ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ES9018復活

<<   作成日時 : 2014/03/22 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 P2D DACですが、一時外していたDAC−ICのES−9018を復活させました。

 5V単一電源用に、原理基板による8fsデジタルフィルターでDSDのアナログ化をしてきましたが、電源を戻したのを機会にES−9018も復活させました。
 DSDの場合には9018のデジタルフィルターを使います。音色的にはこちらの方が滑らかになるような。高低帯域とわせて、今まで原理基板にしていましたが、中域だけでもESを使ってみようかと。ま単独ならDSDソースの直接再生もできます。結局下記の組み合わせが再生できます。
PCM再生
SDTrans(PCM)−HDMI(I2S)  −P2D(スルー)  −ES9018(DAC)−ポストフィルタ
SDTrans(PCM)−RCA(PSDIF)−P2D(スルー)  −ES9018(DAC)−ポストフィルタ
SDTrans(PCM)−RCA(PSDIF)            −ES9018(DAC)−ポストフィルタ
DSD再生
SDTrans(PCM)−HDMI(I2S)  −P2D(DSD変換)−ES9018(フィルター)−ポストフィルタ
SDTrans(PCM)−RCA(SPDIF)−P2D(DSD変換)−ES9018(フィルター)−ポストフィルタ
SDTrans(DSD)−HDMI(I2S)  −P2D(スルー)  −ES9018(フィルター)−ポストフィルタ
SDTrans(PCM)−HDMI(I2S)  −P2D(DSD変換)−8fsデジフィル−ポストフィルタ
SDTrans(PCM)−RCA(SPDIF)−P2D(DSD変換)−8fsデジフィル−ポストフィルタ
SDTrans(DSD)−HDMI(I2S)  −P2D(スルー)  −8fsデジフィル−ポストフィルタ

 原理基板の方がダイレクトな生々しさが出るように思いますが、9018はちょっときれいすぎるかな。それでも滑らかさはこちらの方が有るので当面少し聞き比べてみます。

 ついでにようやく電源ON/OFF時のリレー保護回路も追加しました。これで安心?して使えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ES−9018は、CAPRICEで常に使用していますので、エレアトのDACとの比較視聴、大変参考になります。

エレアトのDACは安価故に、コスパの面でも素晴らしいですね。
aidio fun
2014/03/23 21:13
 DDC(P2D)はエレアトさんのですが、この9018DAC(S)は藤原さんのを使いました。まあこれも結構いいです。
ケン
2014/03/24 15:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ES9018復活 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる