ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS USBケーブル改(その2)

<<   作成日時 : 2016/04/14 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 前回、IntonaのIoslator用にUSBケーブルの電源ラインにフィルターを入れましたが、キャパシタを足した方が性能は良いとのことで追加試作してみました。

 所謂π型のフィルタの方が減衰量はとれますから、折角なので2段にして梯子方のフィルターを作ってみます。頭にはファインメットのコモンモードも入れてみます。コンデンサは0.1μからOSコンの47μまでいろいろと入れてみました。これを前回のL分のみのフィルターと比較してみました。入れた場所はIoslatorとDDCの間です。

 これもかなり音が変わります。奥行きと広がりは凄いのですが、残念ながら自宅ではちょっと音が曇ってしまい、切れがありません。
 やりすぎたかと少しづつコンデンサを外していき、最終的には入出力側のコンデンサを全部外して、梯子型からセンターのみコンデンサが入るH型にしてみました。

 これで大分見通しは良くなりましたが、もう一押しでセンターのコンデサが0.1μFだったのを1nFにして、なんとかバランスは取れたように思います。

 まだそれでも以前のよりかなり広がりというか残響分は多く低域も太めです。クラシックなどには向いていて、どの様なものでもきつさはあまり感じません。

 しかし比べてみると、どうもL分のみの最初の方が音がしっかりして好みなのかもしれませんが、なんとなく自宅には合いそうで中々難しいですね。

 なお電源供給なしではエレアトさんのDDCではUSBは受けられませんでした。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
USBケーブル改(その2) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる