ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルビクロック復活

<<   作成日時 : 2016/10/09 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ようやくデジタルチャンデバ用にルビジュウムクロックを復活させました。とはいえ前の外付けDDSではなく古い2逓倍PLLを使用した24.576MHzの方です。

 手間取ったのは、今度はちゃんとしたドラバーをつけてしっかり終端波形を確保するのが狙いでしたが、ドライバーICのDIPがもう既に無くSOICの変換基板などを用意しているうちに時間が経ってしまいました。

 10MHz越えになると矩形は波形伝送が段々難しくなります。というよりか観測そのものも大変ですね。下手なプローブでは当てただけで波形は変わるので何が実際の波形かも捕まえ難いのです。

 プローブは簡易の高周波プローブを使います。とはいえFET入力などという高価なものではなく、同軸を切った先に信号線に1kΩ(もしくは500Ω)を付け、剥いたアースと共に測定部分に最短でつけます。オシロ側には50Ωでターミネイトしておきます。レンジは1/20になりますね。
 こうするとかなりの周波数レンジまで正確に取れます。もちろん特性インピーダンスに近い線路専用の測り方なので一般の測定は出来ませんが、こういう場合には有効です。

 下の波形は実際のDSP基板上での24MHzマスタークロック波形ですが、まあ矩形波というにはちょっとですが、まあまあではないでしょうか。測り方も少し怪しいところがありますが、まあこれで動いているようです。

 音的には水晶よりはスッキリしたようですが、やはり以前の別DDSとは同じにはならないようです。


 とはいえ実は別のトラブルが発生、こちらの方が大変そうです。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルビクロック復活 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる