ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Audaxのダブルバスレフ(その3)

<<   作成日時 : 2011/05/13 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
 内部の1次ポート共振を測定してみました。外箱のふたを開けて内部のポート出口での測定です。

 こちらだとほぼ計算のような1次共振(160Hz)が見られました。少し周波数は高いですが、誤差の範囲でしょうか。

 でもこのポート共振が外部の2次ポートからの出力ではまるで見られません。少し共振点が離れすぎているという嫌いもありますが、良く解りません。それに現状だとこれ以上1次共振点を下げるのはポートの長さがつかえるのでちょっと難しそうです。

 この辺なぜ内部の1次共振が表に出ないでしょうかね。相対的なレベルが低いのかな。この1次共振が無いとダブルバスレフの意味がありません。それにこの程度の2次共振(65Hz)ぐらいだったら普通のバスレフでも出るし、バスレフでは途中のディップも出ないのでやはりダブルバスレフは難しそうです。

 別のシステムも調べてみたい所ですが、どなたかまな板の鯉になってくれる人はいませんかね。ただがっかりする結果がでるかもしれませんが。

 いっそのこと、これはバスレフに改造しなおして聞き比べてみましょうか。8cmの課題はどうするかちょっと良く考えて見ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ HIDEちゃんです。
ダブルバスレフの件ですが、5種類持っています。
8cm・10cm・13cm・20cmどうぞ調べて下さい。
連絡待っています。
HIDEちゃん
2011/05/19 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
Audaxのダブルバスレフ(その3) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる