ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS HAL C60newスピーカ

<<   作成日時 : 2015/03/26 19:49   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 今日H氏が平面スピーカで有名なHALの小型システムのC60newを持ってきて来訪されました。もう一つ低音の出方が気になるとのことで診断にお見えになったところです。

 相変わらず写真を撮り忘れたので、HPから拝借しましたが、ドライバーユニットはC60という物です。外形サイズは148x128mmですが、振動板はこの半分以下とかなり小さいです。

 このシステムの特徴はエンクロージャの構造が変形のダブルバスレフだということでしょう。外側からは見えませんが、内部は2重になり、後のポートとは別に内側のエンクロージャにはドローンコーンが付いているとのことです。これが第1ポートになっているのでしょう。

 早速聞いた感じでは床置きではかなり低音が伸びますが、少ししまりが緩い感じです。本来の使用方はスタンドに載せた形の様なので、純正スタンドはありませんが適当な台で持上げてやると低域は薄めながら全体のバランスが大分良くなりました。この方が低域の切れも出てきます。
 やはりこのスピーカはフリースタンディングで使うの良さそうです。

 ポートの共振点を測ってみましたが2つの共振点は40と55Hzぐらいで、55Hzの方が少し強くでます。共振点が低めなので周波数特性的には80Hz辺りが少し薄いですね。全体に低域のレベルは100Hz辺りからゆっくりと下がっている感じです。

 中高域な中々綺麗なフラット指向ですが、11kHz辺りに少しピークがあって華やかな音になっているようです。

 全体のフラットネスからみて、シングルコーンとしては特性的にもこのユニットのサイズから見ればかなり検討している方ではないでしょうか。

 今日は中々面白いスピーカを聞くことができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
HALのフルレンジシステム、こちらもフィーストレックス同様に人気のユニットみたいですね(^^)

平面+強力な磁気回路で雪まるださんもお好みの音が出てきてくれそうですね♪
audio fun
2015/03/27 21:43
 ユニットサイズの点かバランスは良いですが、意外と大人しい音がしていました。
 いわゆるシングルコーンととは違ってしなやかな感じですね。
ケン
2015/03/28 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
HAL C60newスピーカ ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる