ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーツィータ追加

<<   作成日時 : 2014/03/29 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 ツィータのT−330Dが超高域ではあまり伸びていないようなので、リポンツィータで強化してみました。

 今回はスーパーツィータということで、ネットワークにしました。超高域なのであまり音質的に問題が少ないと思われるのと、4chマルチはちょっと大掛かりになるのでしていません。

 使用ツィータは手持ちのパイオニアRT−R5を使用、これなら160kHz?(ってホントか)のスーパーツィータとしてもスペック上は十分なはずです。
 内蔵ネットワークは使わずに外付けのを新機設計で付けました。設計値のクロスは14kHzで、LC2段の4次バターワースです。

 実測でも一応効果はあり、15kHzで4dBぐらいアップしています。が少し強すぎるくらいでまだ微調整が必要かもしれません。
 確かに私自身13kHz以上はほとんど聞こえないはずなのに付けると結構雰囲気は変わりますね。まあこの辺は以前から分っていたのですが、空気がより澄んでくるような感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
佐治晴夫博士が毎日新聞のコラムの中で、「森の中には木の葉や風による50〜100KHzの音があり、それを脳が感じとって爽快感をもたらしているということが実験で判明している」と言われていました。鼓膜の反応だけで考えてはいけないようです。
nakayama(岡崎)
2014/03/29 12:05
エンクロージャーの固定にスーパーツイーターをプラスしての視聴、常に色々な実験をされて良いセッティングを見つける姿勢、私も頑張らねば、って思います(^^)

私は15Khzが聴こえるか微妙な感じですが、20Khz以上を雰囲気で感じ取れるのは不思議だな、と感じています。
audio fun
2014/03/29 20:46
 nakayamaさん超高域の聞こえに付いては諸説あるようですが、14,5kHzだとスロープの下で可聴波との干渉もありますのでどちらなんでしょうかね。

 audio funさんの最近のシステムの充実ぶりを拝見するにつけ、私も励みにさせて頂いていますヨ。
 
ケン
2014/03/30 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパーツィータ追加 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる