ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 多穴フェライトコア

<<   作成日時 : 2014/03/14 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 現用のP2D DACですが、まだまだノイズ対策が足りないことが判明、ボチボチと追加工作をしています。

 電源は3系統ありますが、アナログへはデジタルからのノイズがのり、音質への影響が心配されます。トランスから電源系を別にしても、アースを通じたコモンコードのノイズを完全になくすことはできません。

 そこで電源に高周波フィルターを入れてみます。フィルターのビーズもファインメットやアモルファスなどが最近は有名ですが、とりあえず安価なフェライトを入れてみます。

 一般的にはフェライトビーズに線を通すだけでですが、フェライトにも色々タイプがあり、ノイズに合わせる必要があります。また形状もマルチタイプの多穴フェライトが有効です。6穴タイプだとこれひとつで2ターンあり、通常の貫通タイプよりこれだけで数倍の効果が見込めます。コストが安いのがありがたいですね。

 今回はこのタイプを各系統の正負両方に入れていきます。

 試聴してみるとやはり全体にすっきりとして歪成分の高域のきつさが減ってきているのがわかります。まだまだノイズ対策は必要ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多穴フェライトコア ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる