ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS voyage MPD(その3)

<<   作成日時 : 2011/02/16 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 ようやく話題のvoyage MPDがクライアントとのネットワークで本格的に動かす事ができました(最新版0.7.0)。や〜道のりは結構長かったですが、最後はあっけなく動いたという感じでやはりLinuxに慣れるまでが勝負という感じでしょうか。

 それにしても色々と情報を公開していただいた方々には感謝しております。まあこの辺が無ければ私なぞはいつまでたっても行き着かないところでした。

 細かい所を解説できるところではないので端折りますが、あまりいじりすぎない方がよろしいようです。クライアントソフトには実施例が出ていたのでFirefoxベースのMinionを使用しました。まだ細かい音楽データの配置などは検討の余地がありますし、音質的にもチューンはまだほとんどしていません。

 余談ですが、ちょっと見つけた64bit voyge MPDも試してみたのですが、どうもこちらはインストールでエラーが出てしまい、残念ながら試せていません。
 ということで従来のUbuntu10.10英語版64bitとの音質比較もしてみました。構成はシステムディスクがHDDとSSDと違いますが、前回書いた様に他のハードは同じで現在の標準ラインナップを使用しています。(詳しくは機器詳細リンク参照)


 voyageは皆さん感激〜!!!というくらい音の評価はあちこちで出ていますが、確かに深みのあるゆったりとした音の表現は素晴らしいものです。有料ソフトのSamplitudeとはインターフェースが違うので直接比較はできませんが、従来のwindowsソフトとはやはりだいぶ違うと思います。
 ただし、MinionがBitPerfectかは解らないのですが、期待したubuntuからの差はというと思いのほか小さいというか、この辺はまだ好み範疇かもしれません。
 Ubuntuの方が重めでどっしりとした落ち着いた表現で、voyageは広がりのある明るい音でとでも言えましょうか。まあハードやチューンの追い込みでまだまだ変わる余地が有るので、やはりこの辺はハードを含めた全体のバランスが肝心かと思います。

 ただし、使い勝手に関してはこれはもうvoyageの方が圧倒的に便利で、タグを利用したiTune並みのインターフェースがGUIでできます。やはりこの辺がネット構築の難しさを考えても、苦労した分後々便利になってくると思います。クライアントソフトも何にするか悩むところですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
voyage MPD(その3) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる