ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 禁断のツィータインピーダンス補正(その2)

<<   作成日時 : 2014/08/30 09:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 前回のツィータのインピーダンス補正の効果が大きかったのでネットワークスピーカでの効果も試してみました。

 使用したスピーカはSEAS EXCLEシリーズの W18EX001+T29CF-002です。ネットワークはTW側は約2kHzの3次のフィルターで、ツィータ単独のインピーダンスが緑、ネットワーク付き(入力ショート)が紫、更にインピーダンス補正を入れたのが青です。

 今回も同じフィルターを使ってfo付近のみをダンプした物ですが、その効果は以前と同じようで、高域が大人しくなりますが、スッキリとして切れがよく、全体の品位が上がるよな変化が感じられます。

 前のレポートのT-330Dは元々響きの良い美音系ツィータとして知られていましたので、ダンプされるとそれなりに変化が大きいのでその差が解り易かった思います。
 その点、T29CF-002は結構スッキリ系の音なのでどうかと思いましたが、やはり派手さが無くなり品位が上がる様なまた少し違った変化感じられるのが面白いです。ツィータのインピーダンス補正はやはりネットワークでも同じように効果的だと思いました。

 とはいえこの効果、劇薬の部類なのでどちらが良いかは各自の価値観によると思います。使用したフィルターは東栄の6mH(実測4.5mH)2Aのチョークコイル+22μFバイポーラ電解コン+5Ωの素子の直列をツィータ直にパラです。

 でここでちょっと気がついたのはこのグラフを見ていて思いついた点ですが、この話はまた次回に。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
禁断のツィータインピーダンス補正(その2) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる