ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS メインスピーカのポート調整

<<   作成日時 : 2013/10/12 08:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 コーナ配置にしてから40Hzあたりの低音が持ち上がり気味で、EQで抑えなければならないくらいです。そこで現在ちょうど40Hzぐらいになっているポート周波数を下げ、ピークを分散して低域のEQを軽くするとともに更に最低域を伸ばす様にしてみました。

 現在のポート長は17cmで共振周波数は約42Hzぐらいです。この分なら35Hz、もしくは30Hzあたりまで下げても良いかも知れません。
 背面のポートは簡単に交換可能になっているので延長も可能です。流石にこのくらいになるとポート長も長大になるのでストレートにはいかず、背面にL字継ぎ手を挟んで直角に延長しました。

 図はそれぞれ35,30Hzに延長した低域の周波数特性です。赤が従来のポートで緑が35Hz,紫が30Hz程度に調整したものです。(Lch、リスニングポイントで10回以上の平均値、OmniMIC使用)

 狙い通り40Hzのピークはだいぶ減りましたので補正も半分ぐらいで良さそうです。そしてちょうど低域も伸びて来て、従来は30Hzあたりでしたが25〜20Hzぐらいまでも再生帯域に入ってきました。

 しばらく使っていなかったツィータも大分音が出てくるようになって、本来の調子が出てきたようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メインスピーカのポート調整 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる