ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS クロックフィルター

<<   作成日時 : 2016/07/19 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 USB、S/PDIFとデジタル周りのフィルター製作が続いていますが、これもtakeさんのアドバイスで今度はクロックのフィルターを追加してみます。

 DDC内部のクロックは当面、内蔵のNDK水晶で行くとして、その出力を受けるデジタルチャンデバのSRC受け側のクロックにはデジチャン内部の96kHzの256fsスーパークロック(24.576MHz)が必要ですが、現在はそれを外部供給するように改造してあります。
 そしてその外部クロックには今まで5680Aルビクロックの2逓倍を使用していました。

 しかし、今ではDDC用だった高性能DDSクロックが遊んでいますので、こちらをデジチャン用に転用することにしまだった。
 このクロックは5680A内部の約100MHz信号を取り出し、その4逓倍を別DDSで24.576MHzに分周したものです。こうすると5680A内蔵のDDSより分周比がとれるのでジッタも少なくなり、何より2逓倍のPLLが要らなくなります。

 そしてこのクロックとチャンデバの接続の間にコモンモードフィルターを追加することにします。

 フィルターは相変わらず5穴フェライトを使用。0.2mm径(0.3mmでも可)のホルマル線2本をまとめて2.5ターンしたフィルターを直列に4個、更にファインメットビーズに2ターンしたのを2個、合計6個直列とちょっと長めのフィルターになります。フラフラなのでうまく途中を軽く固定し、両端がBNC受けのケースを流用して入れてみました。

 クロックの違いでも、微細な表現が良くなるので、音楽の表情が豊かに聞こえますね。更にフィルターを入れると滑らかさが出て円やかな音になります。やはり結構効果はありそうです。

 デジタル機器の接続部分はノイズの流入口になり易いことから、やはり各接合部にフィルターを入れるのが良さそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クロックフィルター ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる