ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS オーディオ用ハイスペックPC

<<   作成日時 : 2010/12/27 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
 最近PCによるデジタル再生に拘っていますが、今度は(まだ上はありますが)一応ハイエンドスペックともいえるPCをお借りすることができたので色々試してみました。

 CPU:Core i7 870 (2.8GHz)
 MB :P7H55D-M EVO
 MEM:DDR3-1600 2Gx2
 SSD:INTEL Extreme SATA 32G
 電源:オウルテック Xseries SS-650K
 OS:WIN7 64bit Ultimate
 
 と言うハード構成で、CPUは勿論i7を使い、SSDもSLCの最速版をOSにあて、音楽データは外部HDDをeSATAで接続します。電源も音の良い?と言われている機種で、高効率の高級品です。

 基本的なソフトはOSやプレーヤソフトの条件は同じ(細かい設定も同じにしています)、勿論両方ともリモートデスクトップ接続でノートPCからの操作になります。(Athlonは電源強化しています)

 でAthlonと比較すると結果何これ?と言うくらいに違います。前回でも随分音が静かになって声楽などもきつさが取れてきたのですが、更にそれを上回り目一杯音量を上げてもうるさくなくなって来ました。正にかぶりつきライブの感動が味わえます。オーケストラやオペラもこうバランスがよくかつストレートな音は中々実際にも聴けないので、それを一流の演奏で聴ける録音のありがたさがしみじみ感じられますね。

 これでパワータップ等の電源強化も基板の電源強化もしていないのですから、この先どうなるのでしょう。いや、やっぱり良いものを聞いてみなければ解らないものですナ。

 今後はどこコンポーネントが効いているのかの解析と、このレベルのへの更新は避けられそうにありません。

 これまでpentiumMノートからATOMのmini-ITX、AthlonIIX4 640 2.7GHz、Intel i7 870と聞いてきて、最近のはCPUパワーに比較して消費電力は増えないのかも知れませんが、ノイズが増加?してもCPUパワーの大きい方が音が良くなる面に効いているように感じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
メモリー、 音に 結構効きますよ!
ELPIDA の 銅配線 が 今のところのおすすめかと・・
PC_Audio
2010/12/27 13:30
某所での巡回のやり取りから楽しみにしておりましたところ、超速のレポートをありがとうございます。
ところで「Bulk転送」モードでもpentiumMノート<ATOMのmini-ITX<AthlonII235e2.7GHz<Intel i7の順なのでしょうか。
とっさん
2010/12/27 20:21
 PC_Audioさん、しばらく。ELPIDA純正はレアモノでいいお値段の様ですね。他のメーカにもチップで採用されていますか?

 USB-DUALは今Linux用に調査中でWINはまだ試していません。後日検討したいと思います。今回のレポートのオーディオインターフェースはTIチップIEEE1394+FF400です。
ケン
2010/12/28 08:11
はじめまして
私はatom+windows7 64bit+Ff400でやっているのですが、前々からcpuを良くしたらどうなるんだろうかと気になっていたので、非常に興味深く拝見させていただきました。
速いcpuいいんですね〜
来月には私もtrans192を入手出来る予定なのでそちらとの比較も気になるところです
ushi
2010/12/28 20:25
 ushiさんこんにちは。わたしも今までは低消費電力でノイズを減らしたほうがよいと思っていたのですが、どうも違うようです。ハイスペックの方がリアル感が増し、私の好みの音に近づいて来ています。
 SDtrans192はまたこれ違った感じで、こちらも電源強化で良いライバルになると思っています。
ケン
2010/12/29 08:19
銅配線は一工程余分にかかるらしい(伝聞)→高コスト
DDR3-1600位は アルミ配線で可能ということで、hyperシリーズはディスコンのようです。

Samplitude は マルチコアの2コア分割り当てるのも結構効きます。

ケンさんが書かれているように、電源にコストをかけるのが、一番コストパフォーマンスが良いように思います。

振り返って、殆んど進歩のなかった今年ですが、Drobo FS 導入は正解だったようです。
PC_Audio
2010/12/29 11:42
ケンさん
お久しぶりですIGです。SATORI、Sdtrans、ルビの件で大変お世話になりました。LINUXやり始められましたね。頑張って下さい。応援いたします。私もPCオディオを始めて12年目に成りますが、PCオディオで音を良くする秘訣は、とにかく早くて軽い事と振動対策と電源です。なので高性能なCPUとメモリ、軽いソフトと振動に強いケースに入れる事、電池による駆動です。以上でSdtrans以上の音は出ます。是非頑張って下さい。
ig
2011/01/05 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーディオ用ハイスペックPC ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる