ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 抵抗制御?スピーカ

<<   作成日時 : 2013/11/20 09:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 電流アンプ用に背面ダンプしてfo共振を潰した抵抗制御スピーカ製作の実験をしていましたが、最新はこんなものを作ってみました。

 ユニットはSeasのWooferでP11-RCY/Pというユニットが遊んでいましたので、それを改造。背面をフェルトなどの吸音材を詰めたり、猫砂のチップで塞いだりと色々試しましたが、どうも完全にはダンプできません。

 そこで、粘土の様な壁パテで背面の穴を潰してみました。最初は一部だけと思ったのですが、結局全部完全に塞がないとダンプできませんでした。まあそれでも完全にはフラットにはなっていませんが、1.5倍ぐらいの値には収まっています。

 この状態ではほとんど低音は出ませんし、Wooferなので勿論高域も出ないのですが、イコライズしてあげると結構面白い音が出ます。電流アンプ駆動スピーカ特有の切れの良い浸透力のある音がするんです。

 まだ中音の癖がかなり残っている様ですが、ラ技の音展で聞いたスピーカの同類の音色が聞こえますね。
これはこれとしてミッドドライバーとしては使ってみようかと思いますが、別のフルレンジも同様な改造してみてどうなるか試してみようかと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
抵抗制御?スピーカ ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる