ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS DCX2496改造版

<<   作成日時 : 2013/03/06 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

 デジタルチャンデバが完成したのでその音の検証をしてみました。

 今回のチャンデバはデジタルアウトに改造しましたので入出力とも完全デジタル対応になっています。そこでフィルターやディレイ、イコライザなどを完全にオフにして、特性的にスル―の特性を設定することができます。その状態でならチャンデバをDACとの間に挿入したり外したりして音が変わるかどうかが検証できるというわけです。

 チャンデバとDACに繋がるD2SD基板ととの間はHDMIコネクタによるLVDSレベルのI2Sフォーマットのダイレクト接続で、チャンデバとD2S基板にはどちらも光(TOS)と同軸がありますからそれぞれ差し替えて比較ができます。

 最初はTOSで比べたのですが、入れた方がちょっと低域ふくらみ音がぼけるような感じがしました。切り替えた途端に解るくらいの差です。やはり途中に色々なものが入ると変わるのかなと思い、折角のデジタルチャンデバですが、ちょっと残念でした。一応同軸やクロック周波数を変えたりしてみたのですが、同じ傾向です。

 そこで最後に同じルビジュウムですが、クロックを変えてみました。以前から同じFE−5680Aを使ってもクロックの音の差があるのに気が付いていたのですが、ひょっとしてと思い写真の中央、下グレーのアルミケースの物からその上に載っている黒い簡易ケース+ルビ単体(放熱器付き)型の物に換えみました。
 そうするとそれがビンゴで簡易ケースの方がすっきりとして、ダイレクトとほとんど変わりません。

 下のアルミケースのは一体で電源も結構ちゃんとしたもの(簡易ケースといえども下の大きな黒いケースが電源で回路も同じです)なのですが、この現象は他(UDA基板のクロック等)に付けた時と印象が同じでやはりクロックの音?のようですね。

 まあこれはこれでクラシックなどで聞くにはマッタリ系に聞こえてこれはこれで良かったのですが、面白いものです。ともかく改造デジタルチャンデバはかなりのレベルにあるということとクロックの音質?を把握できたのは収穫でした。



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ケンさん
お世話様になります。SP研究会の今井 明です。

DCX2496及びDEQ2496の購入を検討しています。DCX2496は、電源由来でSN比が悪い情報があります。これに関連して以下の2点について教えて下さい。

bP 
・DCX2496は、通常使用した時にノイズで使用に耐えない状況でしょうか。
・DCX2496の電源ノイズ対策で効率的な対策(簡単でローコスト)は、どの様なものですか。例えば、平滑コンデンサーの容量を増す等。
・電源電圧は、±12Vで良いのでしょうか。

bQ
現在アナログ式のイコライザーとチャンネルディバイダーを使用しています。これをデジタル式に変えた時の音の変化は、個人的で良いのですが如何なるものでしょうか。

 宜しくお願いいたします。

  今井 明
今井 明
2013/05/14 07:11
 今井さんこんにちは。

 DCXのノイズの件ですが、直接(SW)電源系のノイズが問題になることはありません。しかし、出力電圧が通常のオーディオレベルよりかなり高いので、そのままではハイゲイン過ぎてデジタル系で絞るとノイズが多くて使えません。
 必ずアナログ出力に-12〜20dBくらいのアッテネータを入れるか、メインアンプのVRで絞ってお使いください。

 この点さえ守れば素の状態で充分だと思います。(ちなみに内部電源は5系統あるのでちょっと複雑です。回路図あります。)

 音質的には現在使われているものが不明なので何とも言えませんが、グライコでは無いですが充分な機能のイコライザ―も内蔵しているのでDEQは特に不要だと思います。DCXはオールインワンで済むこともあって全体にスッキリするでしょう。クロスのカットやディレイ等も高機能ですから、本来のスピーカユニットの性能をフルに発揮させることができるようになると思います。

 その分機能が多く操作性は少し複雑ですがPCをお使いになればリモートソフトもフリーであり、使いやすくなります。(ただし、RS232C->USB変換ケーブルが必要)

不明な点があればまたお問い合わせください。
ケン
2013/05/14 08:03
追伸
 ちなみに入出力はバランスタイプしかないので、アンバラ(RCAピン)でお使いの場合には変換ケーブルか、変換アダプタをチャネル分ご用意ください。
ケン
2013/05/14 08:06
ケンさん
お世話様になります。

早速のご回答有難うございます。
大変に参考になりました。

これからも色々と教えて下さい。
有難うございます。
 今井 明
今井 明
2013/05/14 15:38
ケンさん

お世話様になります。
>しかし、出力電圧が通常のオーディオレベルよりかなり高い〜〜〜必ずアナログ出力に-12〜20dBくらいのアッテネータを入れる

⇒完全デジタル化時の注意事項なのでしょうか。DCX2496にアナログをインプットし、アナログ信号をアウトプットする際には、アッテネータは不要となるのでしょうか。

宜しくお願いいたします。

 今井 明
今井 明
2013/05/18 06:49
 DCXのアナログアウトを使う限り、デジタル入力でもアナログ入力でも出力のアッテネータは必要です。

 DCX内部(デジタル)で絞ってしまうとS/Nが取れずにホワイトノイズが聞こえてしまいます。
 出力のアナログで落して、DCXはなるべくフルビット振れる様な入力設定にしてください。
ケン
2013/05/18 07:38
ケンさん

 ご回答有難うございます。
 DCX2496を購入しようと思います。
 
 また、分からない事を教えて下さい。
 宜しくお願いいたします。
今井 明
2013/05/18 08:56
ケンさん
 お世話様になります。
アドバイスを受けて購入しDCX2496のセッティングが終了しました。当方は、アナログで使用します。購入品は、初期不良で交換してもらいました。
イコライザー付きですので、今まで使用していたグラフィックイコライザーを外しましたのでアンプ関係がスッキリしました。

また、最近のDCX2496は、改良されたのかノイズは特に問題なく、アッテネータは不要でした。


 
今井 明
2013/06/02 21:43
 初期不良は災難でしたね。イコライザーはパラメトリックやLF、HFが選べますのでSP補正には(好き好きですが)この方が使いやすいかと思います。

 ノイズの件は問題有りませんでしたか。それは良かった。プリセットも沢山できますので色々試してみてください。
ケン
2013/06/03 11:21
ケンさん
お世話様になります。
プリセットで低音と中音のクロス周波数を検討してました。好みの音としてクロス周波数は、300Hz±100Hz位になりそうです。

今井 明
今井 明
2013/06/18 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
DCX2496改造版 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる