 16:51
アチョ〜
 新DACの電源OFF時のオフセット電圧に気が付かずツィータを飛ばしてしまいました。オーマイゴット! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/25 09:21
簡易2Way
 折角の新しいチャンデバが出来たのですが、デモをするマルチ対応スピーカの良いのがありません。そこで以前対向型で作ろうと目論んでいたスピーカがペンディングになっているので簡易型を作成してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 08:34
W3-881S1
 先月の三土会でS氏のスピーカが中々良かったし、ユニットが安価とういうことで入手してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/02 10:38
T29MF001 twin
 追加で購入したT29MF001をバッフルを付けて、現用メインの対向型スピーカのツィータに組み込みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/18 17:15
T29MF001追加購入
 メインのツィータはSEASのMg振動板の最新型ですが、振動板がすぐに汚れたようになってしまうので?あまり人気がありません。  私のは対向型なのでユニットは左右各2つ必要なのですが、上記に様に通常在庫もないのと値段の関係で裏側のユニットは安物でごまかしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/17 08:23
インピーダンス測定冶具
 音響測定はOmniMICが来てからは大分そちらに乗換えたのですが、もう一方で重要なインピーダンス測定はOmniMICではできません。インピーダンス測定はエンクロ―ジャやポートの適正を判断する重要な情報になるだけでなく、共振や空気漏れなど気が付かないポイントを発見するにも重要です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/15 08:14
3wayホーンスピーカの調整
 先日大森Y氏SPOZZERIAの3wayホーンスピーカのマルチ駆動を調整してきました。写真が遅れてしまったので少々タイミングがずれてしまいました。    ウーファエンクロ―ジャは200リットルほどのフロントショートホーンで、カスタム品を引き取ったものです。チャンデバはべリンガーDCX-2496の改造品(クロック&電解コン交換品)を使い、omniMICで測定しました。使用している各ユニットおよびホーンは   ウーファー JBL 2226H ツイーター JBL 2405H ホーンド... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/14 16:57
吊りツィータスピーカの特性
 先日の吊りツィータスピーカの特性を測ってみました。ウーファは先述のPARCですが、上下はひっくり返してツィータと近づけてみました。やはりウーファの上下でも結構変わるみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/09 17:20
吊りツィータ
 先日の対向ツィータブロックですが、ウーファからの振動を受け難い置き方としてはやはり吊るのが一番だと思います。そこで今回は又もや100均のバナナ吊りを使用してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/07 17:58
ロートホーンツィータ
 100均で写真の様なロート(漏斗)を見つけました。ハイスピードロートという魅力的なネーミングです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/06 17:01
ツィータブロックテスト
 ウーファがまだなのでツィータブロックをメインに付けて試聴してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 11:53
ツィータブロック
 ScanSpeaksウーファとペアになるツィータブロックを作りました。ユニットはDENONの32DT34で以前に格安でウーファとペアで購入していたものです。安かったのでまとめ買いをしていたので数が有り対向方式で使うには丁度良い感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/23 13:08
2012年オーディオ・ホームシアター展
 今日から秋葉原のUDXと富士ソフトで恒例の音展が開かれています。仕事で出たついでにPARCさんのブースへ寄ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/19 20:28
スピーカ再生技術研究会オフ会予告
 MCAPを提唱されている鈴木さん主催のスピーカ再生技術研究会でオフ会が10月7日(日)に開かれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 08:50
ブラインドテスト
 スピーカ再生技術研究会の主催でアンプのブライドテストをしてみようとういうことで、こんなことをまともにやってみようという機会は中々ありませんので参加してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/09/18 09:11
ScanSpeaksウーファの試作(その3)
 とりあえずツィータを付けてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/05 15:38
ScanSpeaksウーファの試作(その2)
 Scanのウーファですが、対向型とすべく上にも同じユニットを載せてみました。エンクロ―ジャはBAPスピーカの流用です。間に真鍮のスペーサを入れていますが、こうすれば最短距離でスピーカエンド同士を固定化しながら、対向型のシステム構成ができます。(写真右は背面の拡大で上下にスリットポートが見える)142HX16Wx23L ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/02 14:03
ScanSpeaksウーファの試作(その1)
 Scanの18W8545が余っていましたのでウーファとして再利用ができないか試してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 09:51
スピーカユニットのアーシング
 これも以前は行っていたのですが引っ越し後はそのままだったCVスピーカユニットのアーシングを復活させました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 18:14
GR-3777励磁スピーカの電源考察
 今年の春ごろに検討していたザクセンウェルケの励磁スピーカですが、定電流励磁電源の性能と特性が今一良く解かっていなかったので少し調べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/09 11:13
スピーカユニット聞き比べ
 大森のBAR「SPOZZERIA」で大口径ウーファの比較試聴がありました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/02 10:32
大体落ち着きました
 まあ室内調整はキリがありませんが、とりあえず新居で音が聞けるようにはなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/02 14:47
K氏宅訪問
 町田のK氏宅を訪問、装置を試聴させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 11:00
縦配置・横配置
 新ルームなので久しぶりに基本配置の検討をしていますが、改めて縦配置と横配置の差が大きいのに気がつきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/14 15:51
DCU-131A
 早速CVスピーカのウーファをアルミコーンのDCU-131Aに交換してみました。まあサイズがまったく同じなのでコーン紙以外変わったところはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/10 15:43
DCU-131A購入
 PARC鑑賞会ではケイさんの131Aウーファの低域の音色に切れがあって印象が良かったので、PARCオンラインの割引セールもあってついポチッてしまいました。  PPとは全く同じフレームなので、CVスピーカには簡単に換装できるのではないかと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/05/03 08:42
PARC鑑賞会にてCVS発表
 第2回目のPARC鑑賞会にてCVスピーカのお披露目をしてきました。まあこの会のために作ったといっても良いので、何とか無事に音が出て良かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/28 22:58
YL-331-N box塗装
 YL用のエンクロージャは無塗装だったのでオイルステイン仕上げとしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 17:01
三土会デモ
 先日の三土会でCVSフルバランスシステムを紹介してきました。(隣のウーファは別です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/22 09:10
Dolon邸訪問
 AAFCのメンバー4人でDolonさん宅を訪問しました。大分前ですが以前にもお伺いしたことが有るのですが、転居され、部屋も24畳のDKと一新されているのでだいぶ趣が違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/15 08:55
YL-331-Nシステム
 あちこち忙しいですが、YL-331-Nの方もポート調整を待ち切れずにイコライザで何とか調整してみました。  まあ思ったほど低域は変でないようで、うまく繋がりました。ホーンの周波数特性は相変わらずかなり修正しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/14 07:53
CVSいよいよ完成
 CVスピーカがお化粧直しをして、ようやく完成しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/13 13:25
CVS組み立て(その7)
 ようやくエンクロ―ジャの方が(お化粧はまだですが)完成しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/11 09:47
YL-331-Nウーファ(その4)
 注文していたウーファのエンクロ―ジャがやっと出来上がってきました。無塗装で基本サイズは既製品なので安いのですが、結構しっかりした作りです。箱だけで20kg以上はあります。上は合わせるホーンスピーカを載せてみたところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/09 20:15
CVS組み立て(その6)
 CVスピーカのツィータ部の振動対策で塩ビ管に筋交いの板を入れてみました。ついでに不要かもしれませんが、前後のユニット結合ができるように奥行き部分の厚みも調整し、ツィータも前後振動結合してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/04 18:13
CVS-1組み立て(その5)
 このツィータ部ですが最初はリジッドにウーファ部に固定していました。ところがクッション材を介してフリーで置く場合と比べるとどうも音場感が良くありません。音像が滲んで広がりや奥行きが少ないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/01 08:45
CVS仮箱特性
 CVスピーカのヘッド部ができたので仮にBAPスピーカの箱に付けて鳴らしてみました。アンプもまだ本来の組合せではありませんが、特性への影響は少ないと思いますので現時点での特性を取ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/29 20:26
CVSヘッド部完成
 一応CVスピーカもツィータができたので、塗装を入れてのヘッド部を組み立ててみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/26 11:46
CVSツィータユニット完成
 PARC発表会のエントリーもしたのでCVスピーカも製作に拍車をかけなければとツィータユニットを完成させました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 18:24
定電流励磁電源の製作
 ザクセンウェルケGR-3777の励磁電源が抵抗直列の仮定電流電源だったので、ちゃんとした半導体定電流電源を作成しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/03/14 08:35
CVS組み立て(その4)
 CVSヘッドの中身ですが、スピーカのお尻にスペーサを挟んで長ネジで留めています。スペーサ最初は上の写真のMDFで組んでみましたが、下の真鍮ブロックに替えてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/13 11:57
CVS組み立て(その3)
 今回はちょっと横道ですが、CVSをメインのMIDとして使えるように調整してみました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/11 22:41
CVS組み立て(その2)
 CVSのヘッドが一応組みあがったので、早速暫定BOXに載せて聞いてみました。BOXはBAPスピーカに使った16Lぐらいの逆テーパー箱で、ちょっと特殊ですがまあテストには使えるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/07 19:33
BAPスピーカ撤去
 2006年のA&Vフェスタの自作オーディオ自慢大会でアイデア賞をもらった「BAPツインスピーカ」ですが、流石に音的にも情報量がすくなく。近年はほとんど使われることもないのですがモニュメントとして残していました?というのは言い訳で、片付けるのが面倒でそのまま居座っていただけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 15:44
CVS−1組み立て(その1)
 ぼちぼち新スピーカの組み立てを始めなければと取りかかりました。水平対向ユニットで振動を打ち消すというコンセプトなので怪しい英語でCancelingVibraitonSpeaker-1と名付けておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/29 11:03
YL-331-Nウーファ(その3)
 エンクロ―ジャの設計資料用にウーファの特性を取ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/24 16:47
YL-331-Nウーファ(その2)
 YL-331-Nのウーファのエッジ修理が上がってきました。今回は外部にお願いして修理して頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/22 08:54
励磁型スピーカ(その2)
 ザクセンウエルケのGR-3777の音出しができました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/18 09:06
励磁型スピーカ
 M氏より貴重なザクセンウエルケのGR-3777をお借りすることができました。励磁型スピーカはまだ手掛けたことがないのでどのような音になるか楽しみです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/13 10:25
CVスピーカ(その1)
 振動打ち消し型(CV)のスピーカの製作を始めました。とりあえず板材ですが、このシーズン屋外での作業は辛いのと円形カットが多く難しいので部材カットは外注しました。  Yahooで出ている業者ですが、仕上げは綺麗でお値段もまあまあです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/09 09:04
clock周波数変更
 自宅のシステムクロックはデジタルチャンデバのDACに入れるルビが基本ですが、従来DDCのワードクロックとの共通性から44.1kHzfsにしていたのですが、本来DCX-2496はその名のように96kHzfsが基本です。ここを88.2kHzfsで動かしていたのですが、表示周波数等が少しずれますが実際の動作には問題ありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 09:25
FPSスピーカ(その2)
 前回のFPSスピーカは高域で使おうとすると幅があるので指向性が出てきます。そこで気になる特性を測ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/02 15:47
FPSスピーカ
 友人のT氏よりFPSスピーカなるものを借りて聞いています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 22:09
YL 331-Nウーファ
 I氏からYLの往年のDS-5000というシステムに使われていた30cmウーファを頂きました。なぜか最近急にスピーカづいてきたようです。  ただし、ご覧のようにエッジがもうダメになっていますのでこの辺は修理が必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/28 21:49
水平対向2Way
 先日三土会で鳴らした2Wayスピーカです。大分前に製作したのですが以前のネットワークを外し今回はマルチアンプで駆動しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/26 09:16
タイムアライメント
 DCU-F131PPはフルレンジとありますが、やはり2Wayで使う予定なので、箱作りのために基礎資料としてツィータとのタイムアライメントをまじめに測定してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/24 16:58
PARC試聴会のネタ
 PARCの試聴会が4月末に予定されているので、次のネタを仕込んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/23 20:52
Y氏訪問
 先日久しぶりにY氏を訪問しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/20 16:58
K氏宅訪問
 最近知り合ったK氏に昨年我が家に来ていただいたので、こちらもお宅を訪問させて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/06 20:54
PARC ProjectF試聴会
 今日都内某所でPARC主催の高音質ユニットProctFシリーズを使った「販売前実力探索試聴会」(公称:プロジェクトF イジリ倒し会)があり参加してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/10 20:44
JBL DD66000
 都内某所のN氏のところでご覧のJBL DD66000エベレストを聞かせて頂きました。入力・増幅系はKLIMAX−DSを初めとするLINNの最高級コンポーネントのフルラインで揃えられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 11:31
マルチアンプシステムでの極性確認
 マルチアンプシステムでは構成が段々複雑になるにつれ、各チャネルのデバイダ出力やアンプ、スピーカの極性確認が重要になります。勿論、この極性がどうなっているかによってチャネル間のつながりに重要な影響が出るからです。  普通のステレオだとまあ左右の極性の違いが問題になるくらいですから、その真偽は聴感でも解り易いですし、それほど問題にはなりません。ところがマルチアンプだと構成要素の複雑さがチャネルが増えるにしたがって加速度的に増えるので官能ではそう簡単に判別することができなくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 22:09
2wayマルチの特徴
 各2wayスピーカの特性をOmniMicで取ってみました。諸特性も取ったのですが、今回は簡単に取れるので珍しく歪率なども取ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 13:17
DCX-2496のリモートソフト
 BEHRINGERのチャンデバDCX-2496にはRS-232Cでコントロールするリモートソフトがあるのは知っていましたが、本体側でも操作できるので今まではあまり使いませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 23:13
TEAC S300マルチ化
 DENONの2wayマルチ化が思いの方かよかったので、これに味をしめて今は使っていないTEAC製S-300と言う13cm同軸2wayもマルチ化してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/08 16:24
DENON2wayマルチ駆動
 以前に作った2wayスピーカをネットワークからマルチアンプ駆動に改造しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/05 19:23
JBL2450J+2309
 先日の合宿で色々のホーンスピーカを聞くことができたのでついでに解析の役に立ちそうなインピーダンスを測定してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/13 09:36
SalveRegina
 先の連休中は真空管オーディオフェアやらハイエンドショウなどがありましたが、真空管オーディオフェアで新進のメーカである日本オルガンの「SalveRegina」ブランドのシステムを聞きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/11 22:14
13cmウッドコーンSPデモ
 AAFC定例会でスピーカ再生技術研究会でも発表したPARCのウッドコーンSPをデモしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 10:12
STAX用アダプタ
 STAXのコンデンサヘッドホン(イヤスピーカー)には専用のドライブアンプがある(必要な)のですが、以前はトランス式のアダプタがあって汎用アンプも使用することができました。  ところが最近その種の製品が見かけなくなって久しいので、ポータブルタイプの専用アダプタを改造して汎用アンプが使えるトランス式のアダブタに変更してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 21:32
スーパーウーファ
 先日T氏のところでスーパーウーファ込みの3wayスピーカを聞かせて頂きました。小型2wayではやはり低域が薄いのでこれを補うべく小型で本格的なスーパーウーファを考えたとの事です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/11 15:22
13cmウッドコーン2wayスピーカ
 先日の「スピーカ再生技術研究会」では急遽試作中のスピーカを発表させていただいたのですが、それがこの2wayスピーカです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/07 09:02
スピーカー再生技術研究会試聴会参加
 昨日の鈴木さんの主催される「スピーカー再生技術研究会第2回公開オフ会」に参加してきました。折角聞かせて頂くので、急遽飛び入りで参加もさせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/09/05 10:27
2inchホーンの特性
 某所でJBLの2inchホーンの特性を測る機会がありました。ドライバーはJBLの376でホーンはKOZY STUDIOというところのAH520です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/15 08:27
DCU-C171ppパワーアップ
 久しぶりのDCU-C171PPスピーカですが、デモ用にと能率アップを図りました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/13 11:35
OmniMic(その9)ホーンスピーカの音源位置
 マイクによる距離測定のおまけついでに解りにくいホーンスピーカの音源位置を測ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/17 17:44
OmniMIC(その8)距離測定
 OmniMICですが、最後におまけでスピーカまでの距離測定をしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/07 11:13
OmniMIC(その7)ウォーターフォール表示
 OmniMICの最後はいわゆるウォータフォール表示で、ここでは2種類の測定表示ができます。この機能はAdvanced Functionsのチェックが入っていないとアイコンが出ないので注意。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/14 11:36
OmniMIC(その6)低音減衰特性
 最後は低音減衰特性(BassDecay)です。といってもこの形の形式を見るのは私は初めてで、ウォータフォールの2次元版のような気もします。CSD(Cumulative Spectral Decay)では低音部分が表示し難いのでその代わりかもしれません。  ざっくり言ってみれば、低音での長く続く共振モードを見つけて対処しようというためのツールで、いわば鳴き龍現象のようなものを見つけようというのではないでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/13 10:03
今日のお寺大会出し物は
 8cm大会ということで色々考えたのですが、自宅で常用する予定はないし、新規に作るのも大変なので従来の改変でお茶を濁そうと企画しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/11 08:02
OmniMIC(その5)残響特性
 5番目は残響特性です。これはスピーカというより室内の音響特性で、残響時間というは発音が止まってから-60dBまで減衰する時間で表わします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/10 08:07
OmniMIC(その4)歪測定機能
 4番目の機能は歪率測定機能で、2次から5次までの高調波歪の測定ができます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/09 08:09
OmniMIC(その3)オシロスコープ機能
 3番目の機能は普通のオシロスコープの様に入力波形を見る機能です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/06 07:26
OmniMIC(その2)音圧・スペクトラム測定機能
 2番目の測定機能は音圧・スペクトル測定機能の紹介です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/04 09:33
OmniMIC(その1)周波数特性測定
 簡単な和文マニュアルを作ろうとは思いますが、一応測定項目ごとに概略を紹介しておきましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/02 19:16
OmniMIC入手
 発注したらアッという間に届いてしまいました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/28 08:58
Omni MIC
 PARCさんのところで話題になったのが写真の音響測定システムです。マイクにすべて込みでUSBバスパワーで動作するようなので取り回しも楽で便利そうですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/05/24 09:26
音響測定(WM-61A校正データ)
 安価な音響測定の方法については色々紹介してきましたが、最終的には測定マイクの校正がネックに成ると思います。そこで過去にも紹介してきたパナソニックの校正データをご紹介しておきます。  秋月で200円/2個で販売されているエレクトレットマイクですが、そのままでも測定で使えるほど優秀です。ネットワーク調整には充分ですが、更に若干高域で感度が上がっていますのでその分補正すれば完璧です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/22 08:27
ウクレレスピーカ バスレフ化
 ウクレレスピーカですが、単体では流石に少し低域が弱いのでバスレフポートを開けてみました。場所は指板の根元で本体との接合部分の厚みが有って丁度良いのでそこに穴をあけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/18 11:16
DCU-C171pp(その7)
 PARC鑑賞会でも好調だったDCU-C171ppですが、折角なのでダブルワイヤリング端子に変更してみました。まあ端子をもう一組付け足しただけですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/05/14 07:42
Audaxのダブルバスレフ(その3)
 内部の1次ポート共振を測定してみました。外箱のふたを開けて内部のポート出口での測定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/13 10:00
Audaxのダブルバスレフ(その2)
 ダブルバスレフまでシミュレーションできるフリーソフトということで「SPED」というものが有るのを見つけました。ユニットデータも沢山あり、使いやすそうです。  早速今回のHT-08G0のダブルバスレフ箱をシミュレーションし、ポート特性を測定して検証してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/12 09:33
Audaxのダブルバスレフ
 PARCの鑑賞会でダブルバスレフが結構いい感じだったのと、次回の手作りアンプの会お寺大会の課題が8cmスピーカということもあって、ダブルバスレフを少し見直してみようかと思い立ちました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/10 08:32
PARCサウンド鑑賞会
 PARCユニットユーザの有志が中心になって、皆さんの自作スピーカを持ち寄り鳴らしてみるという会が開かれます。  日時 4月30日 AM11〜PM7  場所 新橋駅前ビル1 号館5F 鳳龍クラブ  入場料 500円 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/28 07:06
DEQX(その2)
  DEQXによるスピーカの特性補正機能を少し試してみました。今回は一番簡単にシングルアンプのシングルスピーカ(マルチウェイ)の補正のみの実験(デジタルチャンデバは使わない)で、入出力ともデジタル(S/PDIF)接続で行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/06 08:32
DCU-C171pp(その6)
 いろいろDCU-C171PPも調整してきてようやく最終的な形に落ち着きそうです。グラフは最終回路時のの周波数特性(室内)でマイクまでの距離は1m(高さ90cm)です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/05 10:35
DCU-C171pp(その5)
 相変わらずDCU−C171ppですが、その3で掲載した2次フィルターの周波数特性が間違っていたようなので、再度計測してみました。ついでにSpeakerWorkShopのシミュレーションの性能も確認してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/02 09:39
DCU-C171pp(その4)
 今回はバスレフスピーカシステムの製作であまり注目されないポートからの音漏れとその対策について説明したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/24 15:32
DCU-C171pp(その3)
 今回はツィータのネットワークについてお話してみます。このユニットはウーファ側がフルレンジ並に高域まで伸び特にピークも無いのでネットワークを必要としません。これにわずかにスーパーツィータの様に高域を付け足すような感じです。低域のネットワークがないのは音質的にもコスト的にも助かります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/13 16:35
DCU-C171pp(その2)
 今回のエンクロージャは約18Lと標準より少し大きめにしました。更にバスレフ臭くならない様にポートの共振周波数も40Hzあたりと少し低くして、低域での郡遅延を少な目にしています。そして最低周波数領域も伸ばしています。ただし、その分低域全体のレベルは下がるので、バッフル面を大きくしバッフルステップの補正も行う様にしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/12 13:15
DCU-C171pp(その1)
 表面の仕上げは簡単にクロスを張ることにしました。見栄えの割には作業が簡単です。和紙も探したのですが、丁度良いデザインが見つからなかったので今回はパスになりました。まだ地味目ですのでまた変わるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/07 11:20
DCU-C171pp再起動
 PARCのPPコーンによるコアキシャルDCU-C171ppですが、以前購入時に六本木の箱に入れてテストしたときにはあっさり目で少し物足りない音だったので、組込みは結局そのままペンディングになってしまっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 20:45
Gauss5wayスピーカ
 都内某所でGaussの5wayスピーカシステム(Stwはムラタ)を聞いて来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/26 08:31
HiViのM5Nウーファ
 Y氏が使わなくなったとのことで、表題のミッドウーファを頂きました。メーカはHiViで型番はM5Nというものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 23:12
Artaによる音源位置測定
 最近はPCばかりにかまけていましたので、久しぶりにスピーカの測定をして見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/29 20:05
5cmダイヤモンド・ミッド・ツィータ
 某所でAccutonのダイアモンド・ミッド・トゥイータBD50を使ったシステムを試聴してきました。 勿論ツィータもダイヤモンド振動板を使用していて、ウーファはセラミックコーンのものです。ダイヤモンド振動板はツィータだけでも結構な存在感があり、その特徴的なすっきりとした音はシステム全体の傾向をも左右するほどです。そしてそれがミッドまで行くとどういうことになるかというのが、今回のポイントでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 09:12
M氏、I氏の訪問
 昨日は久しぶりにM氏、I氏が最近の新PCの試聴を兼ねて自宅を訪れてくれました。まあ他にも色々変わっているのでそれもご紹介させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/05 10:28
Woofer選択
 今までウーファはマグネシシュウムコーンの15WCY001とW18EX001のパラ使いでしたが、すっきりした音がする点は良いのですが、もう少し厚みや粘りが欲しい様に思います。  そこで手持ちのウーファがいくつかあるので試してみることにしました。エンクロージャは元々18cmに作ってあるのですが、従来は手製のアダプターで15cmをつけているものもったいないと思えるような点もあり、以前からまた交換して試してみようとは思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 16:18
Olasonic TW-S7
 最近話題の卵ですが、音展2010で見て(聞いて)きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/23 08:12
GRFさんのConsequenceを試聴する
 たまたまツテでI氏と一緒に今話題の「GRFのある部屋」さんのConsequenceを聴かせて頂く機会がありました。以前SD05+GRF等を聞かせて頂いたことがあるのですが、訪問は久しぶりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/20 08:20
スーパーツィータ
 某所から正体不明のスーパーツィータを頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 08:53
クリプトンKS-1 HQM
 Y氏のところで見つけた面白いものというのは最近話題になっているクリプトンのアクティブスピーカ KS-1 HQMというものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 08:57
D-510組込3Way
 写真のように適当なポン置きですが、コンプレッションドライバD-510を早速メインのミッドにステレオで組み込んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 10:38
D-510用ホーン
 7月に頂いたYLのD−510ドライバーにI氏よりホーンも追加で頂きました。と言ってもこれもまた1個しかなかったので手持ちのウッドホーンと左右パラバラながら違うホーンで使うしかなさそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 19:33
山中湖合宿
 先週末、某会での山中湖合宿に参加してきました。相変わらず色々盛りだくさんでしたが、私はマルチアンプのセットを持ち込んでデモができました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/25 09:50
mini2WaySP
 週末合宿用にミニ2wayをまとめ見てみました。ウーファはPARCのDCU-F131WにツィータがDENONの32DT34を7Lの密閉箱に入れたのもを使います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/22 20:37
音響測定演習
 某会の後援で音響測定の演習会を開催してきました。    この手はフリーソフトもあって、昔から思えば実際は手軽に出来るようになったのですが、ソフトのマニュアル等が無く、初心者にはまだまだ敷居が高いと思われてます。そこでやはり実地に見てもらい、その場で疑問点を解決するのが一番と、実地演習会をおこなったのものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 22:51
ファネルダクト(DFBR)方式のスピーカ計測
 今回のスピーカは大地さんより測定のために提供頂いたもので早速測ってみました。室内でのfarfieldでの特性は後程として、今回のメインの低域特性を解明するためにneafieldでのデータをまず載せました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/08/05 09:57
ウクレレスピーカシステムデモ
 某所でウクレレスピーカを使用したシステムでデモをした。今回は広さが150m^2ぐらいはありそうなミニホールで、天井もかなり高く床もしっかりしている。そのため全体の響きが良いので音出しはしやすそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 18:46
ウクレレSP 2Way
 お遊びで作ったウクレレスピーカだが、流石にそのままでは低音が弱いので2Wayにして聞いてみた。ウーファはいつものEXCELのW18EX001シングルで使用してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/25 07:17
YL D510コンプレッションドライバー試聴
 D510をシステムに組み込んで聞いてみました。今のMIDのDynaudioM560Dに置換えての再生です。帯域は800Hz〜3.5kHzなのでそのままでも問題ありません。むしろもう少し上のクロスは高めでも大丈夫でしょう。音源位置もディレイで補正します。仮置きなのでベストではありませんし、当面はホーンがひとつなのでMONOでの比較です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/21 12:17
YL D510コンプレッションドライバー
 I氏が使っていないから試してみないかと、YLのD510というドライバーを貸してくれた。かなり古いドライバーなので情報がないが、JBLでいうとLE85クラスの1インチ中音ドライバーのようだ。  丁度fc460HzのFostexラジアルホーンを持っているので(残念ながら1個しかない)を付けて測定してみた。問題はYLの取り付け穴も3つ穴なのだがJBLなどと微妙に位置が違っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 10:23
DDDriveユニットの測定
お寺大会でT氏が落としたALPINEのDDDriveユニットDDS-R69Kを預かっているのでちょっと測定してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/04 21:39
スピーカタイムアライメント調整
 3Wayの調整で何となくもう一つだったので、タイムアライメントをちゃんと見直してみた。3Way縦型のバーチカルツィンもどきになって全体が縦方向に伸びてしまった為、この辺がどうもおろそかになってしまっていた様だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/25 20:30
ウクレレスピーカ
 某会の課題2Lスピーカで作っていたのは写真のようなもの。あまり芸は無いがウクレレそのものに取り付けたもの。約1.8Lの密閉仕様。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/21 07:58
小型スピーカ(その2)
 前回の2L小型スピーカの特性がバッフルステップのために周波数特性が蒲鉾状になっていたので、少し補正してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/19 22:24
EXCEL+Dyna3Wayの特性
 3Wayと2Wayで調整しながら聞き比べてみるとも2Wayそれなりに聞き易い点があるが、やはり3Wayの方が中域の厚みがあって情報量も増える分、しっかりと聞けるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/14 20:45
小型スピーカ
 某会の合宿例会で課題が小型スピーカなので何とか作ってみた。レギュレーションはエンクロジャー容積2リットルなので、使用したユニットは小型にならざる得ない。だいぶ古いが手持ちではAUDAXの8cmフルレンジHT080G0があるのでこれを再利用した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/12 17:43
オフ会のマルチ
 連休中に某所でオフ会がありました。メインのイベントの一つはSPの組立てでDAITOの30cmとPIONEEAのPAX-30Eを組み立てて聞く事なので、ついでに測定機で色々測っても見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/04 19:55
EXCEL+Dyna3Way
 ampも揃ったしMIDも贅沢にもDynaのM560Dが余っているので3Wayにしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/27 17:05
キソアコースティックを聞く
 S氏のところで小型スピーカのHB-1を聞いて来た。HB-1は日本のメーカであるKiosAcoustic社の製品で高級小型スピーカとして色々と特徴を持っている。  まずはそのサイズで実物は写真で見た印象からは違い、まあずいぶん可愛らしいくらい小さい。小型というよりミニスピーカといったほうが良いかもしれない。ウーファが10cmの2wayで高域はホーン型となっている。  バッフルと底版は厚みがあるが、それ以外は楽器のような薄手で積極的に響かせた作りとなっているという。確かに後方の曲線をもった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/14 10:51
LPコンサート
 友人のT氏が自前のSATRIアンプを使ってLPコンサートをするというとことで船橋市の某区民館の音楽室に行ってきた。  集まったのは十数名の音楽愛好家。近くにお住まいの音楽プロモーションにかかわってきた方の主催でその関係の方も見えていた。持ち寄りのLPやCDも含めてゆっくり聞くことができ、またいろいろなお話や交流もでき楽しい会であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/09 09:52
PARCコアキシャルDCU-C171PPその5
 DCU-C171PPを今度は実際にネットワークを付けて測定・試聴してみた。    図は距離1m高さ80cmでの室内での測定結果で、バッフルステップの補正込み(これはイコライザによる)での結果。  室内なので低域の暴れはしょうがないがほぼフラットに出ている思われる。3kHz以上の高域は少し落ち込むが、10kHzあたりのピークはネットワークに1.5μFのところ手持ちの関係で2μFをつけたためで、1.5μFだともう少しフラットになるはず。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/03 17:06
PARCコアキシャルDCU-C171PPその4
 前回は低音のバスレフに関して調べたが、今度は肝心のツィータとウーファのクロスに関してメーカの推奨ネットワークを元にSpeakerWorkShopでシミュレーションした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/30 18:02
PARCコアキシャルDCU-C171PPその3
 その2で入れたエンクロージャでの低域特性を測ってみた。このエンクロージャの容積は約15Lでポートは直径はφ5.5cm長さは15cm程度のもの。このポートの条件でインピーダンスカーブを測定すると、ほぼ均等な2山が綺麗に出ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/26 21:39
PARCコアキシャルDCU-C171PPその2
 DCU-C171PPのテストだが、ウッドコーンのDCU-171Wを使った2Way箱があり、このユニットはフレームがDCU-C171PPと同じなので入換えにはちょうどぴったり。感度も同じなのでまずはこれで音を聞いてみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/25 07:40
PARCの17cmPPコアキシャルスピーカ
 PARCさんの17cmポリプロ(PP)コーンコアキシャルスピーカDCU-C171PPを購入した。軽量PPは音離れが良いとの設計者のコメントでちょっと聞いてみたくなったもの。音展で限定品が格安で購入できた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/20 09:03
名曲喫茶ヴィオロン
 阿佐ヶ谷の名曲喫茶ヴィオロンへミニコンサートを聞きに行って来ました。たまたま知人の演奏で行ったのですが、アンティークな雰囲気のある素敵な喫茶店でした。  コンサートはソプラノ、ピアノ、ヴァイオリンのトリオで気の置けないもの。創業30年にもなるこの店では演奏者に無料で場所を貸しているとか。そのお陰で毎日のようにミニコンサートがあるそうです。  その店主は結構オーディオ好きで、最近はSP再生に凝っているそうです。なんとクレデンザが店の奥に鎮座してSPコンサートもされるとか。その辺まではネッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/13 08:47
paragonを聞いて来ました
 K氏宅であのparagonを聞いて来ました。私も本物を眺め音を聞いたのは初めて。結構大きいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 10:17
ALPAIR10 その4
 そのままで少し聞いて見るとやはり低域がもう少しと言うことで、やはりバッフルステップ補正を加えた。約300Hzあがりから8dBの補正を掛け、ほぼフラットか少し上げ気味を狙う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/01 21:09
ALPAIR10 その3
 色々聞いてみるとやはりあちこち気になる点が出て、早々に改善版となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/22 10:09
Jazz喫茶巡り
 某会のツァーでJazz喫茶巡りをしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/21 09:47
ALPAIR 10 その2
 前回少し測定してみたALPAIR10だが、中々良さそうだったので結局譲ってもらうことにした。ユニットだけ眺めているもしょうがないので早速箱に入れてみた。  箱は以前のPARCのウッドコーンを入れていたものの流用である。バッフルステップ補正をなるべくしなくて良いようにとバッフル面積の大きいサイド取り付けとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/19 17:36
ALPAIR10試聴
 スピーカはやはり聞いて見なければ判らない。折角なので1個ながら簡易的に試聴してみた。写真のようにFW-167Eバッフルの残骸に何とか取り付け、後ろは30cm径ぐらいの半球ボールとホントに暫定的な条件。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/15 11:56
ALPAIR 10
 MARKAUIDIOの新ユニットALPAIR10をM氏からお借りしたのでデータを取ってみた。マグネシュウムコーンでfoが40Hzと低いながらフルレンジという魅力的なスペックのユニットである。コーンの色はシルバーとゴールドがあるが今回のはゴールド仕様。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 11:41
JAZZ OLYMPUS!
 御茶ノ水に立ち寄った機会に、急に思い立って新しくオープンしたJAZZ喫茶「Jazz Olympus!」を訪れてみた。場所は神保町書泉斜め前のビクトリアの裏手、公園前。新装ホテルのカフェ・レストンラン?兼用とうことで、明るくきれいな作りで居心地は良さそう。  ケーキセットを頼んだがレモンピールが入っていてなかなか美味しい。メニューに無いが紅茶を頼んだらOKしていただけた。普段は日曜日は休みだったのだが、オーディオフェア用に特別営業とか。そんなこと忘れて適当に行ったので、開いていたのはラッキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/12 09:03
BANDORモジュールの特性
 Y氏から分けていただいたBANDOR-50モジュールの周波数特性を測ってみた。タイトルのように80cmの距離で軸上、電流ドライブ40cm角のダンボールバッフル付モジュール1個のデータである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/16 12:11
Y氏のユニットモジュール
 Y氏からお使いのシステムのモジュールを分けていただいた。使われているユニットはBANDOR-50という5cmのアルミコーンスピーカで、ひとつは内部で見えないが1モジュールに2個ユニットが使われている。基本的に後面開放なので低音での干渉を防ぐように簡易的にダンボールバッフルをつけている。(写真は2つモジュールを重ねている状態) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/14 08:22
Y氏のシステム試聴
 久しぶりにY氏の装置を聞かせて頂いた。長年バンドールの5cmユニットを多数個使いながらユニークな再生を追及されている。今回スピーカが新規開発品となったのでそれの測定と試聴に伺った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/09 08:50
ウッドコーンスピーカ2Way
 シングルで聞き直してみたDCU-F131Wだがやはり高域が苦しいので、ドームツィータを追加して2Wayに改造した。ツィータはアレイでも使った34DT32で、このツィータかなり低域まで伸びているのでクロスは正相接続の約2.3kHzとし、ネットワークは作らずに此処は手軽?なマルチアンプで駆動している。  そのマルチだがベリンガ−で特性を追込んだのが右のグラフ。赤がウーファ、青がツィータで黒がその合成特性になる。室内の実測なのでかなり凸凹はあるが、イコライザをきっちり入れているので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/05 22:21
新旧自宅スピーカ聞き比べ
 SeasExcelシリーズの2Wayはしばらく事務所に置いていたが、ようやく自宅に持ってきて聞いてみた。従来のスピーカもウーファは同じSeasExcelシリーズの15cm(W15CY001)にDynaのT-330Dなので似たようなもの。箱の容積は約20L。  2Wayの鳴らし方はネットワークもあるが最近はマルチアンプ党になってしまったのでこれで比較する。以前はネットワークで充分?マルチは面倒と思っていたのだが、新規のチャンデバはトラブルも無く、改造後は使いやすくなった。マルチの切れの良い... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/22 08:39
ウッドコーンスピーカの再エンクロージャ実験
 昨年の10月にRITの7Lの箱に入れてみたがどうもバランスが取れなく箱を変えてしまったが、マルチでイコライザを使う前提なら最初からイコライジングしてみれば良いのではと考え直した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/12 14:30
EXCELスピーカマルチ駆動(ツィータディレイ編)
 デジタルチャンデバDCX2496を使った2Wayのツィータ側だが、クロス条件は同じでもこちらはユニット間の時間軸合わせにツィータ信号のディレイが簡単に調整できる。まあネットの場合にはツィータの取付け位置を下げるか、ウーファを前に出すことになるが、出来合いのバッフルだとそれも難しい。この辺がデジタルチャンデバのとても便利な点の一つだろう。  ステップ応答からみて2〜30mm下げる必要があるが、25mm程度あれば充分だろう。フラットな場合と聞き比比べてみても調整後は奥行きが出て、ディレイを掛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/31 08:39
EXCELスピーカマルチ駆動(バッフルステップ編)
 デジタルチャンデバも大体使えるレベルになってきたので、早速SeasExcelの2Wayをマルチ駆動してみることにした。  まずはネットワーク相当のEQで比較してみたいと思い、ネットワークの特性にあわせる。クロスは2kHzぐらいだが、ウーファ側はバッフルステップ補正のため400Hzぐらいからぐっと持ち上げられていて(というか実際は高域側が減衰していて)1kHz辺りから見れば10dBほども差がある。まあこれでネットワークでもフラットになっていることだから一応同じように400Hzクロスで8dB... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/30 08:04
DCX2496マルチ比較
 DCX2496の改造が一段落したので、従来のプチ改造品とEXCELスピーカをマルチ駆動して比較してみることにした。最小はネットワークとほぼ同一設定で試してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/20 20:47
EXCELスピーカの設置方法
 EXCEL2Wayスピーカの2通りの設置方法を比較・測定してみた。小型スピーカはスタンド上の設置が普通だが、最近某メーカでスピーカの床置きの良さをアピールしている。私事だが狭い我が家ではその効果を知って10年以上前から床置きになっているがデータ的な裏付けは取っていなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 09:22
キットのネットワーク
   キットのネットワークは変更やマルチを考えて外付けとしたので100均のパッケージに組み込んでみた。 使われているパーツはあまり知られていないが、コイル・コンデンサともJantzenAudioというブランドでデンマークの会社のものが使われている。コイルは線径が1.2mm(コア入りは1.0mm)コンデンサはメタライズドポリプロピレンでメーカはフィンランドのもの。クラスはまあスタンダードレベルと言うところだろう。ネットワークはサブ程度に考えているのでまずはこれで鳴らしてみることにする。全体のバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/04/09 18:16
スピーカキット周波数特性
 ようやく付属のネットワークパーツを組み立てて、スピーカキットの周波数特性を測定することができた。 ネットワークの基本は高低とも3次のもので、低域の片方は鉄心入りだが残りは空芯型でコンデンサは全てフィルムタイプとなっている。ただ3次といっても通常の設定とは少し変っていて、バッフルステップを避け、周波数特性をフラットに追い込めるようにフィルターは少し中抜けとなるように設定されている。またクロスあたりの肩の形状もなだらかな特性ではなく、スピーカを含めた追い込みがなされているようだ。  グラフ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/08 21:14
スピーカキットインピーダンス特性
 まずスピーカユニットのインピーダンス特性を取ってみた。ウーファの方はエンクロジャに入れたときの特性も合わせて載せてある。上からウーファのフリー状態、エンクロージャ入り、ツィータのインピーダンス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 13:17
RITのスピーカキット購入
 六本木工学からSEASのEXCELシリーズを使ったスピーカキットを購入しました。ウーファ、ツィータともマグネシュウム振動版でW18EX001とT29MF001です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 15:20
ルビジュームクロックCD披露
 某例会でSCD-XE6のルビジュームクロック版をSATRIアンプVer11と4連ツィータアレイ+13cmウッドコーンのシステムで披露した。  会場は教室と廊下分広さをぶち抜きにした部屋なので相当広い。流石に13cmだとたっぷりとした低音とまではいかないが良く締まった音がしていた。チョッと高域を上げ目にして持っていったので少し腰高だが、音場の表現力というか空間の描写はかなりの線であったと思う。  ルビジュームクロック化ですっきりとする上にVer11のSATRIアンプも正確さを表すタイプな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/14 19:41
Artaでの距離測定
 2007/05/22を始め、音響測定プログラムのArtaを時々紹介しているができないことの一つにマイクスピーカ間の距離測定がある。  まあできたからどうということもないのだが反射波の位置などを割り出すときにも便利なのでできればグラフから読み取れると便利だと思っていたのだが、どうやらそれらしいことができそうだ。  インパルス応答波形でゲインを拡大していくと信号発生時にマイク入力側でもそれらしいトリガーが見られる。図の左マーカーがそれでそのマーカーとマイクの受けた信号との間を測定するとこの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/01 08:59
ツィータアレイ2Wayスピーカ
 開けましておめでとうございます。  新春の第1弾は予定していたウッドコーンの2Way化です。2Way用のスタンドを作ろうかと思っていたのですが、それなら昨年末に作った3Wayスピーカのツィータアレイがそのまま使えると思い、早速組合わせてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/03 17:40
センター3D 3Wayスピーカ試作
 某会のレギュレーションで3x6板に入るようにウーファはJSP箱の流用で左右共通BOXに入れ、スコーカツィータはバッフル板取り付けた。  ネットワークは低域、中域は-6dB/oct、高域は-12dB/octとした。クロスは350と7kHzぐらいか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/28 09:47
バスレフポートからの音漏れ
 バスレフタイプのエンクロージャ設計もいろいろシミュレータなど設計ソフトが出回っているので割と簡単になってきているが、問題点はまだまだありそう。その一つがポートからの音漏れ。  ポート共振の低音が出てくるのは勿論良いのだが結構中高域の音も漏れている。それのシミュレーションが左の図で松浦さんのルームシミュレータStndWave2を使い、エンクロージャ内のポート開口端の定在波シミュレーション。データはエンクロージャサイズを10倍して入力、読み取り周波数を10倍して読み取る。右の図はこの条件... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/17 08:04
ウッドコーンSP(その3)
 前回はRITの箱に仮に入れてみたがやはりこのユニット(DCU−F131W)にしては7Lは小さい。そこでRITのもう一まわり大きな箱と思ったがブロックボックスというパイン集成材のロの字型の棚が安かったので前後にバッフルを付けて箱をつくってみた。これで約17Lと充分な大きさだ(内寸32.5Hx35Lx15W:cm)。  低音のポート調整(54mm内径、17cm長)などは良さそうだが,こうなると以前から気になっていた中高域のレベルが高いのが目立つ。実際試聴してもこのままでは弦の音などが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 23:21
8cmスピーカ−その2
 この前作成したスピーカをもう一度きちんと計り直してみた。室内では定在波の影響で低域の特性が正確にとれない。近接測定という方法でも測定したが、小型スピーカの場合バッフル効果の状態を加味した結果が本当の実力かどうかシミュレーションの様になってしまうので直感的に解りにくい。  そこでスピーカを戸外に持ち出し、ほぼフリースタンディングの状態で測定距離1mで測ってみた。まあ完全に無響室というわけには行かないが、結構近いのではないだろうか。  低域は予想した以上に65Hzくらいまで伸びて70Hzあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/05 20:50
HT-080G0のTSパラメータ
 8cmスピーカのエンクロージャの設計にあたりTSパラメータを測定している。最初はSpeakerWorkShopで行ったがメーカ発表とは大分違い、ソフトがおかしいのかと思った。そこで、信頼度の高いと思われる市販測定ソフトのCLIO7でも同じように測ってみた。スイープ信号による測定では少しfoなど低くなるが、やはりメーカ値とは違いむしろ測定結果はSWSと近い値となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/30 22:00
8cmスピーカ
 AUDAXのHT080G0というユニットを使ったスピーカを作ってみた。AUDAXはフランスのユニットメーカで最近は余り見かけなくなってしまったが9年程前に購入した物。  エンクロージャは六本木工学のRIT-BOX07NTR。安い割りにしっかりした作りだが最初は13cmぐらいの予定だったが考えてみるとやはり少し小さい。そこで余っていた8cmスピーカを復活させると共に、今回は基本的な設計らしい事をしてみようとパラメータ測定やシミュレーションなどを初めてしてみた。まあスピーカはつなげば音は出る... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/25 21:58
定在波補正
 ステレオサウンドの最新号で珍しくグライコの見直し特集があり、その効用がうたわれている。以前左右の特性補正をしてその効果は感じていたが、その後はA/D、D/Aが余計に入るのが気になってやめてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/15 16:13
ウッドコーンSP(その2)
 DCU−F131Wをちょっと小さいが7Lのバスレフに入れてみた時の周波数特性が図のもの。  中域の1kあたりと5k〜10kあたりが持ち上がっているのがこのユニットの特徴か。メーカの発表値とほぼ同じようなカーブなので妥当なところだろう。高域は少しもの足りないがこの上昇分でメリハリが出ているが、上がっている帯域が高めなのでうるさいという感じは余り無く、むしろ全体にすっきりとした印象に感じられる。  低域は容積が小さめでポートも調整していないので少しブーミーに感じられるが150Hzあたりのデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/11 19:37
ウッドコーンSP
 この前の真空管オーディオフェアでPARCの13cmウッドコーンスピーカの傷物(といっても、言われても良く解らない程度)のが格安だったのでつい購入してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 20:36
バイアンプ
 お見る苦しい写真で申し訳ないがバラックの2Wayネットワークである。マルチアンプの前にまずはバイアンプを試してみようと高音と低音のネットワークを分離型にした。  マルチアンプが取り組みにくいのはどうも同じアンプでないと音色の差が気になってすっきりしない点がある。アンプの台数は結構あるのだが同じアンプは2台と無いので今までこの点が気になって、その良さが実感できなかった。今回4chアンプを作ったのはその辺の比較がし易いと思ったからだ。  ネットワークを使いながら高低それぞれのアンプで駆動す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 09:01
マルチアンプシステムのデモ
 某所にて今回のデジタルアンプと平面バッフルスピーカを合わせてデモを行った。  会場が広かったのでデジタルアンプのみでなく低音部にはLM3886アンプを使用。中高域の2ユニットづつにそれぞれデジタルアンプを宛てて、音響出力アップを図った。チャンデバとプリはBEHRINGERのDCX2496で済ませクロスは200Hzと2kHzでそれぞれ24dB/octのバターワース。イコライザは10kHzあたりを少し持ち上げたが、ほぼ各帯域のレベル調整でフラットになる。低域は以前のJSP箱を流用、左右側板に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/14 19:59
マルチSP-2
 こちらがマルチSPのツィータアレイ。径が小さいのと指向性を考えて縦に並べることにした。ユニット名は32DT34で前のウーファとペアで購入したもの。大分前にもこのペアでスピーカを作ったことがあるので大体のところはわかっている。  最初はネットワークでなく久しぶりにマルチで組んでみて、その効果を確かめてみたいと思っている。ちょうどこの前のデジタルアンプが良さそうというのも切っ掛けの一つ。はたしてどうなるかな。クロスはウーファの指向性が付くあたりで、ツィータの周波数特性下限から見て2kHzぐら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 18:52
マルチSP−その1
 スピーカはかさ張るので余り作りたくは無いのだが、安いので思わず買い込んでしまったユニットを何とか活用しようと平面バッフルに組み込んでみた。  ユニット名は12RW32で口径は12cm、foは72HzでQもそれほど低くないのでバッフルで丁度良いくらい。まあこのバッフルサイズだから低域は望めないがこれは後で考えることにして、測定してみてもウーファにしては軸上なら高域まで伸び、特別ピークも無く使いやすい。4本のシリパラで鳴らすとこれだけでも結構聞けるのだが、今回はシステマチックに考えてこれを発... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/02 08:28
T/Sパラメータによるエンクロージャ製作
 某掲示板にも書いたがもう少し補足という意味でこちらにもUP。スピーカユニットのT/Sパラメータを計算してエンクロージャを計算できるフリーソフトを実践してみる機会が無かったのだが、ようやくそれらしいことが出来た。まあ今まではスピーカエンクロージャなんかはメーカの推奨箱か適当に作っていたのだが、やはりそれでは自分の経験が次に生かせない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/28 18:10
EK-1の周波数特性
先ほど紹介したSTAXのコンデンサスピーカEK−1の周波数特性を測定したのでUPした。前回の写真のように2つのユニットを縦に並べた中央にマイクを置き測定。250Hzあたりの落ち込みが気になるが、中高域は綺麗に延びている。中域を補正すれば周波数特性的にはほとんど問題無くなり音的にも厚みが出てくる。指向性は左右は30度ずれると2kHzあたりから徐々に下がり10kHzあたりで10dB落ちとなる。垂直方向は発音源が長くなるのでは指向性はさら強いのでスピーカの設置高さ(あおり角)には注意が必要だ。  下... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/01 09:33
オープンバッフル特性
 こちらが2ユニットのオープンバッフルFE167Eの特性。青が素で白が補正した場合で、ピンクノイズ入力による1/3octバンドFFTの図。マイク位置は適当なので誤差はあるが低域の補正具合は良くわかる。高域は指向性が強いのでマイク位置で振れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/27 09:00
raspyさん宅訪問
 「raspberry色の日記」のraspyさん宅を訪問してきた。(カメラを忘れたので写真は借用(^^;)verity audioのfidelioと自作のオープンバッフルスピーカを聞かせてもらう。  オープンバッフル(という名でよいのか解らないが)は結構清澄な音でバランスも悪くない。まあraspyさんが相当苦労?して補正している効果が出ているのか、外観に似合わないまともな音。3wayにすると低域も案外余裕を持って鳴っている。まあ三土会のような広い響きの少ない和室とは違って普通の洋間だからか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/23 21:45
A&Vフェスタ2008
 A&Vフェスタ2008の会場で出展のスピーカのデモをしました。当日は強風の余波が残っていてJRなどが止まる等のアクシデントがありましたが、何とかスムーズに進行できました。  お出でいただいた方は大変ありがとうございました。また交通事情等で来られなかった方や遅れてしまった方には申し訳ありませんでした。今回は残念ながら入賞は出来ませんでしたが、発表者や来場者と楽しい交流が出来、面白かったです。  ちなみに主催者の発表では全体の応募者はスピーカ部門62件、アンプ部門49件との事でした。 h... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/26 08:06
Music and Onの周波数特性
 まずは周波数特性。室内1mなので中低域の暴れは多分部屋の反射だろうと思う。近接で測ってマージするのが本来だが、今回は時間が無いので手抜き。  クロスは1.2kHzと10kHz。下はもう少し下げたいがMIDがこの辺でぎりぎり。スロープは-12dB/oct。MIDの上は出しっぱなしで綺麗に落ちているのでネットワークでは何もしていない。  Hiはもう少しレベルを上げたいがユニットの能率でここまで。当初はマイクの特性で持ち上がっていたのでOKかと思っていたが、ユニットの選択ミスかな。クロスを下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/11 07:55
Music and On
 昨秋からシコシコ作っていたスピーカシステムがようやく完成。今回もA&Vフェスタ2008自慢大会に応募してみました。  タイトルから先に出来たスピーカでアンドンの駄洒落が面白そうと始めたわけなのですが、幾つかの開発要素と上手くドッキングして眠っていたユニットの活用にもなりました。外観は最初は地味すぎて辛気くさかったのをお正月の雰囲気も合ってド派手になりましたが、このスピーカ、外観の珍しさだけが売りではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/08 09:23
手作りホーンスピーカ
 某会での今年の年末競作は2cmスピーカでの音出しとなったので、この際本格的なホーン作成の真似事をしてみようと思い立った。  振動板が2cmなので有効径は丁度1インチぐらいになることから入口のスロートは1インチ−>2インチの変換スロートを使うことにした。カットオフは低くしたいが、サイズの点から200Hzとした。これでもフルサイズを作るとなるとかなり大きくなる。  そこで以前から気になっていた開口径が半分でフルサイズと同等の特性を出せるという縮小ホーンの特許を追試するつもりで作ることにした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/05 20:46
3Way化
 別件で作った中高域モジュールを使用してスピーカシステムを3Way化して実験中。まあ昔やったことをもう一度というか相変わらずポイントが定まらないのか?少しづつでも階段を上がっているのなら良いのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 09:31
W15CY001その後
 W15CY001を使えるようにネットワークを調整、あまりカットオフ周波数などの特性は変えなくても良さそうなので微調整で済ませた。ざっととった周波数特性が図のようなもの。  リスニングポイントでの測定値なので低域は当てにはならない。50Hz以下はノイズ成分で60Hzのピークは定在波のようだ。中域が少し薄めだが、補正をしても全体の印象はそれほど変らないので、この状態で聞き比べてたものがユニットの特徴といえそうか。  ともかくATの割とこってり目の音色に対してマグネシュウムのW15CY001... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/16 20:39
いつかきた道
 Dyna+ATの2wayが調子よくなってきたので、以前にPT−R5のネットワークをスーパーツィータ用に改造したものを引っ張り出して追加することにした。  元々こうして組合わせていたのだが、使わなかったので片付けていたものだから復帰させるとぴったりだ。クロスは16kHzぐらいでツィータは出しっぱなしのまま。それでも全体の表情が変るのが面白い。  不思議なことに低域がしっかりとして高域は滑らかになってくるような感じがする。まあ思い込みだけにしても悪くはならないのだから損はない。弦は繊細にし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/05 18:50
Dyna+ATの2wayネットワーク見直し
 Dyna+ATの2wayも低音をバスレフ化してワイドレンジになりますます良くなってきた。そこで更にウーファのネットワークを見直すことにした。  ウーファの場合よくインピーダンス上昇でLowPassのネットワークが設計値と異なる場合があるが、ATはそれほどでもない。しかし、−12dB/octだとやはり切れが悪いので3kHzあたりの高域かツィータとかぶってしまう。ウーファの高域を切りすぎると音が面白くなくなるという意見も有るが、ツィータがしっかりしていれば質的にはウーファはかなわないと思うの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 20:32
2wayスピーカのネットワーク
 DynaのT-330DとATの5I52の2Way用にネットワークを作ることにした。デジタルチャンデバでの実験は面白いが実用にするにはまだ課題が残っているので折角のスピーカを生かしてあげようというつもりだ。  ネットワークは遊んでいるBAPスピーカを流用。たっぷり部品が入っているので何も部品を追加せずに完成。SpeakerWorkShopで一応測定もした。クロスは2kHzでローパスは−12dB/oct、ハイパスは−18dB/oct。 まあ聞きながら微調整が必要だが、それ以上にスピーカが随... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/15 23:16
バッフルステップ
 バッフルステップという言葉はあまり聞いたことがないと思います(という私も最近知ったのです)が、バッフル面積が小さいと低域での反射が少なくなり中高域に比べ低域のレベルが下がるというものです。バッフル周辺からの干渉の影響も勿論有ると思いますが、この影響をこちらのフリーソフトで簡単にシミュレーションができます。 (http://www.tolvan.com/edge)  大口径のウーファと比べて小口径でもストロークさえ稼げば同じ低音が再生できるはずと言われながら、どうも小口径の低域が違うよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/16 21:56
JSP箱のスピーカ7
 お約束の18cmウーファJSP箱です。ユニットはスキャンの18W8545でfoは公称28Hzですが、多分3〜40Hzかと。  ポート周波数は38,42,46Hzと試してみましたが、42Hzがベストの様で、写真のデータはその時のです。インピーダンスも両山がぴったり揃っているのでバスレフとしては最適動作かと。周波数特性もこの時が一番フラットで38Hzでは下がり46Hzだと持ち上がってしまします。  下限帯域は1mで見てもまあ約40Hz(−10dBで35Hzか)というところ。高域は素直に4K... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 08:59
JSP箱のスピーカ6
 JSPとしては邪道かもしれないが、箱が大きすぎるようなのでユニットをダブルにしてみた。まあこれで振動板面積としては20cm級になるので丁度良いかもしれない。  前回と同じようにポートの長さを2種類試してみた。ポート周波数が60Hzの場合でも、再生周波数は50Hzまで伸びているのと、50Hzポートの時に見られた70Hzあたりでの中だるみが無い(距離1m)。ポート自身からの出力を見てみると富士山の様に少し頭が広いのが効いているようだ。この辺がJSP効果かな?  特性的にはこの辺が一番良さそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/30 20:41
JSP箱のスピーカ5
 ダブル化の前にポート周波数をもう少し上げてみた。継ぎ手のみで延長はなし。長さは4,5cmだろう。インピーダンス特性やポートの出力を見るとほぼ60Hzぐらいになる。白線が50Hzで青が60Hzのデータ。  下の周波数特性(室内)を見ると1mではやはり60Hzあたりまでフラットに伸びポート周波数50Hzでは低域レベルは少し下がるようだが帯域は広がる。  まあ通常の部屋では前者だと低域が伸びすぎかもしれないが、今回は広めの部屋でのデモを考えているのでこのぐらいの方が良さそう。音楽で試聴すると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/28 08:52

トップへ | みんなの「スピーカー」ブログ

ケンのオーディオメモ スピーカーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる