ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS DCX2496のI2S入力化(その1)

<<   作成日時 : 2016/08/10 17:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 もう1年以上前から懸案だったBEHRINGERデジタルチャンデバDCX2496のI2S入力化を始めました。
 
 DCXのデジタル入力はここだけS/PDIFが残っていて、何とかI2Sにしたいと思っていたのですが、DCXの入力は直接内部SRCのCS8420チップ入力になってるのでおいそれと変更できません。

 先日もマルチでなくシングルのテストをしてDDC直のI2S出力とDCXをスルーで通したI2S出力を比べるとDCXのクロックのよさは伺えるのですが、音像がやはり大きくなってぼやけてしまい差を感じました。
 やはりここは変えないとネックになりそうだと思い直し、ようやく取り掛かることにしました。

 写真はDCXのSRCを交換してCS8421に置き換える基板です。CS8420を外してこれに置き換え、頭にHDMIのI2Sレシーバをつければうまくいくはず。現行のを改造するとその間は聞けなくなってしまうので、あらたに別のDCXを作り直します。
 ついでに表示もほとんど要らないので外してしまいましょう。シンプルにDSP基板だけ流用します。各chのHDMI出力も3連の基板になりかなり小さくなりますので、できれば2台分(といっても2枚ですが)を1ケースに組み込んでしまいたいところですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 DCX2496の入出力がI2S化出来たら、怖いもの無しと言うか凄いです。Analog Devices Sharcを用いたデジチャンは結構ありますが、どれも機能面ではDCX2496に及ばず、選択の余地が無かったのですが、これで劇的な展開になりそうですね。期待しています。
grigri
2016/08/12 19:06
いよいよ、究極のデジタルチャンデバーへのチャレンジ、絶対に良くなると思いますので、大変楽しみですね♪
audio fun
2016/08/12 21:25
 ネックだとは解っているのですが、中々手が付きませんでしたね。

 それにやれば簡単そうに思っていましたが、テストで試作がうまく動作せず、結構てこずっています。
ケン
2016/08/12 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
DCX2496のI2S入力化(その1) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる