ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS スピーカ回転台

<<   作成日時 : 2017/08/18 13:48   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 Iridium17さんを見習ってスピーカの指向特性ポーラーパターンを測定するためスピーカ回転盤を作ってみました。

 以前100均で購入した作業回転台が手元にありましたので、これを使って外周に15度おきに目盛をつけてスピーカ回転盤を作りました。上下の回転盤の間にベアリング球が入っているので、重いスピーカでも楽に回ります。

 サイズが若干小さいので、スタンドの後ろにスペーサが必要ですが、回転にそれほど支障はありません。手前に少し傾ければ軽く回り、角度も上から見えるので作業効率が上がります。

 2Wauの場合には特にウーファとツィータのクロス点での指向性の違いがどうしても出易いのでこの辺が小型スピーカの課題かもしれませんね。

 意味が無いかもしれませんが、2Wayでの垂直指向性のポーラーパターンもあまり見たことが無いので今度計ってみたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 極性表示を行う場合、被測定スピーカーを回転させる方法は良いですね。マイクを等距離で角移動する方法とでは、部屋の影響度合いが、測定窓の開き時間により変わるような気がします。
grigri
2017/08/19 08:16
ケンさん、こんばんは。

ちかごろスピーカ-の軸外特性測定が流行してますね(笑)
ただ、どうすれば軸外特性をうまくコントロールできるのか、私はまだよく分かっていません。今後の研究課題です。
Iridium17
2017/08/24 19:52
Iridium17さん、こんにちは

 測定で見えないところも勿論あるのですが、やはり色々なデータはそれなりの理解の助けになりますね。軸外特性も皆さん取るようになって広まるのは良いことです。

 エンクロージャの形状で軸外特性がどの様に変わるか測定してみたらいかがでしょう。
ケン
2017/08/24 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピーカ回転台 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる