ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS PowerTap 強化版

<<   作成日時 : 2017/08/24 13:46   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 SW電源の強化に別体の出川式1次整流回路(自称パワータップ)の強力版を作ってみました。手持ちで丁度良いコンデンサが無かったので、写真の様な巨コン?を使用、容量を750μFから2700μFに増強しました。

 回路的には簡単なのですが、当初8200μFで組み上げてテストすると電源投入時のラッシュカレントがかなりありました。生憎大容量のタイムラグフューズが手元に無く、普通の5A程度では全然歯が立ちません。

 そこでチョークを入れたり抵抗を入れたりしましたが、当初の容量ではちょっと対策が難しそうだったのでやむをえず容を今の小さいコンデンサに変更してようやく落ち着きました。

 まあそれでも今までのよりはかなり強化版なので、低域も締まって良さそうな感じです。やはり電源は重要ですね。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ケンさん、こんにちは。
「手作りアンプの会」で、お世話になっている村田@くまもとです。
山川式整流電源の原理は理解できませんが、効果があれば何の問題もありません。
スイッチ・オン時の突入電流の抑制にはパワーサーミスタも効果的だと思います。完全にするには、昔、タムラ製作所が
トロイダルトランスのために販売していた回路が良いと思います。
最初は直列に抵抗を入れて、暫くして抵抗をリレーで短絡する回路です。
村田@熊本
2017/09/01 13:04
 村田さん、よろしく。
 
 私も出川電源の原理は良く解りませんが、増設コンデンサ部のみでも結構音質的には効果がありますね。
 突入電流は次の強化版はリレー式にする予定です。
ケン
2017/09/01 19:53
ケンさん、こんにちは。
「リレー式」+タイマーが一番でしょうね。
出川電源に関してですが変な誤った説明をしないと良いのに思います。
昔作ったアンプを再利用してLM3886を作りました。15000uFX2の平滑回路で、突入電流が大きいのでパワーサーミスタを入れています。電源トランスはタンゴA-65Sです。消費電力が14〜15Wに対して、どんなパワーサーミスタが適当か現在、思案中です。
村田@熊本
2017/09/04 10:06
ケンさん、こんにちは。
良いお年をお迎えになったと思います。今後もどうぞ宜しくお願い致します。
前述のアンプの平滑回路の15000uFですが、最近のものは直径が約1/2になっていますね。この方面の技術は進歩しましたね。
パワーサーミスタは5006A(石塚?)常温で約50Ωで通電時は約2.5Vの端子電圧です。120Ω+0.1uFのスパークキラーも入れています。
出川電源に関してですが興味ある実験結果が武蔵野電機製作所の電気担当者の方のブログにあります。下にあげておきます。
http://mds-el.sblo.jp/article/92042948.html
では。
村田@熊本
2018/01/07 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
PowerTap 強化版 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる