ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS PCオーディオの要因分析(その1)

<<   作成日時 : 2014/10/07 10:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 改造SDTransと自宅PCオーディオの差から、PCオーディオでの音の違いについてはたしてどの構成要素が効いているのか少し調べてみようと思いたちました。まあデータではもちろん示せませんが、聴感でも個別の比較はこれまでもやってきましたが、俯瞰的な比較はあまりやっていませんね。

 PCオーディオは構成要素が複雑なので比較は難しいのですが、ほぼ内容が同じでメインPCとバックアップPCがあるので、それらをうまく利用しながら比較できればと思います。

 今使用中のPCの基本構成は
 CPU:INTEL i7 950(4コア3.06GHz)
 MB:ASUS RAMPAGE III GENE
 OS:Linux VortexBox2.2 HDD:WD10EADS
 は同じでメーカは違いますがスペック的には同等な使用メモリと電源は
 メイン
 MEM:Corsair TR3X3G1600C8D 1Gx3
 POWER:Owltech SS-650KM
 バックアップ
 MEM:G.SKILL DDR3-1600 1Gx3
 Power 剛力2 500W

 といったところです。

比較項目挙げてみると
 1.PCとSDTransの基本的な違い?
 2.ルビ(FE-5680A)と水晶(NDK NZ2520SD)のクロック
 3.ルビ2逓倍とダイレクトDDSのスーバー(256fs)クロック
 4.簡易パワータップとチョークインプットパワータップ及びパワータップなし
 5.HDDの別電源+制振ブロックと通常のSW電源+通常ケース内蔵
 6.DDCのクロック違い(ルビ、水晶)
 7.DDCの有無(マザーからの直接出し、とUSBDDC経由のS/PDIF)

など考えてみるだけでも色々ありますね。比較方法も瞬時とは行かないので大変そう。
ファンやPCケースなどのメカがらみもあるのでポイントが絞りきれるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PCオーディオの要因分析(その1) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる