ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS DCU-C171pp(その7)

<<   作成日時 : 2011/05/14 07:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 PARC鑑賞会でも好調だったDCU-C171ppですが、折角なのでダブルワイヤリング端子に変更してみました。まあ端子をもう一組付け足しただけですが。

 ケーブルのみのダブルワイヤリング接続も効果がありますが、やはりここはバイアンプ構成が効くと思います。マルチアンプとなるといきなり敷居が高いでしょうから、まずはバイアンプ(つまり低、高域スピーカにそれぞれを別アンプで駆動するもの)が良いと思います。これでもかなり音質改善が望めます。

 バイアンプの2台のアンプは同ゲインが基本ですが、ゲイン変更もアンプのボリュームで簡単に行えるのでネットワークとは違いある程度の音質調整も簡単にできます。まあそうなるとプリアンプも欲しくなりますが、自作アンプビルダーはアンプは沢山お持ちでしょうから、それらを生かしてあげるのも良いかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 自己フォローですが、今日自分でもバイアンプでじっくり聞き比べてみました。
 結果思った以上の差がありバイアンプでのしっかりとした鳴り方はシングルでの聞きやすさとは違って、ぐっとリアリティのある鳴り方になりました。輪郭がしっかりして、S/Nが良くなり全体がしまってきます。
 マルチアンプ駆動の良さはこの別アンプによるドライブも影響が大きいのではないかと思います。
ケン
2011/05/14 23:00
こんばんは!
結構昔から、2WAYスピーカーにはバイ接続端子のある物がありますが
そんなに効果がある物なんですネ?
victorのSX-500なんか、バイ接続端子が途中で無くなってしまったので、それなりなのかと思っていました。
ひでじ
2011/05/15 22:06
 バイ端子があっても普通はバイワイヤリングまでで、バイアンプを試している人は少ないと思います。バイワイヤでは効果はそれほどでもないのでSPのコストパーフォーマンスからセールスポイントにならなくなってしまっているのかも。
 最近はAVアンプなど沢山アンプが入っているのもありますし、自作SPなら改造も簡単ですから試してみるのも面白いですよ。
 
ケン
2011/05/16 08:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
DCU-C171pp(その7) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる