ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS OmniMIC 歪率データの検証

<<   作成日時 : 2013/05/20 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 OmniMICで色々歪率測定をしていますが、どうも低音の歪率が今までのイメージより少ない感じがして、少し検証してみることにしました。

 方法はWavePectraを使って個別のポイント周波数で高調波歪を測定し、Omniのデータと比較するやり方です。マイクはOmniをそのまま単品マイクとして使用した場合とECM54というエレクトレットコンンデンサを使用した場合の2種、後者のマイクアンプ、インターフェースはFF400です。

 サンプルスピーカはAlpair-10を使用、マイク位置はユニット直前5cmぐらいの位置で測定しました。(そのためポート共振の40Hzあたりでディップがあります。)

        2nd 3rd 4th 5th
31.5Hz  Omni -24 -33 -55 -45
 W S -25 -31 -54 -46 Omniマイク

60Hz  Omni -36 -52 -68 -61
W S -35 -56 -71 -56 Omniマイク
 W S -32 -54 -75 -52 ECM54マイク

 データはもう2点取っていますが、まあ概ね結果は同様で両者の測定の結果はほぼ合っていると考えられます。マイクが異なるとやはり誤差は増えていますが、これはマイクの口径が大きいための特性の乱れかもしれません。

 どちらも測り方の違いだけですから、確実な検証にはなっていませんが、異なる測定方法でそこそこの一致が見られればOmnMICのスィープ測定でも測定結果に大きな間違いはないと考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
OmniMIC 歪率データの検証 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる